朝ドラ「エール」のヒロインは二階堂ふみ!窪田正孝の妻役で朝ドラ初出演!

2020年3月30日にスタートする朝ドラ「エール」で、女優の二階堂ふみさんがヒロインに選ばれました

二階堂ふみさんは、今回の朝ドラ「エール」がNHK連続テレビ小説の初出演でヒロインを務めます。

ヒロインの二階堂ふみさんが演じるのは、窪田正孝演じる主人公・古山裕一の妻「関内音」です

朝ドラ「エール」のあらすじ

朝ドラ「エール」は、昭和の時代に数々の名曲を世に送り出した作曲家とその妻の人生を描いた物語です

主人公のモデルとなったのは、日本を代表する作曲家の古関裕而さんとその妻で歌手としても活躍した古関金子さんです。

朝ドラ「エール」古山裕一のモデルは?古関裕而の衝撃的な半生まとめ
NHK朝ドラ「エール」のモデルは、作曲家の古関裕而です。原作は、裕而と妻・金子をモデルに音楽と共に生きた夫婦の姿を描いているオリジナル作品です。裕而以外にも実在するモデルが多数登場しています。

窪田正孝演じる主人公・小山裕一

朝ドラ「エール」の主人公・古山裕一は、窪田正孝さんが選ばれました。

朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝!NHK連続テレビ小説は3回目の出演!?
朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝さんに決定しました!NHK連続テレビ小説に出演するのはエールで3回目の窪田正孝さん。朝ドラ「エール」に主人公・古山裕一に窪田正孝さんが選ばれた理由とは?もまとめています。

窪田正孝演じる主人公の小山裕一は、福島に代々続く老舗呉服屋の長男として誕生します。

気が弱くいじめられることもありましたが、10才のころに音楽に初めて出会い、学生時代には作曲をするまでの才能を発揮します。

そんな中、ひょんなことから歌手を目指している「関内音」と知り合い、文通を通じて恋に落ちていきます。

このヒロインの二階堂ふみ演じる「関内音」が、のちに小山裕一の妻となる女性です。

ヒロインの二階堂ふみが演じる「関内音」とは?

ヒロインの二階堂ふみさん演じる関内音は、朝ドラ「エール」の中でも古山裕一を支える妻として登場しますが、関内音のモデルとなったのが、古関裕而さんの妻であった「古関金子」さんです。

古関金子さんは、声楽家や詩人などとしても活躍しており、実際に古関裕而さんの半生を支えた人物です。

朝ドラ「エール」関内音のモデルは?古関金子が死を覚悟した瞬間とは!?
NHK朝ドラ「エール」ヒロイン関内音のモデルは、作曲家・古関裕而の妻「古関金子」です。原作は、裕而と妻・金子をモデルに音楽と共に生きた夫婦の姿を描いているオリジナル作品です。モデルの古関金子は、乳がんで亡くなっていましたが、死を覚悟した瞬間があったそうです。その死を覚悟した瞬間は・・・

古関金子さんは、愛知県の豊橋市で生まれ、父は豊橋に駐屯している陸軍に物資を運ぶ仕事をしていました。

しかし、父は彼女が12歳の時に死去し、その後は母親が家業を継いでいます。

古関裕而と古関金子の出会い

古関金子さんは、幼いころから音楽に興味があった影響もあって、ある日新聞で目にした「福島の無名の青年が国際作曲コンクールで入賞した」という記事に感銘を受け、その青年であり後に夫となる裕而さんにラブレターを送ります

それをきっかけとして、福島県と愛知県をまたいだ二人の遠距離恋愛が始まり、その半年後には金子さんは福島県に渡り、二人は結婚します。

この実話を朝ドラ「エール」では、どのように描かれるのかが楽しみですね!

東京へ引越し声楽家へ

結婚後に古関裕而さんは、レコード会社である日本コロンビアに引き抜かれたため、二人は東京に引っ越して生活を始め、古関金子さんは近所にあった音楽学校に通うようになります。

古関金子さんは、夢であった声楽家としての活動をはじめ、その実力が認められていくつかの舞台も踏みますが、子育てに専念するために学校を中退します。

その後、古関裕而さん作曲のオペラなどに出演したこともありましたが、やがて戦争が激化し、オペラに出る機会も少なくなりました。

戦後は詩人としても活動

戦後は古関裕而さんを支えながら詩人としても活動しますが、68歳という若さで乳がんによって死去します

乳がんで亡くなってしまう実話を朝ドラ「エール」では、ストーリーに入れるのか、別のストーリーが待ち構えているのか、注目するポイントでもあります!

ヒロインの二階堂ふみさん演じる関内音は、そんな古関金子さんの半生をモデルとした役柄で、プロの歌手となって舞台に立つことを夢見る少女です

古関裕而さんと古関金子さんと同じく、関内音が古山裕一に手紙を送ることで二人の恋愛がはじまります。

ヒロインの二階堂ふみさん演じる関内音は激動の時代の中でたくさんの困難に遭遇しながらも、音楽を決して諦めない夢にあふれた役柄だと言えます。

エールのヒロインに選ばれた二階堂ふみさんのコメント

朝ドラ「エール」のヒロインに選ばれた二階堂ふみさんは、「個性豊かな方々と一緒に共演できることがとても嬉しく思い、朗らかで賑やかな関内音ファミリーを、紡いでいきたい」とコメントしています。

さらに視聴者の方に対して、朝ドラタイトルでもある「エールをご覧になるかたがへお届けできるようにがんばりたい」ともコメントしています。

二階堂ふみのプロフィール

名前二階堂ふみ(にかいどうふみ)血液型O型
生年月日1994年9月21日身長157cm
星座おとめ座出身地沖縄県

関内音役・のヒロイン二階堂ふみさんは、1994年生まれで、沖縄県出身の女優です。

12歳のころ沖縄美少女図鑑でグラビアデビューしますが、それを目にしたマネージャーによってスカウトされ、芸能界入りします。

最初はモデルとして雑誌や広告に出演して活躍していますが、2007年に「受験の神様」という作品で女優デビューを果たしました。

その後、映画「悪の教典」などの作品ではシリアスな役柄を、話題となった映画「翔んで埼玉」ではポップな役柄を演じ、幅広い役柄を演じられる女優として名が知れています。

2009年にスクリーンデビューを果たしてから僅か2年後には世界的に栄誉ある賞を受賞しており、その後も国内外で立て続けに高い演技力が評価された事を受けて、映画やドラマなど様々な作品にて活躍中です。

すでに知名度の高い彼女ですが、朝ドラ「エール」のヒロインである関内音役はオーディションで勝ち取っています。

応募者2,000人以上の中から選ばれた二階堂ふみの演技にも注目の、朝ドラ「エール」に注目です!