おかえりモネ第22週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」第22週(106話~110話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月11日(月)~10月15日(金)放送
第22週サブタイトル『』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第22週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おかえりモネ』第22週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第22週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第22週『』一覧
放送回放送日
第106話「」10月11日(月)
第107話「」10月12日(火)
第108話「」10月13日(水)
第109話「」10月14日(木)
第110話「」10月15日(金)

秋が深まり、冬が訪れようとしています。

“中古でもいいから自分の船を持ちたい…”

高校を卒業してすぐに漁師になった百音の幼なじみ、亮は自分の船を持とうと考えていた。

腕のいい漁師だった父・新次の背中を見て育った亮は、漁師になってからすでに5年半が経っていた。

亮は、自分の船を持つことで一人前の漁師になろうとしていた。

 

百聞は一見にしかず」とはよく言ったものだ。

“おい、それ聞いたぞ! 俺が相談してやるよ!」。

銀行で融資を担当していた耕治は、資金調達の方法についてアドバイスをしてくれた。

亮が気にしているのは、新次のことだ。

東日本大震災で妻の美波と船を失って以来、新次はずっと落ち込んでいた。

亮と新次は仮設住宅で一緒に暮らしているが、ほとんど口をきかないという。

二人はほとんど口をきかず、亮も自分がそのように悩んでいることを明かすことはない。

しかし、百音と妹の未知は、亮の孤独を心配していた。

 

“もうすぐ海が荒れてくるよ!”と。

天気図を見ていた百音は、三陸沖の海が荒れることを予測していた。

百音は、気仙沼中央漁協の太田滋郎組合長に連絡を取った。

気仙沼中央漁協の太田滋郎組合長に連絡を取り、「漁船にすぐに港に戻るように言ってください。港に戻ってくるように言ってくれ!」。

ももんが必死に危険が迫っていることを訴えたのだ。

百音は、必死になって港に戻ってくるように訴えた。経験と勘を重んじる昔ながらの漁師である太田は、そんな彼女を怪訝そうに見ていた。

 

一方、海では…。

“これはまずい…”

海に出ていた亮が困っていた。

亮のボートが海で立ち往生してしまったのだ。

なんとか出口を見つけようと奮闘する亮だが、海はどんどん荒れていく・・・。

 

 

 

ここまでが、10月11日~10月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第22週のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第23週のあらすじを知りたい方は、第23週『』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第22週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第22週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

今日の朝ドラ「おかえりモネ」は、ドラマの中で災害の描写があるという予告から始まりましたが、これは初めてのことですか?今、停滞している前線の影響で土砂災害が起きている地域もあるので、何気ない注意喚起だと思いますが、朝ドラ「おかえりモネ」はリアルタイムでリンクしていることが多いですよね。予報ではなく、予測なんですよね~。苦しいのは私じゃなくて、菅波さんの過去を聞いたモネさんなんです。

苦しいのは私ではない」と言いました。

いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや 一番苦しいのは患者さんでも、あなたも苦しいのですから、モネちゃんも気楽にいきましょうよ。小学生レベルの恋愛をしている二人がいつになったら結ばれるのか、あと1年くらいはかかりそうですが…。高村さんが皮肉を込めて「焼けましたね」と言うと、浅岡さんが飛びついてくる。

飛んでませんよ」というのは、「パンツを履いてますよ」と言っているのと同じです。結局、浅岡さんは気象予報士を辞めてしまったが、会社に残ってスポーツ気象学をやっている。会社勤めをしているとなかなかわがままは言えませんが、フリーにならないのであれば、会社に残ってほしいというのが社長の願いなのでしょうか。モネは合格率5%の気象予報士試験を受けることを告白する。

さやかの体の柔らかさに驚いたが、気象予報士の合格率5%はさすがに国家資格である。

そういえば、同じく気象予報士の資格を持つ石原良純さんも、何度も試験に落ちたと言っていたことがありました。

今はドラゴン桜が出ているので、試験には気合が入っています。田中さんは今も盗撮をしています。

倒れてどうなったのかと心配していましたが、お元気そうで何よりです。

彼の強引さが健在なのが嬉しいですね。そんな時、田中さんに誘われて、テーブルと椅子を注文しにお店に行った。

彼女とモネを結びつけるのかと思ったら、結局、両親の馴れ初めを話してくれた。

盗撮は許せても、そこまでするかな?知らなくていいこともあると思うし、両親の馴れ初めの話は、子供が聞きたくない話のトップ3に入ると思うんです。

私はそれが良いアイデアだとは思いませんが。それと、その筋金入りのミュージシャン風の顔は何ですか?私にはよくわかりませんが、いいアイデアだと思います。私はそれを作るために何をすべきかわからないが、私はそれが良いアイデアだと確信している。

また、どのくらい前のことを振り返るのですか?昨日ならまだしも、今週の頭ですか?先週ですか?振り返るにしては多いですねー。奈津はちょっと押しが強いかなと思っていたのですが、予想通りの展開になりましたね。

やっぱり奈津さんの「間」は、事後報告のサインだったんですね。もう回想シーンはいらないから、早く他の住人のことを教えてくれよ!」と。

宇田川さんといえば、朝ドラ「花子とアン」の宇田川光代先生でしょう!?確かに今、ドラマが再放送されているので、リアルタイムで起こっているような気がしますが、もし彼女が文章を書いたりしていたら、まさに宇田川さんそのものです。そして、もし彼女が迷惑なライターだったら、光代さんにそっくりだ! そもそも、隠す必要があったのかな?というか、最初は住民を探していたのでは?一人くらいいてもおかしくないですよね。

でも、見ず知らずの娘さん2人のお世話をしているのに、口外しないのもどうかと思うし…。モネは土産物港に着いた。

お土産を買おうと思って酒屋に行ったら、りょうちんとばったり会った。

酒屋に行って、りょうちんにばったり会ったのは、そういうことなんだろう。ということを言いたかったのだろうが、手に牡蠣を持っている以上、その酒を全部持って帰るわけにはいかないだろう。父親の断酒とお土産を結びつけるのは、ちょっと強引だと思いますよ いずれにしても、涼ちんは大変だっただろう。

わざわざ酒屋に頭を下げて、水を詰めて渡してくれと頼んだのだから。

りょーちんのシーンは、なんとアバンで3分を超えました。朝ドラの「お蝶庵」で2分は見たことがありますが、まさか3分を超えるとは!?あまりにもゆっくりと時間が流れていたのですが、若い人たちの物語が年配の方に受けが悪く、挫折してしまったと聞きました…。母も最初は頑張っていましたが、もう見ていないと言っていました。わざわざ私の隣に座っているのに、どうして話しかけてくれないの?わざわざ隣に座っているのに、どうしてそんなによそよそしいの?とドキッとしました。

サメのバスに乗った時にチラッと見えたぬいぐるみ。

サメのぬいぐるみを持っている!?サメのぬいぐるみを持っているんだ!」と思いました。

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第22週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。