『エール』志津役は堀田真由!朝ドラ出演は2作品目!?

NHK朝ドラ「エール」で、志津役を演じるのは、堀田真由さんです。

こちらでは、エールのキャスト・堀田真由さんに関する情報をまとめています。

  • 堀田真由さんが演じる志津の役柄
  • 志津のモデル
  • 堀田真由さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

堀田真由演じる志津の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀田真由(@mayuhotta)がシェアした投稿


エールのキャスト・堀田真由演じる志津は、ダンスホールの踊り子です。

裕一がダンスホールに来たときに、逆指名しますが、本当の正体は、裕一の小学校の同級生・とみでした。

ダンスホールであったとき、志津はすぐに裕一と分かりましたが、彼はとみのことを覚えておらず、それが癇に障り、惚れさせてから正体をばらしてやろうと近づいてきたのです。

 

志津のモデルは?

朝ドラ「エール」のキャスト・堀田真由さん演じる志津のモデルは、今のところ見当たりません。

朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

堀田真由さんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・堀田真由さんのプロフィールを紹介します。

名前堀田真由(ほったまゆ)血液型O型
生年月日1998年4月2日身長159cm
星座おひつじ座出身地滋賀県

志津役を演じる堀田真由さんは、1998年生まれの滋賀県出身で、アミューズの女優さんです。

朝ドラ「エール」に妖艶な踊り子・志津として登場した堀田真由さんは一体どのようなプロフィールを持つ方なのか、と気になったという人も多いのではないでしょうか。

男性を虜にする美しい踊り子役なので、もともと6歳から16歳になるまでバレエのレッスンを受けていました。

そのダンスをしていた経験があったのかそれとも、役作りのために踊りを練習したのか、といったあたりも気になるところです。

ここではそのような注目の存在である、堀田真由さんのプロフィールについてまとめてみました。

堀田真由さんは、日本で女優やファッションモデル・タレントとして活動をしています。

しかしそれだけにとどまらず、現在は集英社から発売している月間の女性ファッション雑誌「non-no」の専属モデルにもなっているという、身長は159センチの滋賀県が生んだ逸材です。

あまりテレビドラマや映画を見ない人の場合には、今回の朝ドラ「エール」で初めて存在を知ったという人も少なくないでしょう。

とはいえすでに数々の映画やドラマ、バラエティ番組などに出演している人気者でもあります。

デビューのきっかけ

堀田真由さんのデビューのきっかけとなったのは、2014年に芸能事務所のアミューズが新人発掘を目的に開催した「アミューズオーディションフェス2014」です。

前回、2009年におこなわれてから5年ぶりに開催されたというオーディションで、32,214名の応募者の中からWOWOWドラマ賞を受賞しました。

そして2015年にはWOWOWが制作・放送をしている連続ドラマW「テミスの求刑」において、主演する仲里依紗の妹役としてデビューしたのです。

そして、2017年にはNHKの連続テレビ小説「わろてんか」にも出演し、主人公の妹である波多野りん役をつとめました。

その後に出演したドラマは数多くありますが、中でも2018年の「チア・ダン」や2019年の「3年A組今から皆さんは、人質です」、それから2020年の「恋はつづくよどこまでも」などは多くの人の記憶に残っているのではないでしょうか。

映画

堀田真由さんが出演した初めての映画は、2016年の「全員、片想い嘘つきの恋」という片思いをテーマにした作品でした。

いくつもの作品に出演していますが、最近では2019年の「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」の早坂愛役は記憶に新しいところです。

ドラマや映画だけでなくバラエティー番組にも出演したことがあり、フジテレビの教養バラエティーである「坂上どうぶつ王国」には2018年10月に出演したことがありました。

勿論CMで見かけることも多く2016年には花王「ビオレさらさらパウダーシート」、2017年にはP&Gファブリーズの「ファブリーズMEN」などに出演していたほか、2020年にはリクルートの「ゼクシィ」の13代目CMガールにもなっています。

活動の幅はさらに広がりを見せていて、同じ2020年に入ってからはファッション雑誌「non-no」の専属モデルにも起用されるなど、数多くの活躍をしています。

バレエ

そのような堀田さんは、子どものころから10年間続けたというバレエが特技だそうです。

アミューズオーディションフェス2014の決勝の時にも、そのバレエの腕前を披露していました。

今回の朝ドラ「エール」で妖艶な踊り子として登場した堀田さんは、社交ダンスはそれまでに経験をしたことがないということでしたが、バレエの経験は10年もあるので元々踊りは得意だったのでしょう。

ドラマに映画、バラエティ番組のみならず今度はモデルとして「non-no」の専属にもなった堀田真由さん。

今後ますますの活躍が楽しみで、多くの人にとって目が離せない存在になりそうです。

所属事務所は「アミューズ」

堀田真由さんの所属事務所は、アミューズで、賀来賢人さんや前田佳織里さん、八木優希さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・堀田真由さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「わろてんか」藤岡(波多野)りん
朝ドラ「エール」志津(とみ)役
テミスの求刑平川穂乃果
相棒 season14 第2話 「或る相棒の死」千原麻衣
家売るオンナ 第10話望月カンナ
獄門島鬼頭月代
コールドケース ~真実の扉~ 第7話瀬谷聖
母、立ちあがる~認知症のわたし と、あなたと~真理子
チア☆ダン稲森望
3年A組-今から皆さんは、人質です-熊沢花恋
さすらい温泉~遠藤憲一 第五湯笠木澄恵
白衣の戦士! 第2話杉野真理子
べしゃり暮らし土屋奈々
ブラック校則三池ことね
受験ゾンビ加藤瀬那
シャーロック 第6話・第8話安蘭世津子
ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 第7話熊沢花恋
恋はつづくよどこまでも菅野海砂
死にたい夜にかぎって 第4話紺野さん
いとしのニーナ青田新名
映画
全員、片想い 嘘つきの恋ミサキ
超高速!参勤交代リターンズ小梅
ママ、ごはんまだ~一青妙
トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~松尾奈月
狂い華 「呪いうつり」真梨
虹色デイズゆきりん(浅井幸子)
36.8℃ サンジュウロクドハチブ前田若菜
あの日のオルガン堀之内初江
プリズン13マリ
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~早坂愛
超・少年探偵団NEO -Beginning-明智小夜
108~海馬五郎の復讐と冒険~赤井美月
ブラック校則三池ことね
殺さない彼と死なない彼女堀田きゃぴ子
ライアー×ライアー野口真樹
CM・広告
おんせん県おおいた「シンフロ」 「ゆけ、シンフロ部!」篇マユ
任天堂 「Miitomo」
ミサワホーム 「デザイン邸宅」 「流山K篇」
Honda 「バイクが、好きだ。」“自由の翼”シリーズ
花王「ビオレさらさらパウダーシート」
AOKI フレッシャーズ家族篇
P&G ファブリーズ
よみうりランド ジュエルミネーション2017 「ドラマティック・ジュエルミネーション」篇
味の素 クノール カップスープ 「母と娘の二人三脚篇」
富士フイルム Lunamer
アサヒグループ食品
コクーンシティ
株式会社パブレ
JCOM
リクルート「ゼクシィ」
武田コンシューマーヘルスケア「ベンザブロックプレミアム」

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者