朝ドラ「エール」廿日市誉役は古田新太

NHK朝ドラ「エール」の廿日市誉()役は古田新太さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」廿日市誉の役柄

古田新太さんは、本名が古田岳史といい、1965年12月3日生まれの俳優です。

身長は173センチ、体重は73キロで、奥さんは昔バラエティにもよく出演していた西端弥生さんです。

事務所はリコモーションという所で、合わせて劇団新幹線にも所属しています。

古田新太さんは少年時代にプロレスラーやロックミュージシャンに憧れていましたが、小学校の行事でミュージカルを見た時に、将来俳優になれば色々な人間になる事が出来ると思い、俳優を目指すようになります。

しかし彼が入学した中学校には演劇部がありませんでした。

そこで役者になるには体力も必要だとバレーボール部に所属しています。

また中学時代には友人達とバンドを組み、高校ではバンドでライブハウスに出演する一方演劇部に所属し、さらにはお笑いユニットも組んでいました。

この事からも古田新太さんは当時から色々な分野に興味を持っていた事が分かります。加えて高校時代にはマンガ好きな若者代表としてNHK教育テレビにパネラーとしての出演していました。

その後高校を卒業後、大阪芸大の芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコースに入学するも、学費を払っていなかった為除籍処分となってしまいます。

同じく高校卒業後に劇団新幹線に所属するも、30代半ばまでギャラは出なかった為、俳優としてご飯が食べられるようになるまではかなり苦労しています。

しかし劇団は大学のようにやめる事もなく、現在でも所属しており、今では看板俳優です。

それから30代後半から40代にかけて、俳優としてドラマや映画の仕事が次第に増え始め、露出も増える事で世間に認知されるようになっていきます。

現在では沢山のドラマや映画に引っ張りだこの存在となり、魅力的なキャラクターという事でバラエティ番組にも良く出演しています。

それでは古田新太さんの代表作を見ていきましょう。

まず舞台ですが、所属する劇団新幹線では「髑髏城の七人」や「西遊記」に「五右衛門ロック」等が有名です。

また自分が所属する劇団以外の舞台にも沢山出演されており、三谷幸喜さん作の「ヴァンプ・ショウ」や蜷川幸雄さん演出の「心情あふるる軽薄さ2001」、野田地図さんの「走れメルス」等で活躍しています。

また映画では初主演の「小森生活向上クラブ」をはじめ、最近では20世紀少年シリーズやシン・ゴジラ等話題作にも沢山出演しています。

他にもアニメ声優の仕事等もやっている事からも、各分野から評価されているというのが特徴です。

そして中でも特に多いのがテレビドラマです。

「スタアの恋」や「木更津キャッツアイ」、「下北サンデーズ」や「斎藤さん」に「不毛地帯」、「あまちゃん」や「逃げるは恥だが役に立つ」に「夢をかなえる象」、さらには「僕たちがやりました」等聞いた事がある名作ばかりですし、最近では「俺のスカート、どこいった」や、今年始まる予定の半沢直樹にも出演予定です。

このように数々の作品に出演している古田新太さんですが、中でも特に視聴者に強い印象を残した作品は「あまちゃん」が挙げられます。

この作品で彼を知ったという人も少なくありません。

芸能事務所の社長であり、アイドルプロデューサーでもあるという難しい役どころでしたが、見事な演技でドラマのキーパーソンとしての役をまっとうしました。

最近では「俺のスカートどこいった?」で女装をして演技をするという難しい役にも挑戦しています。

このように古田新太さんは主役の作品こそ少ないですが、強い個性を持ったキャラクターを魅力的に演じる事が出来る俳優の為、ドラマや映画には欠かせない名バイプレーヤーとして高く評価されており、その地位を確固たるものにしています。

 

廿日市誉のモデルは?

 

古田新太のプロフィール

古田新太さんは、日本の俳優兼声優です。そんな古田新太さんは、高校卒業後大阪の芸術大学のミュージカルコース入学します。ただ、大学自体は学費未払いを理由に除籍となっており、その名を広く知らしめるきっかけになったのは大学の先輩である渡辺いっけいさんに誘われて入った劇団での活動でした。なお、長く看板役者として活躍しながら劇団から給与がもらえるようになったのは35歳頃。そしてそのころから次第にテレビドラマやバラエティに活動の場を広げ、今なお芸能界の一線で目覚ましい活躍を続けています。

 

古田新太は日本を代表する俳優で、多数の映画やテレビドラマ、舞台やCMなどで活躍しています。他にも声優やラジオのパーソナリティ、雑誌のコラムなども手掛けており、活躍の場はジャンルにこだわることなく多岐にわたっています。またアメリカのプロレス団体のWWEのファンであることも有名で、私物のグッズを愛用している一面もあり、よくバラエティ番組などでもそういった服装で登場しているケースも多く、音楽好きであるために音楽活動もしています。