おかえりモネ第22週のネタバレあらすじ!嵐の気仙沼

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」第22週(106話~110話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おかえりモネの第21週「胸に秘めた思い」では、龍己が壊れたカキ棚を元に戻さずに、永浦水産をたたもうとするが、亜哉子が今まで通りカキ棚の仕事をしたいと訴えるストーリーでした。

おかえりモネの第22週「嵐の気仙沼」では、百音が亮が漁から帰ってくるときに、海が大しけになると予測し、野坂や内田と連携して打開策を探るストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月11日(月)~10月15日(金)放送
第22週サブタイトル『嵐の気仙沼』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第22週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おかえりモネ』第22週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第22週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第22週『嵐の気仙沼』一覧
放送回放送日
第106話「耕治に相談」10月11日(月)
第107話「農家の女性」10月12日(火)
第108話「話しをしたい」10月13日(水)
第109話「大しけ」10月14日(木)
第110話「自分の気持ち」10月15日(金)

ある日のこと。
新次と及川亮(永瀬廉)が永浦家にやって来た。
ふたりは、七回忌を迎えた雅代に線香をあげにきてくれたのだ。
線香をあげ終わると、亮は、耕治にある相談をする。
それは、以前百音たちに話をしていた船の購入についてだ。
銀行員である耕治に船の購入の資金繰りについて相談すると、耕治は融資を受けるには、もう少し頭金があったほうがいいと助言する。
その頃、居間で皆と話をしている及川新次(浅野忠信)
永浦亜哉子(鈴木京香)から亮が考えていることを話そうとするが、新次は、全部わかっているが、息子とは考え方が違うと答えた。
翌日、漁業組合を訪れた永浦百音(清原果耶)は、気仙沼中央漁協の組合長・滋郎のもとを訪ねた。
百音は、海の詳細情報を提供してもらえれば、海上気象の解析や漁に役立つ情報を提供できると提案しにきたのだが、全く相手にされなかった。

それから数日後のこと。
ある農家の女性が、雨が降らないと百音に相談にやってきたのだが、原因はわかっても対処する方法がなく、女性は肩を落として帰っていった。
うまくいかない状況に百音は、菅波光太朗(坂口健太郎)からの電話もとれないほど落ち込んでいた。

今抱えている問題の前に無力だということをメールで送ると、菅波からは「自分で選んだんでしょ、東京に戻りますか?」と返事が来た。
すると、百音は「私はここにいます」と返事をした。
2020年元旦。
永浦未知(蒔田彩珠)は、亮を呼び出し、漁から帰ってきたら話しがしたいと伝える。
一方、百音はいつものように天気図を確認していた。
すると、亮が漁から戻ってくる日の気仙沼市周辺は、風速15m以上の風が吹くことが分かった。
百音はすぐに、気仙沼中央漁協の組合長・滋郎に電話をかけるがかけあってもらえずに、漁業組合に出向き、面と向かって危険性を訴えた。
すると滋郎からしぶといねと言われ、無線を入れてくれることを約束してくれた。

夜になると百音が予想した通り、気仙沼市周辺で強い風が吹き、海は大しけとなった。
無線を入れていたおかげで、船は次々と港に戻ってきたが、亮が乗っている船だけ低気圧にはまり動けなくなる。

朝になってようやく戻ってきた亮たち。

亮を迎えに行った未知は、百音がいる施設へ亮を連れていく。

亮は、自分が未知に甘えていたことを謝罪し、もう大丈夫だからと声をかける。
すると、未知は大丈夫だと言われるたびに自分じゃだめなんだと傷ついてきたことを口にし、その場を去ろうとする。
すかさず百音が間に入り、ずっと近くで支えてくれた人がいるのに、突き放さないでほしいと訴える。
その言葉に、亮は自分のために苦労させたくないと口にすると、未知は「一緒にいたいってだけじゃだめなの?」と手を握った。
そして、亮は「自分が幸せになってもいいのかな?」とつぶやくのだった。

ここまでが、10月11日~10月15日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第22週のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第23週のあらすじを知りたい方は、第23週『』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第22週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第22週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

コージー暴走

塾を始めることになった永浦家。
組手什塗り塗りっとすべてを娘たちにやらせるコージー。
コージーは思いつくだけで全く役に立たないことが判明しましたw
まじ、親父のあるあるですよね~

まずはりょーちんから

相変わらず、りょーちんにこだわるみーちゃん。
その恋が実る確率結構低そうだなってりょーちんが出るたびに思ってしまう。
噂をすればのりょーちん来たけど、やっぱりみーちゃんには本音も言わないし、大丈夫の一言だけ。
本当に見ていてつらい、、、

サンドイッチマン!

