エール第17週のネタバレあらすじ!歌の力で戦う人たちを鼓舞させてみせる!

こちらでは、朝ドラ「エール」第17週(81話~85話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第16週「不協和音」では、太平洋戦争が始まり、久志は出征し、音は音楽挺身隊に参加し、木枯たちは創作から離れ、これまでの生活が一変する中、やれることをやるしかないと時代に抗えないストーリーでした。

エールの第17週「歌の力」では、兵隊として戦地に行くことを想像していなかった裕一のもとに召集令状が届きますが、三隅の訴えで、召集解除されるものの、戦地へ音楽慰問を決意するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月5日(月)~10月9日(金)放送
第17週サブタイトル『歌の力』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第17週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『エール』第17週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第17週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『エール』第17週『歌の力』一覧
放送回放送日
第81話「裕一に召集令状!」10月5日(月)
第82話「『若鷲の歌』の作曲」10月6日(火)
第83話「練習生たちの生活」10月7日(水)
第84話「五郎の言葉」10月8日(木)
第85話「戦地への音楽慰問」10月9日(金)

召集令状と解除

ついに古山裕一(窪田正孝)のもとに召集令状が届き、愕然とする古山夫婦。

すると数日後に、三隅(正名僕蔵)という男が古山家を訪ねてきて、海軍航空隊の映画の主題歌を作曲して欲しいとお願いしてきた。

三隅は、裕一に召集令状が来ていることを知り残念がるが、知り合いのツテで軍の関係者に作曲家として国に貢献していると訴え、召集解除をとりつけてくる。

こうして、召集解除され、「若鷲の歌」を作曲することになった。

予科練の見学

「若鷲の歌」の曲は無事完成したが、裕一は何かが違うと、もう1曲だけ作曲させてほしいとお願いする。

そして、予科練の見学をすることになった。

1日目は何もうかばなかったが、2日目に練習生の子と話をして、親の恩に報いるために、お国のために役に立ちと訴えられる。

その話を聞くと、あっという間に曲を完成させてしった。

「若鷲の歌」の曲は、練習生たちに支持された2曲目の曲が選ばれることに。

そして、映画「決戦の大空へ」が完成し、全国で上映されると瞬く間に人気となり、同時発売した「若鷲の歌」のレコード も大ヒットを記録する。

挨拶

数日後、古山家に、かつて音楽教室をしていた生徒の梅根弘哉(山時聡真)と母・トキコがやってきた。

話を聞くと、弘哉が予科練に志願し、入隊前のあいさつに来たという。

弘哉は、映画「決戦の 大空へ」を見て、国のために戦いたいという気持ちが強くなり、志願したと話す。

戦地への慰問の依頼

ある日、報国音楽協会に呼ばれた裕一は、報国音楽協会の山崎から慰問の話を聞かされる。

そして、1ヵ月後に前線へ音楽慰問に行く命令が下った。

心配する古山音(二階堂ふみ)は、戦況の話をするが、自分が逃げるわけには行かないと決意を語った。

出発

とうとう出発の日がやってきた。

国民服を着て、玄関で家族と別れの挨拶をして旅立つ裕一。

裕一は前線へ慰問にいくことへの決意をつづった手紙を残していた。

手紙の最後には、戦争が終わったら、夢の続きを始めようと綴られていた。

ここまでが、10月5日~10月9日に放送された朝ドラ「エール」第17週のあらすじのネタバレです。

ついに戦地へいくことになりましたが、現地でまさかのあの人に出会うんですよね、、、

エール第18週のあらすじを知りたい方は、第18週『戦場の歌』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第17週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第17週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

お願いにくる人

裕一にお願いに来る人ってみんな同じようなキャラですよね。

三隅(正名僕蔵)といい、名前を忘れたけど、古舘さんが演じた亀吉だったかな?

あの辺のキャラは同じに見えましたw

船頭かわいや

ついに合格した五郎!

五郎のおススメソングは「船頭かわいや」だったんですね。

というか、目をつむって合格ってかなりの達人技なのかな?

穴通すだけなら手探りで簡単に通せそうだけど、逆にあれをどう失敗してきたのが、知りたいw

岩城の壁を見事乗り越えた五郎におめでとう!

クレーム

まさかの歌詞にクレーム。

天狗になったのか?

相手が廿日市なら絶対クレームなんて入れないだろうに。

えらい強気で「ここはいらん!」って小山田先生の影響だろうかw

まぁ、たしかに「ハーヨカレンヨカレン」は軍歌としてはどうかと思いますよ。

どちらかといえば、民謡に合う感じの歌詞だし、、、

予科練生

お待ちしておりましたばりの一人でポツンといる予科練生。

色々つらいことがあったのに、一番つらいのが洗濯って、、、

確かに手荒れすると痛いのは分かるよ?

でもしごきのような訓練のほうがきつい気がするんだけど、当時は予科練生だからそんなことなかったのかな?

でもきっとお母さんはうれしい反面、戦争に行ってしまうことに悲しみをこらえていたと思う。

そう考えると、つらい17週目でした。

才能はキライだ!

気持ちよく分かりますw

1日目まったくかけなかったくせに、2日目はたった5分で作曲完了って!

才能をマジマジと見せ付けられた感じの言い方がむかついたんですよねw

すぐ歌えます!

才能といえば、かなりすごい才能を見せた予科練生。

さっき聞いたばかりの曲を完全に歌いきるなんて天才ですか、あなたたち?

それとも秀才の集まりだから、そんなもん当然ということなのだろうか。

そう考えると疑問の余地なしなんだろうけど、普通に考えてありえんw

ヒットメーカー

軍歌を作る製造機のごとく、ヒットメーカーになった裕一。

たしかに当初のころに比べると、出す曲すべてがヒットしているような印象ですよね。

その葛藤もあってか、五郎と喧嘩しちゃったけど、「命を無駄と言うな!」ってかなり 正しい言葉いってましたよ?

それ認めちゃうと、精神状態おかしくなっちゃうのかな?

本当の葛藤はこれからなのに、、、

以上が、朝ドラ「エール」第17週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。