エール第48話のネタバレあらすじ!双浦環と小山田耕三のマジ喧嘩勃発!?

こちらでは、朝ドラ「エール」10週目第48話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第47話「船頭可愛やの作曲」では、木枯の紹介で、高橋が作詩した『船頭可愛や』を裕一が作曲することになり、2枚目を発売するも惨敗してしまうストーリーでした。

エールの第48話「双浦環の提案」では、環と小山田の大御所バトルに板ばさみ状態の廿日市が決断して、見事に『船頭可愛や』が大ヒットするストーリーとなっています

朝ドラ『エール』
2020年6月3日(水)放送
第10週サブタイトル『響きあう夢』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第48話のネタバレあらすじ

ここからは、6月3日に放送された朝ドラ「エール」第48話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール48話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 全然売れてないと妻に告白
  • 契約金バックれてもいいんじゃないかと考えている妻
  • 脅しじゃなくて今回はマジと話す夫
  • おでん屋に集合した福島三羽ガラスと藤丸
  • 自分が下駄屋の娘だからと責める藤丸
  • 壁ドン!で励ますプリンス
  • 壁ドン!でおでん屋なめるなという大将
  • エアドンで、とりあえず雰囲気を読む
  • 学校で練習するも我が家の財政で悩む
  • そこへ救世主、世界的オペラ歌手が登場
  • 悩んでいる場所を聞くついでに我が家の事情をさらっと話す
  • 『船頭可愛や』聴いてくださいとお願い
  • とってもいい、私に歌わせて?
  • ディレクターのりのりだったが、重役にストップをかけられ意気消沈
  • 理由は小山田先生の機嫌を損ねたくないから
  • 世界的オペラ歌手VS重鎮作曲家
  • 中間管理職のままか、がっつり儲けて上目指すかどっちと脅す世界的オペラ歌手
  • ディレクターの決断大当たり!
  • あれ?もしかして妊娠!?

なんとかするってどうするの!?

詩も曲も悪くないのに、何故売れないのかまったく分からないでいる古山裕一(窪田正孝)

その話を音にすると、 レコードを持ちながら「そんなに売れとらんの?」とびっくりした様子。

無名の新人作曲家ならいざ知らず、これまでヒット曲を連発していた流行作詞家の高梨一太郎が作詞したのに、なぜ売れないのは不思議でなりません。

なんでだろうと悩んでいると、裕一の脳裏には、これが最後のチャンスだと宣言された廿日市の言葉が蘇ってきました。

もしも契約が終了されてしまったら、前払いで貰った契約金の返済が待っています。

すると音が、契約金は本当に返済しないといけないのかと聞いてきました。

しかし、いつもの脅しではなく今回は本気だと音に伝えます。

どうしようと心配そうな彼女をみて、 「安心して。なんとかすっから。」を答えると、「なんとかするってどうやって?」と聞き返されてしまいました。

とにかくなんとかするから歌いの練習にするようにと伝えて、ばつが悪そうにその場を去りました。

そんな夫を見て、少し不満げな様子。

バッグに手に持っていたレコードを入れて、行ってきま~すといって、学校に向かいました。

福島三羽ガラスの壁ドン3連発

鉄男のおでん屋に集まる福島三羽ガラスと下駄屋の娘・藤丸。

なんで売れないのかみんなで話してるとこ、藤丸(井上希美)が、「きっと私のせいです。私が下駄屋の娘だから。」と自分を責めます。

すると、すぐに佐藤久志(山崎育三郎)が、それは関係ないと言って否定しました。

さらに、藤丸に近づき優しく壁ドンをして、ささやき声で元気出してと言います。

一瞬キュンとした顔を見せる藤丸。

契約金を返したら一文無しになると焦った裕一は、僕もおでん屋手伝おうかな?と軽いノリで言ってみました。

すると今度は村野鉄男(中村蒼)が、強く壁ドンをして、 おでん屋を舐めてもらっちゃ困ると詰め寄ります。

最後によくわからないまま裕一も久志にエアドンをかましました。 

我が家の財政聞いてくれます?