キャストに見覚えのある名前があると思っていたらやっぱり登場しましたサンドイッチマン!!!
役が自然すぎて本当に漁師に見えましたよねw
漁師Aと漁師Bってせめて名前つけてあげて~
りょーちんのためにマグロ獲りに行くかって話しをしていましたけど、モネ本当に盗み聞き多いですよねw

 

売り込み

何しに漁業組合のところ来たかというと、売り込みです!!!
百音はめげずに今日も売り込みday。
気象予報を漁業に活かしたいということですが、まさに確信を着いた一言でましたね~
「あのね、悪くなる予測ばかりされても困るのよ」
まさにこれですよね。
アプローチが逆なんですよ。
基本、プラスになる提案じゃないと人は受け入れないので、気象予報で回避だけでなく、よく獲れるとかプラスになる提案しないとなかなか難しいんじゃないですかね。
昔会社でリスクマネジメントの講習いったことがあるけど、海外だとテロも含めて企業が対策考えてたり、お金のかかることばかり。
予算抑えるのもなかなか難しいのに、百音一人でどう乗り切るか。

DJミツオ

今日久しぶりの登場のDJミツオ!
ノリノリでラジオでてましたね~
しかし、そのあと空気が一変します。
モネが提案したケアラシツアーも市役所からNGもらってまったくうまくいかない。
その理由をDJミツオが確信をつく発言しましたが、まったくその通り。
地元の人から信頼を得るなんてそう簡単なことではないですからね。
みーちゃんと亮ちんとのこともあるし、最後の最後は管波先生の電話も拒否るほど、沈む百音。
明日もまた暗い雰囲気の中、始まるのかと思うと、ちょっと憂鬱です、、、

菅波先生スタート

今日も昨日の最後から。
菅波センセからの電話をスルーするモネさん。
ちょっと電話でなくてハラハラしてたんだけど、またハラハラさせられるとはw
菅波センセっていっつも職場から電話しますよね。
それだけ時間がないということなんでしょうが、何かを察したのかな?
どうやらこの日はクリスマスだったらしく、せっかく電話くれたんだから出なさいよ!と心の中で怒鳴っちゃいましたw
というのも、メンタルやられているのは分かるけど、それを癒してくれるのがお相手さんでしょ?
そんな時に電話出る気になれない相手と結婚するの無理じゃないのかな?
はじまって30秒で辛気くさいなり、朝ドラ「マー姉ちゃん」を見ていたテンションが一気に下がりましたw

モネ、重すぎる

そのあとLINEで連絡取り合っていましたが、長文すぎてすでに重い、、、
LINEで長文を送るのは菅波センセの専売特許で笑うためのやつでしょ~
何のつもりで漁協まで行ったのかよく分からないまま、本当にノープランだったみたいですね。
菅波センセも相変わらずのキツイ返しだし、二人の関係って恋人って感じじゃないですよね。
このままいくと、最終的にはくっつかない気がしてならない。
それでもそこは大人の菅波センセ。
正しいけど、言い方が冷たいけど、ちゃんと導いてくれる優しさでどうにかゴールインしてもらいたいものです。

信頼関係

分かってはいたけど、モネが予想したような状況になりましたね。
滋郎さんもなんだかんだであんたの言う通りになったって、モネの予報は当たる!という認識を持ち始めた模様。
こうやって実績を積み重ねていって、少しずつ信頼関係を築いていくのが、ベストなんですが、そこの切り替えが極端すぎるのが、ちょっとしっくりこないんですね。
モネが強く粘って、無線入れてみっか~って時も100%壁作ってたのに、いきなり軟化して周りの人間もそうだな~みたいな。
信頼するまでの時間をもう少し置いてから最後は信じてみようとかになれば、ぐっと入ってくるんですが、電話拒否→現場で訴える→無線入れっかーって早くないですか?
もちろん時間が迫っているのは分かるけど、モネの場合100か0で決まってしまうので、どうも現実的ではないと感じてしまう。

待つ女

いつも待つ女のみーちゃん。
今日も喫茶店で待っていましたが、その想い報われるのかが今一番の注目ポイント。
「あと1時間ぐらいなんでもない」っていつもそのぐらい待っているようなもんだよね。
というかみーちゃんのフラグっぽいのが死亡フラグでないかドキドキものでした。
心の中で、もうフラグビンビンやん!って叫んでいましたもんw
モネの頑張りでこのフラグがへし折られるのか、それとも朝男が朝ドラ梯子してりょーちんの船に乗り込んで、助け舟となるかw
朝ドラ「マー姉ちゃん」を見ていない人には分からないコメントですが、朝男はすごい男なんですw

西に抜けた!

電話のお相手はジロウさん!
大方の予想通りではありましたが、西に抜けたということで、りょーちんの死亡フラグもへし折られましたw
昨日は、みーちゃんが死亡フラグをビンビン立てるもんだからSNS上でもまさかのまさか?とざわついていましたが、無事助かってよかったです!
ただなんだろうね?
助かってもあまり感動するものがないんだよね、、、

うまくいくよね

無事だと知って会いに行くみーちゃん。
悠人が「うまくいくよね、あの二人」って言って、百音が「うん」って何の根拠があって言ってる!?
それおそらく願望というやつですよ。
個人的には全然そんな風に思えないし、仮にそうなったとしたら、これまでのことがあって最後それ!?って思っちゃう天邪鬼w
そーでしょーーーーー、おかしくないですか?
みーちゃんこの前りょーちんもそれなりに想ってくれていると思うとかいってたけど、私にはそんな気配0だったんですけど、、、
それをここにきて、二人が結ばれるってあり得ないと思うんですよ。
むしろ東京行って別々の道歩むほうがストーリー的にはしっくりきます。
そう思いながらドキドキ結果を見ていましたw
そして、そのドキドキが止まらない中、りょーちんから別れを切り出す!
そっちの流れね~って思っていましたが、それでよかったんだと思います。
これまでいい顔ばっかしているりょーちんにはその振り方が合っていると納得。
が、しかしですよ!
なぜそこにモネが割り込んでくる!?
そして、なぜ丸く納まる感じになる?
今日のあらすじはちょっと納得できないな~~~

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第22週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。