芋たこなんきん第150話のネタバレあらすじ!健次郎死す

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」26週目第150話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第149話「誕生パーティー」では、自宅で外泊許可をもらった健次郎の誕生パーティーを行うストーリーでした。

芋たこなんきんの第150話「健次郎死す」では、健次郎が家族に看取られ、息を引き取るストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月30日(金)放送
第25週サブタイトル『ほな、また!』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第150話のネタバレあらすじ

ここからは、3月30日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第150話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん150話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

半年間の入院生活の末、健次郎はついに危篤状態に陥る。

その頃、亜紀(寺田有希)は子供を出産していた。

健次郎は家族に抱かれながら息を引き取る。

ここまでが、3月30日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第150話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第151話のあらすじを知りたい方は、第151話『町子の弔辞』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第150話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第150話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ヤクザ

今日はヤクザが登場しましたね。

このヤクザは誰でしょう?って顔してましたw

でも、おじいちゃん、正装するとハードボイルドみたいでカッコイイけど、ヤクザ感が半端ないですねー。

それに、あんなに優しい口調で挨拶するなんて、ヤクザの常套手段じゃないですか。

菅波先生がファイティングポーズを警戒するのもよくわかりますw

ロックオン

今日は万太郎も大山社長に連れられて来たのですが、演奏が終わってから何かフラグが立ちましたね。

まさか万太郎が千代に目をつけるとは。!!!!

望みは薄いですが、今後、彼を会社から引き抜くという話は出てこないのでしょうか。

千代が仲間を裏切るとは思えませんが、何か条件と引き換えならあり得ますね。

もしくは、ちんのすけ以外を引き抜く可能性もありますが、このシーンはちょっとドキドキしました。

風へのフェティッシュ

今日は桃音にとって初めての本格的な仕事日。

まずは自己紹介から始まりましたね。

内田さんは例によってオタクキャラというか、風フェチというポジションです。

フェチという言葉をつけるだけで、なぜかエロくなるんですよね。

紙飛行機を大量に飛ばしたら、相当な数が飛びっぱなしで管理人に怒られたって話でしょう?

飛ばしたのならちゃんと回収しないとw

陰陽道

能楽は陰陽道と深い関わりがあることが判明!

さやかちゃんが陰陽師だったとは。

能では、舞うということは、陰陽を合わせるということです。”

百音は、そんな話を天気と結びつける。

低気圧と高気圧も陰陽、どんだけお天気脳なんだ。

また、すべてが整ったときに雨が降るというのは、そういうことなんですね。

それこそ、雨が降って地面が固まるってことでしょ!?

一平ちゃん……どこにいるんだ?

千代はなんとか立ち直ったけど、大山社長にダメ出しされた一平はどこにいるんだ?

彼なりに悩みはあったが、やはり父親の存在は大きすぎる。

違う形で父親を超えようと頑張るが、大山社長はそれを見抜き、「まず敵を知れ」と言う。

敵ではなかったかもしれないが、一平は将来的に自分を超えなければならないという思いもあったのだろう。

乗らねえぞ!

良心が再び「一緒に船に乗ろう」と言ったのですが、真司は「乗らない!」と断固として譲りませんでした。

そう、シンジにはシンジの考えがあったようです。

たしかに昔に戻ることがすべてではないし、シンジが漁師になるために必要不可欠なものがなければ、それは自然なことなのでしょう。

息子としては、立ち直ってほしいから一緒に船に乗ってほしいのでしょうが、彼からすれば自分の考えがあるわけで、それを尊重してほしいのです。

シンジがイチゴを作ることも悪いことではないと思うんです。

千代は、小暮から「返事をさせてほしい」と頼まれた。

彼女の第一声は「我慢してください」だった。

その一言がまた、すべての流れを決定づけた。

我慢」「ごめんなさい」「…でも…」という言葉がすべてダメだったことにつながるのですが、この言葉を発した瞬間に彼女は本当に終わったと思ったのでしょう。

それは後から自分で言ったことだけど、千代はそっちは選ばなかっただろう。

というか、彼女が選んだら、このドラマは幸せな家庭でめでたしめでたしで終わるはずですw

わかってらっしゃる!

「女優になりたい」と言うヒナタに、ルイはバカにして相手にしないのに対し、ジョーは狂ったように応援する。

この構図はいつもと同じですね。

ジョーは相手の気持ちをよく理解し、状況を把握しているんです。

ヒナタが我が家の家計を考えて応募した、というのはその通りなんだけど、そこまで分かっているなら仕事しろ!って感じ。

そこがジョーさんの嫌なところです。

野球を見ながら作曲しているシーンがありましたが、あれで終わりなのでしょうか?

今後、ジョーさんが音楽で何かやるという話はないのか、それとも完全にアウトなのか、気になるところです。

コントラストが旗印

正直言って、今日は辛かったです。

靖子とロバートが仲良くしているシーンと、優が野球を頑張っているシーン。

野球のシーンは、今日の試合で勝ったら告白しようと思っていたとか、そういうことだったと思います。

でも、逆にロバートと仲良くなるシーンは、どう考えてもロバートと一緒になるフラグですよね!?

今日はちょっと優のことを考えるのが大変でしたね、

全部見てるんですよ。

一平は千代に頭を下げて何か言おうとしたが、千代はそこにいた。

一平は千代に頭を下げて何か言おうとしたが、千代はかっこよすぎて何も言えなかった、なぜなら彼女はすべてを知っているからだろう?

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第26週目第150話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。