朝ドラ「エール」梶取恵役は仲里依紗

NHK朝ドラ「エール」の梶取恵(かとりめぐみ)役は仲里依紗さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」梶取恵の役柄

朝ドラのエールに喫茶バンブーで働いている梶取恵役で出演される仲里依紗さんは、一生に働いている夫の保も知らない自身の過去を語ることがあるという謎に包まれた女性を演じられます。

プライベートでも配偶者である俳優の中尾明慶さんと2013年に結婚されて依頼、仲睦まじいやりとりをメディアで取り上げられており、今では若者を代表するおしどり夫婦として人気沸騰中の仲里依紗さんが、夫と経営する喫茶店で働く女性を演じられる、風変わりな女性を演じられるのは正にはまり役だといっても過言ではありません。

今でこそ女優として大活躍をされている仲里依紗さんですが、そのデビューは少女マンガ雑誌のちゃおで当時連載されていた人気漫画、「シンデレラコレクション」の主人公のニーナに似ている少女を募集する「ニーナをさがせ!モデルオーディション」に参加をされたことがきっかけです。

このオーディションで見事特別賞を受賞されますが、実はグランプリを獲ると意気込んでいた彼女はこの特別賞は芸能界へと入ることになりましたが、満足いくものではありませんでした。

しかし、負けん気が強いことでも知られる彼女はその後、ファッション雑誌のモデルオーディションを受け、ここで見事念願のグランプリを獲得し、本格的にモデルとしての活躍をスタートさせています。

実は漫画雑誌のオーディションの応募は妹さんが勝手に写真を送ったということが参加の理由でしたので、妹さんが姉の魅力に気がついていなかったら、今の活躍は見ることができなかったのかもしれません。

ちなみに、その妹さんは長崎県の大村フラワー大使に選ばれるほどの美女で三姉妹は皆さん美人だとファンのなかでは囁かれています。

映画やドラマなどでもひっぱりだこの仲里依紗さんは2006年頃から本格的に女優としての道を切り開いておられ、声優としての実力も発揮しており、2010年には日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞、同年に日刊スポーツ映画大賞でも新人賞を受賞しています。

2008年にはヨコハマ映画祭と毎日映画コンクールで共に新人賞を受賞するなど、演技者としての仲里依紗さんの実力はお墨付きです。

父方の祖父がスウェーデン人ということもあり、日本人離れしたはっきりとした顔立ちであり、誰とも被ることがないその存在感で多くの役を演じられるだけでなくバラエティー番組にも出演され、動物番組でワラビーの子どもを育てるという企画に参加をされ、動物好きな素の表情をみせてくれました。

夫の中尾さんとの間には子どももいて、子育ての経験者であることが伝わる、優しく笑顔が多い明るい一面を披露し、幅広い年代の方に支持されています。

不倫される妻役などダークな役を演じられることがあるものの、素顔の彼女はとても明るく、高感度も高いことから、CMにもひっぱりだこで、夫の中尾さんと一緒に出演されたアプリのCMは仲睦まじい様子を披露され、ますます高感度を高め、更に2020年には待望のYouTuberデビューを果たし、終始ハイテンションで屈託のない笑顔をお届けし、独特の企画を繰り広げ、そのちょっとシュールな雰囲気が受け、人気のチャンネルになっています。

女優としての成功を収めながらも、プライベートな素顔も惜しみなく公開してくれる飾りっ気のないスタイルが男女問わず多くのファンを掴むことになりました。

仲里依紗さんは今回が朝ドラ初商戦となっています。

エールで謎の多い喫茶店で働く女性をどのような顔で演じられるのか、大きな注目を集めていますが、彼女いわく、このドラマのなかで喫茶店はストーリーの中で少し空気が変わる空間となるということですので、ドラマが進む上で重要な役割を果たすのは間違いなしです。

 

梶取恵のモデルは?

 

 

梶取保の妻で旧姓は二宮恵(にのみやめぐみ)です。

 

仲里依紗のプロフィール

仲里依紗さんは、ファッションモデルや女優として活躍しています。漫画雑誌のオーディションからモデルを経て芸能界に入り、有名ファッション雑誌の専属モデルになるなど早い段階から注目を集めています。アニメ映画の声や、同名映画の主演をつとめあげたことから女優としての評価も高まり、その後も多くの映画やテレビドラマに出演して存在感を高めている存在です。コマーシャルの出演やバラエティ番組などでも活躍しており、男女問わず幅広い人気です。