芋たこなんきん第8話のネタバレあらすじ!家族写真

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」2週目第8話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第7話「文学賞を受賞」では、町子が文学賞を受賞して、生活が一変するストーリーでした。

芋たこなんきんの第8話「家族写真」では、家族写真を見ながら、作家になるという夢を応援してくれた父の言葉を思い出すストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年10月10日(火)放送
第2週サブタイトル『お祝い!?』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第8話のネタバレあらすじ

ここからは、10月10日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第8話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

子どものころからの夢だった小説家となり、仕事に邁進し、書くことに夢中になっている花岡町子(藤山直美)
健次郎のプロポーズはずっと保留のままだった。
机の上の写真を見ながら花岡写真館で育った子ども時代を回想する町子。
作家になるという夢を応援してくれた父・徳一の言葉を思い出し、町子は喜びをかみしめるが、そんな花岡写真館は、昭和20年6月の空襲ですべて焼けてしまった。
幸いにも町子たちはケガ一つせず難を逃れたが、父・花岡徳一(城島茂)は、終戦後、体を壊して寝たきりに状態に。
父・徳一は、体が回復することなく、その年の暮れに亡くなってしまった。
そんな夢を見ていたことにハッと気づき、町子が起きる。
そして、花岡信夫(西興一朗)から呼ばれ行ってみると、一枚の写真を手渡された。
裏には、花岡寫眞館のゴム印が押されており、これはどうしたのか?と聞くと、取引先で写真館の話になって、その写真を見つけたのだ。
町子は、徳一が一生懸命心を込めてした仕事が残っていたこと、大事にしてくれたことに涙ぐむ。
そして、自分も一生懸命やらなければと改めて決意して歩き出そうとすると、寒気がし、そのままへたり込んでしまった。

 

ここまでが、10月10日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第8話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第9話のあらすじを知りたい方は、第9話『過労で倒れる』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第8話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第8話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

BSで再放送されている「いもたこなんきん」が気になる。國村隼さん演じる徳永健次郎。(とても素敵な方で、惚れ惚れします。主人公が食べているのをいつも嬉しそうに笑って見ていて、「やけどしないようにね」と優しく言ってくれて、最高でした…。

 

1938. 映画鑑賞も素晴らしく、美しい?着物姿の尾野真千子とちび真千子。こんなにきれいな着物を着ていました。もうすぐ、こんな豪華な衣装は着られなくなるんですね。……?

ラブバズ_ちごんへの返信
あれもこれも、つながって、つながって・・・・・・。うるせーよ!!(笑 という気分になっている。私の興味は完全に里芋のたこなんきんです。

 

芋たこなんきん ヒロインの幼少期を描くのではなく、ヒロインの幼少期の記憶を現在から再生しているんですね。これはいいですね。キャスティングのおかげでストレスがない。子役は藤山直美にそっくりだし、鈴木杏樹の香川京子も違和感がない。

鴨川さんのプロポーズが好きすぎて、もう一度見たくなり、経過を見るために4話から見ています。

1週目の最終回である第6話ですでにプロポーズしていたことに驚きました。第1週の最終回である第6話で彼女にプロポーズしていたのには驚きました。彼女は優しくて面白いだけでなく、とても真面目なんです。彼女は厳しい。でも優しい。面白い。真知子もそんな風に描かれるのかなあ。芋たこなんきん

TLのある方から田辺聖子の18歳の時の日記を紹介され、文春オンラインに掲載された一部を読んだのですが…すげー。読んでみるとすごいことになってました。寝たきりの父親をはじめ、家族への容赦ない鋭い視線。思春期特有の厳しさと、田辺さんの才能が相まって。ほんわかおせいさんのもうひとつの顔:芋たこ南京

 

いもたこなんきん 最初はウサツとイビキの大人の世界を覗きたいやんちゃな子かと思いきや、スタンプにむやみに怯えたり、映画の展開が理解できなかったりと、ちゃんとした子なんですね。

わりとちゃんとした子だったのですが、むやみにスタンプに怯え、映画の内容をうまく飲み込めなかったのです。

 

芋たこなんきん 小野町はたくさん見たけど、鴨川が少なくて……。あ、マチコさん、何日も会えなくて大丈夫ですか?一日でもこれだけのことはできないよ。映画のお出かけスタイル、マチコさんの大きな頭のリボンが飴玉みたいで可愛かったです。

 

地上波のビデオカメラから録画した時に泣きました…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥̥̥̥`) この映画を見ることができて本当に幸せです。戦争がなくなればいいなと思います。

淡島千景さんのような上品な女性と一緒に写真を撮りたいです。そんなこと言われたら、足が止まってしまいますね。

 

芋たこなんきん この15分間はとても濃厚です。1話に1回はいいシーンがあり、とても印象的です。藤山直美の回想から戻ってきたときの表情もとてもいい。

日向は、ラジオ英会話を聴いている家族の孫に絡んだ。今朝、一緒に仕事をしている人が、実家の元写真館で撮ったという里芋のタコ南京の写真を見せてくれました。

今朝の芋たこなんきん同様、伏線というやつでしょうか。切手の件は、最後にさらっと納得のいく形で収めました。

芋たこなんきん08:顔から火が出そうです。幸せな気持ちをいつまでも覚えていたい、それを紙に残すのが私の仕事です。

衝撃! 総集編はDVD化されておらず、再生できないものと思い込んでいました。先週から放送されていたなんて! シッカリ? タコタコナンキン

町子さんのお父さんが康子さんのお父さんと同じ死に方をしているのを見て、ここでも泣いちゃいました?

子供達には内緒にしていたのかな…。この間も一緒に食事をしていたようですが、客人であることと家族であることは違うんですね。

写真を見ながら昔を懐かしむ芋たこなんきんマチコ。紙芝居を見て、「はんこでお金を借りたら、奉公に出なければならなくなる」と本気で悩む。叔母の雅代に連れられて映画を見に行き、大声を出してしまう。写真館は空襲で焼け、優しい父は昭和20年末に亡くなってしまう。

馬鹿な人だった。妻にそうされると、死ぬ前日になってしまう。もうひとつの夢」 千葉先生の推理:芋たこなんきん。

サザエさんは基本的に「持ってる人」の話なので、「お姉ちゃん」を見ているとちょっとイラッとするんですよね。まあ、朝ドラって貧乏人の話は少ないし、『芋たこなんきん』も、見た目は庶民だけど、実は開業医と人気作家のパワーカップルの話なんだけどね。

 

中年の男女の会話、大家族、国に大きな傷を負わせた戦争、過去と現在が頻繁に交錯する構造などが丁寧に描かれており、『芋たこなんきん』は “This Is Us” を先取りした作品と言えるでしょう。

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第2週目第8話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。