朝ドラ「エール」大河原隆彦役は菅原大吉

NHK朝ドラ「エール」の大河原隆彦役は菅原大吉さんです。

朝ドラ「エール」大河原隆彦の役柄

大河原隆彦は朝ドラ「エール」では呉服店「喜多一」の店主で、主人公の父親の三郎が店を継ぐ前から知り合いという設定です。

朝ドラの多くは主人公の幼少期から物語がはじまりますが、その幼いころのエピソードには欠かせない人物です。

「エール」は主人公の窪田正孝さん演じる作曲家の古山裕一が、夫を支えるヒロインの関内音との二人三脚のストーリーです。

明治42年に主人公が誕生したところから物語はスタートし、父親の蓄音機から流れた「威風堂々」を聴いたところから音楽に目覚めます。

母の実家があら川俣で音と出会い、恋に落ちて二人で協力しながら作曲家になるまでのストーリーを描いていきます。

主人公の裕一は福島の呉服店である「喜多一」の跡取り息子として生まれて、店を任されるようになります。

大河原隆彦は先代の頃から働いているので店のことを一番知っている人物で、父親の三郎をサポートしながら跡取りの裕一を盛り立てる役柄です。

裕一の父親である三郎は商売の才能がほとんどないため、お店を切り盛りしているのは隆彦です。

音楽活動に勤しむ裕一を良く思わないスタッフも居て、徐々に傾きはじめるお店をどうにかしようと奮闘します。

また裕一よりも弟である浩二のほうが商売の才能があることを見抜き、三郎に助言をしていきます。

劇中で登場する呉服店には実在のモデルがあり、福島で古くからある「喜多三」です。

福島では代々続いている老舗の呉服店で、明治末期には東北地方で2台目となった金銭登録機を採用したことで、繁盛したお店です。

ドラマの中でも裕一が生まれたときに、長男が誕生した喜びのあまりレジスターを購入したという描写もあります。

繁盛していたお店でしたが、時代の移り変わりの影響を受けて残念ながら呉服店は無くなってしまいます。

ですが、その技術を守りながら京染めの中次の仕事を続けていたという歴史も残されています。

呉服店があった場所には記念碑も置かれていて、決められた次巻になると音楽が流れて町の人たちに時刻を知らせています。

大河原隆彦のモデルは?

 

菅原大吉のプロフィール

朝ドラ「エール」で大河原隆彦役を演じているのは、俳優の菅原大吉さんです。

菅原大吉さんは2960年4月14日生で、宮城県加美郡加美町出身です。

奥さんはお笑いコンビのピンクの電話の竹内郁子さん。

東京のお笑いのブームを作ったと言われている劇団に所属していた経歴があり、そこで二人は出会ったのです。

ドラマや映画では重要な脇役を演じることが多く、世間では真面目そうな中年男性のイメージが強いと言われています。

数々の名作ドラマに出演した経験があり、誰もが一度は目にしたことがある俳優です。

日本の演出家であり、劇作家でもある水谷龍二氏と出会い、「ある晴れた自衛隊」や「星屑の町」シリーズ、「星屑の会」など水谷氏のプロデュース公演に出演しています。

2006年に水谷氏のサポートともあり、奥さんの郁子さんと二人芝居ユニット「夫婦印」を立ち上げました。

スラッと背が高いのも特徴で、画面に映ればその存在感を発揮します。

身長は181センチと大きく、画面に華を添えています。

恵まれた体格を活かして二枚目から三枚目まで演じ分けて、ドラマには欠かせない存在となっています。

菅原さんが世間に注目をされた作品と言えば、朝ドラ「あまちゃん」です。

「あまちゃん」は菅原さんが朝ドラデビューを飾った作品で、渡辺えりさん演じる海女の夫役でした。

奥さんに尻に敷かれる役柄で、そのチャーミングなキャラクターは視聴者に愛されました。

背が高くて格好いいおじさんなのに、なぜか奥さんに主導権を握られてしまうギャップが面白いと人気を博しました。

「相棒」シリーズにも出演経験があり、シーズンごとに違う役柄を演じています。

同じ作品で全く違うキャラクターを演じ、その演技力の高さに圧倒された視聴者も多いです。

その他にも朝ドラの「まんぷく」や「きのう何食べた」、「豆腐プロレス」などにも出演しています。

テレビでは見ない日がないくらいの売れっ子俳優さんで、歳を重ねるごとに様々な役柄を演じているのも魅力の一つです。

 

 

菅原大吉さんはアルファエージェンシー所属の俳優さんで、奥さんはお笑いコンビピンクの電話の竹内都子さんです。血液型はO型で、身長は181センチあり、趣味はスキューバダイビング等のマリンスポーツというスポーツマンの菅原大吉さん。彼は演出家であり劇作家の水谷龍二さんの作と演出している、舞台に多数出演しています。その他もテレビドラマや、映画、舞台等の有名なものに出演しているので、顔を見ればみんな知っているでしょう。