芋たこなんきん第119話のネタバレあらすじ!退職金

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」21週目第119話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第118話「一緒に住もう」では、信夫が和代に一緒に住もうと提案するが、断られるストーリーでした。

芋たこなんきんの第119話「退職金」では、一郎が事業の資金繰りがうまくいかずに、駒蔵に退職金を借りにくるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年2月22日(木)放送
第20週サブタイトル『子離れ、親離れ』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第119話のネタバレあらすじ

ここからは、2月22日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第119話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん119話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

駒蔵の息子・一郎(樋口浩二)もついてくるが、駒蔵は居留守を使ってしまう。

しかし、やがて徳永家で父子は鉢合わせする。

一郎は事業で資金繰りが悪化し、退職金を借りるために駒造のもとを訪れたのだ。

ここまでが、2月22日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第119話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第120話のあらすじを知りたい方は、第120話『駒蔵をモデル』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第119話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第119話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

捨てられた名品

一平ちゃんは、私は女を捨てないって言うんです。

振られ専門です!って言ってたけど、それもどうかと思う。

むしろ、「顔がいいから付き合ったけど、中身が悪くてついていけなかったからサヨナラした」って感じじゃないですか?

振られのスペシャリストと言うからには、過去に何人の女性に振られたか自覚しているということでしょう。

そんな急な展開が!?

ナイスな仙吉ですが、なんということでしょう!!!。

粋な計らいかもしれないが、あまりに唐突だ。~~~~~

相手が待っているのに、まるで社長令嬢のように振る舞って、箱を開けたら玉手箱でビックリ。

何度も言いますが、この朝ドラ『カムカムエブリバディ』はヒロインが3人います。

一人のヒロインに割かれる時間は、いつもの1/3です。

それでも、突然の展開に朝早くからドキドキしてしまいました。

それにしても、こういうのって、YOUは何しに来たんだろう?

みのるの奥さんを愛しすぎて、みのるまで苦労しそうです。

あ、会長の娘という立場はどうなんでしょう?

いや、いいんです。

お互いが好きになって結婚するのが一番いいんだけど、坂田さんは家族のために会ったこともない人と結婚する覚悟があったんでしょう。

その娘さんのことを思うと、100%祝福できない自分がいます…

三生の叛乱

三人の息子が百音の家にやってきて、和尚の断り方に文句を言った!!!(笑)。

私は井の中の蛙だった。

外界に目を奪われすぎた三成は、ついに世間を知ることになった。

千年の歴史は確かに重いが、あの家に生まれたことは一つの運命である。

わかるか?わかるよ、ね?

わかるけど、金髪とピアスはやりすぎだよ!?

大学デビューの気持ちもわかるけど、音楽で行くような世の中の厳しさを大人になってから教えてあげたいんです。

Fコードで失敗してたらダメだよ!

あと、朝ドラ「スカーレット」で西川さんが「自由は不自由だ!」とおっしゃっていました。

小豆が燃える!」みたいなのを思い出しました。

朝、ついに優が康子にプロポーズ!

腕をつかまれた時の靖子の顔。

予想外のプロポーズに、ちょっと無表情。

それよりも、あずきが焦げるのが心配でしたね~。

おまじないをしている最中にプロポーズされましたが、結構長く続いていましたね。

きっとあずきが焦げてしまって、「ごめんね、弁償するから」と言われて、「いやいや、いいんだよ」と会話が終わってしまったのでしょう。

そして、城一郎はあの頃の少年のままみたいですね!?

歌手でもないオジサンが突然ステージに上がって歌い出したあの時のことですね?

岡山にいると言っていたから、あの時の子供で間違いない!

靖子の時代の最後に登場した少年ですが、何のためにいるのかと思ったら、瑠衣の時代の話につなげるための重要な役割だったんですね。

しかも、将来の婿候補となると、とても重要な人物であることがわかり、脇役だと思っていたので、失礼しましたw

抜擢!

練習をお願いしたら、「やらない」と言われました。

そして、「千代です!」と主役を降板することを発表した。

先週、万太郎が亡くなり、いよいよ世代交代の時期がやってきた。

主役に抜擢された千代は、不器用な棒読みで昔のように戻ってしまった。

しまいには、岡っ引きで食事をしている千之助を捕まえて、「どたぬき」とはどういう意味か?と聞いた。

書き手はその場の流れで書くことが多いと思うので、ああいう質問の意味はなかなかピンときません。

あと、お酒を飲んだ後の「ごーごー」って…エド・はるみさんですか?

千代はそろそろ引き際だと思い、チビチビと寂しそうに飲むのですが、辛いものに絡んで台無しにします。

これが朝ドラ「おちょこやん」だ! と言わんばかりのオープニングでしたw

恩人

しずは恩人である円城のことを語る。

20年前は恋をしていたと言うのだから、好きだったのだろう。

ということは、今の彼は愛情の対象ではなく、20年後の自分は彼のおかげで今の自分があるということなのだろうか。

今残っているのが、「大切な恩人だ!

思いやりだ!

一平と千代は、冒頭でこの事件を報告した。

子どものことでもメンバーは驚いていたが、そこは千代。

もう決めたことだから、気にしない! っていうか、いやいや、気にしてるんですよ!

表立って言葉には出さないが、その内容からして気になるに違いない。

二人が並んで「別れる」と言いながらスタートするところは、本当にエグかったです。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第21週目第119話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。