カムカムエヴリバディ第51話のネタバレあらすじ!ダブルデート

こちらでは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」11週目第51話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

カムカムエヴリバディの第50話「コンテスト」では、関西一のジャズトランぺッターを決めるコンテストが開かれるというニュースが飛び込んでくるストーリーでした。

カムカムエヴリバディの第51話「ダブルデート」では、トミーがベリーのためにダブルデートを計画するストーリーです。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』
2022年1月15日(土)放送
第11週サブタイトル『1962−1963』

カムカムエヴリバディの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を見逃した方は、「U-NEXT(カムカムエヴリバディ)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第51話のネタバレあらすじ

ここからは、1月15日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第51話のあらすじをまとめたネタバレです。

ベリーにジョーとデートをさせてやろうと言いだしたトミー(早乙女太一)はクリーニング店へ向かう。
店番をしているるいに、ベリーにドライブに行きたいと言い寄られ、困っているから一緒に来てほしいと嘘をついて誘うが、仕事中だからと断る。
しかし、それを聞いていた竹村和子(濱田マリ)が行くよう勧め、結局車で海にドライブにいくことになった。
車には、ジョーとベリー(市川実日子)、トミー、るいの4人。
海につくと、大月錠一郎(オダギリジョー)が車酔いでベリーが介抱する。
トミーは雉真るい(深津絵里)を連れて、浜辺へ向かった。
トミーはトランペットのコンテストがあるがジョーが出場しないことを話す。
そして、戦争孤児だったジョーは、トランペットだけが命で、大事なトランペットで優劣をつけたくないと出場しない理由を口にする。
トミーは車に戻るとベリーを車に押し込みその場から去ってしまった。
取り残されたジョーは浜辺のるいのもとへ向かう。
二人で海を眺めていると、ジョーがお母さんの顔が浮かんだか?と尋ねた。
すると、るいは、逆にルイアームストロングの吹くトランペットが聞こえるか?と尋ね返す。
質問を返されたジョーは、いつかアメリカの空の下で、トランペットを吹きたいと答える。
その頃、また浜辺に戻ってきたベリーとトミー。
トミーは二人は惹かれあっているから諦めろという。
ベリーは悔しい顔をするが、ジョーが世界に認められるトランペッターになったら、自分の勝ちだと涙を浮かべる。
ドライブも終わり、店まで送り届けてくれたジョー。
別れ際に、コンテストに出ることをるいに告げる。
そして、もし優勝したら、一緒に東京に来てくれないかと告白したのだ。

 

ここまでが、1月15日に放送された朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第51話のあらすじのネタバレです。

カムカムエヴリバディ第52話のあらすじを知りたい方は、第52話『錠一郎からの告白』へ読み進めてください。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第51話の予告感想

喧嘩終わり!?

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」50話の予告では、錠一郎が東京の音楽プロダクションが主催する関西一のジャズトランぺッターを決めるコンテストに参加しないと知ったトミーが大激怒するお話でしたが、すでに喧嘩終わってるパターンのやつ!?
いや、早すぎでしょ!
せめて今週いっぱいまで伸ばしてもいいくらいの案件ですが、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のスピードの速さは尋常じゃなかったのを思い出すw
まぁ、錠一郎が参加しない理由を聞いて納得した形で終わったのかもしれませんね。
そうじゃないとデートなんて仲良くできるかって話ですw

ダブルデート!

そして、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」51話のメインイベント「ダブルデート」
あのるいがトミーの誘いでデートにいくなんて考えられないのですが、どうやら、ダブルデート決行される予感!?
しかし、実はそのトミーには隠した狙いがあってって、何のことかと考えたのですが、今日の放送で分かっちゃったかも!
今日の放送ではるいが雉真繊維のお嬢様だということを見破ったトミー。
まさかのパトロンにさせようって魂胆じゃないでしょうねw

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第51話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第51話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ダブルデート!

いきなりのダブルデートからスタート!!
急に違うドラマが始まったかのような朝ドラにはあまり似合わない海岸沿いを走るピンクのオープンカー。
錠一郎がるいに海見えるよーっていってましたけど、とっくに海ですから!!!!
ずっと海岸沿い走っていたのに今頃海見えるって相当天然ですよね錠一郎さん。
あと、このコロナ化での珍しい外でのロケは、案外貴重なシーンかもしれないと思いながら見ていましたw

寸劇!

そして、なぜダブルデートからスタートしたのかを説明してくれたのが竹村夫妻!!
いつものように夫婦漫才が始まりましたが、トミーの焦りようがはっきり浮かびましたよw
そりゃるい誘っておばさんきたら、さすがのトミーでも困りますわ~
バラエティーとかの再現ドラマはこの二人で完全笑いが取れるぐらいの完成度の高さにも脱帽ですw
最後のジミーにたいしてトミーなの件も王道中の王道で、自然に笑えました。

 

以上が、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第11週目第51話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、カムカムエヴリバディ第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

カムカムエヴリバディ第11週目のネタバレあらすじ

51話放送のカムカムエヴリバディ第11週「1962−1963」のあらすじは、トミーたちとダブルデートをした帰りに錠一郎から思いを伝えられるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、カムカムエヴリバディの第11週「1962−1963」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。