古山音(二階堂ふみ)は学校で、椿姫の居残り練習に、励んでいましたが、その一方で家計のことも心配になっていました。

契約が終了したら生活費がなくなってしまうこと、また生活費として使ってしまったお金も返さなければならないことを考えていました。

ソファーになだれ込んで、どうしようと溜息をついていると、そこへ双浦環(柴咲コウ)がやってきます。

先日もアドバイスをしてくれた彼女は、今度もどこを悩んでるの?と聞いてくれました。

悩んでいる場所を聞かれた音は、「このカデンツァと、、、」といってペンで楽譜を差しますが、その流れで「それと、家の財政について。」と話します。

突然意味が分からないことを言われて一瞬「えっ?」となりますが、その流れのままに、主人が契約を打ち切られるかもしれないという話を続けました。

そして、朝バッグにレコードを入れたのを思い出し、バッグから取り出すと、聞いてほしいとお願いしました。

蓄音機の前で静かに『船頭可愛いや』を聴いている環。

聞き終わると、とても良い歌と褒めました。

それを聞いた音は、主人にも褒めてくださったことを伝えると話します。

すると、思いもよらない提案を受けるのです。

突然、彼女は、この曲を自分が歌っても良いかしら?と言いだしました。

どういう意味かわからなかったので、口に出して理由を聞くと、改めて「この曲を私が歌って、もう一度レコードを出すの。」と告げます。

その言葉にさらにびっくりしました。

バンブーに世界的オペラ歌手降臨!

妻から事情を聞いて、バンブーで直接会うことになった裕一は、すでにバンブーで待機していました。

あまりの緊張で、店内の飾り物が曲がっていないかチェックするほど、そわそわしていました。

すると、音と環が店の中に入ってくると、はじめましてもまともに言えないほど、緊張しながら挨拶をします。

横に並んでいた保と恵も緊張して直立不動になっていました。

席につくと、梶取保(野間口徹)が手を震えさせながらコーヒーを持ってきます。

その後ろから梶取恵(仲里依紗)も大きなケーキを持ってきて、こぼすのではないかと不安になるくらい手が震えていました。

大体のことは、奥様から聞いてらっしゃるかしら?」と話をすると、誠に光栄な話ですがどうして?と不思議でなりませんでした。

彼女が、なぜ歌うことにしたのか理由は一つ。

『船頭可愛いや』が、大変優れた曲だったからです。

西洋音楽をベースにしながらも流行歌として親しみやすさも兼ね備わっているこの曲が世間に評価されていないことに、さらには日本の音楽業界に不安を感じていました。

そして、その理由が世の中の人たちの耳にこの曲が伝わっていないのではないかと疑問に思っていたのです。

環がそう感じたは、自身の実体験によるものでした。

彼女自身、世界的に広く知られるようになったのは、イタリアの作曲家・プッチーニに評価されたことがきっかけでした。

それまで誰にも注目されていなかった環は、人に評価される重要性を痛感し、素晴らしい曲なのに売れないのは人に認知されていないからだと考えたのです。

そして、改めて「古山さん、私に歌わせていただけますか?」とお願いしました。

古山夫婦にとって、断る理由は一つもありません。

もちろんです!よろしくお願いします!と力強くお願いしました。

そのころ、コロンブスレコードでは廿日市が退社しようとしているところでした。

突然電話がなりでてみると、なにやら話を聞いて「ええっ!?」と大声を上げました。

世界的オペラ歌手ですよ!?駄目ですか?

廿日市誉(古田新太)と裕一は、社長たちに直談判をしていました。

世界的オペラ歌手が歌うのであれば、無名の女性歌手が歌うよりも大勢の聴衆が聞いてくれるはずです。

廿日市が彼女なら話題性抜群で絶対に売れますというと、裕一も私からもお願いしますと訴えました。

すると社長が、環が歌うということは青レーベルから発売するのか?と聞きます。

どうやら、赤レーベルの作曲家が作った曲を赤レーベルの歌手が歌うことに難色を示しているようでした。

その裏には、青レーベルの重鎮・小山田先生の存在があったのです。

小山田はコロンブスにとっては影響力のある男。

小山田自身が、異を唱えたことは右ならえで穏便に済ませたいという意図も見え隠れしていました。

許さん!行ってくる!いや私が!

バンブーで、そのやりとりを話すと「許さん。私行ってくる。」といつもの様子で対峙しようとする、妻を引き止めます。

すると静かに聞いていた環が私に任せていって、小山田の自宅を訪れました。

小山田耕三(志村けん)は、君が訪ねてくるのは珍しいねといって迎え入れます。

そして、単刀直入に反対する理由を小山田に投げかけました。

彼の言い分はこうです。

青レーベルは西洋音楽、赤レーベルは流行歌というルールです。

しかし、赤レーベルでも曲を書いている小山田に矛盾を指摘すると、重鎮と新人ではわけが違うだろと一蹴します。

赤と青にこだわるべきものですか?とさらに質問すると、「なぜ君はあの男にこだわる?コロンブスのお荷物だぞ。」と逆に質問されました。

その質問に、彼をコロンブスレコードに推薦したのはご自身ですよね?と答えた環。

その答えに言葉に詰まって視線を外すと、「その目を見たことがあります。」と話します。

彼らは自分の立場を脅かす才能にとても敏感だと話すと、バカバカしいと相手にしませんでした。

俺を巻き込むな!

