マー姉ちゃん第8週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週(36話~40話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第7週では、週ストーリー7ストーリーでした。

マー姉ちゃんの第8週では、週ストーリー8ストーリーです。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月21日(月)~5月26日(金)放送

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第8週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『マー姉ちゃん』第8週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第8週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第8週『』一覧
放送回放送日
第43話「」5月21日(月)
第44話「」5月22日(火)
第45話「」5月23日(水)
第46話「」5月24日(木)
第47話「」5月25日(金)
第48話「」5月26日(土)

一方、マチ子は、漫画家・田河水泡先生(愛川欽也)への弟子入りの希望をいっそう強くする。

昭和六年一月から、少年倶楽部に連載された漫画「のらくろ」は、全国津津浦々に狂的なファンを作り、生みの親の田河先生は、まさに、当代、一流の大流行作家なのだ。

わずか十七歳の少女が、その田河先生に、弟子入りを願うことは、大それたことであり、とても勇気のいることだったが。

マリ子とマチ子は、予想通り、田河先生の玄関で門前払い。

「先生は内弟子をとらない」と、がんばる書生の大宗均(渡辺篤史)を相手にねばること数時間。

とうとう「あす、作品を持って来なさい」という先生のことばをもらうことができた。

ここまでが、5月21日~5月26日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第9週のあらすじを知りたい方は、第9週へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マー姉ちゃん8週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。