もう一度レコードを出したい古山夫婦は、ソファーに座っている廿日市に、もう一度話を持ちかけていました。

もう俺を巻き込まないでくれと困惑していると、そこへ本人がやってきて「え~!何?本物!?」と驚きます。

彼の横に座ると、上の機嫌をとって今いる場所を守るか?それとも勝負に挑んで大きな利益を得るか?と決断を迫ったのです。

世界的オペラ歌手と大御所作曲家に板ばさみ状態の廿日市は、腹を括って、彼らの案に乗ることにしました。

しかし、その判断が功を奏し、彼女が歌う『船頭可愛いや』は、発売前からおおきな話題となり、発売されるや大ヒットを記録します。

さらに相乗効果で、まったく売れなった藤丸版も売れ行きを伸ばしたのです。

まさか、お月さんない系ですか?

バンブーの壁にレコードを飾る保。

バンブーでは古山夫婦が喜んでいました。

それは、レコードが売れたことではなく、新聞に『椿姫』の配役決定と紹介されている記事のことでした。

すごいね!と興奮していると、声が伸びるようになってきたと褒められことを話し上機嫌な様子。

やっと古山家にもいい波が押し寄せてきていました。

レコードを眺めて、少し調子が悪そうな音をみて、恵みが最近調子悪そうねと声をかけます。

何かムカムカすると聞くと、もしかしてと何か気づいた様子で「赤ちゃん、できたんじゃない?」と聞きました。

その言葉に「えっ?」と絶句します。

ここまでが、6月3日に放送された朝ドラ「エール」第48話のあらすじのネタバレです。

まさかのどんでん返しで大ヒットしましたね。どん底だった分、いい方向い行き過ぎなのが気がかりですが、今度は妊娠がきっかけでどん底に落とされるんですよね、、、

エール第49話のあらすじを知りたい方は、第49話『音の妊娠』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第48話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第48話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール48話では、柴咲コウさんと志村けんの大御所バトルに板ばさみ状態の古田新太さんが決断して、見事に『船頭可愛や』が大ヒットした回でした。

俺にまかせとけ!

まったく売れてないと告白した窪田正孝さん。

二階堂ふみさんは、なんとかするの言葉にまったく信じていないようでしたねw

そりゃそうでしょ!あの父親にこの子あり!

希望としては、親父の真似して「お、お、俺にまかせとけ!」と言ってほしかったw

そう思うと、今頃三郎さんどうしてるんだろうと気になるところ。

実は、あらすじのネタバレになりますが、来週三郎さんお亡くなりになります!

来週は絶対泣けるのでお見逃しなく!

壁ドン!壁ドン!エアドン!

朝っぱら見せてくれました山崎育三郎さん。

非常時にいつもと変わらないスタンスを貫くのは、さすが!といったところですが、ささやき女将ですか?

鉄男も真似してやったけど、そもそもおでん屋馬鹿にしてるのアナタですから!

昨日の「まっ、基本煮込むだけだ。」の発言で、おでん屋かなりキレてましたよw

あと最後のエアドンイランでしょ。

あらすじの流れ的には、せいぜい鉄男でストップで笑いは取れてたと感じたワンシーンでした!

ついに本性を出した志村けんさん!?

今日ついに志村さんが、コロンブスに推薦した意図が、なんとなくわかった方も多いのではないでしょうか?

まぁ、新しい才能を早めに摘み取っておけば、自分の作曲家としての地位を保つことが出来ますからね。

青とか赤とか言ってないで、折衷案で紫レーベルを作ることをオススメしますw

以上が、朝ドラ「エール」第10週目第48話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第10週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第10週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第10週目のネタバレあらすじ

48話放送のエール第10週「響きあう夢」のあらすじは、2枚目に出した『船頭可愛や』を環が歌って大ヒットになり喜ぶ古山夫婦ですが、音の妊娠が分かり、『椿姫』の降板と学校を退学するストーリーとなっています

本当にクビになりかけたところですが、彼女には足を向けて寝られない古山夫婦。降板は残念ですが、子供を授かるうれしさは何事にも代え難いものがありますね。

第10週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第10週「響きあう夢」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。