『エール』大河原隆彦役は菅原大吉!奥さんはピンクの電話!?

NHK朝ドラ「エール」で、大河原隆彦役を演じるのは、菅原大吉さんです。

こちらでは、エールのキャスト・菅原大吉さんに関する情報をまとめています。

  • 菅原大吉さんが演じる大河原隆彦の役柄
  • 大河原隆彦のモデル
  • 菅原大吉さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

菅原大吉演じる大河原隆彦の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』公式(@keijitokenji)がシェアした投稿


エールのキャスト・菅原大吉演じる大河原隆彦は、呉服屋「喜多一」の番頭です。

大河原隆彦は、4代目店主・古山三郎の前の台から呉服屋「喜多一」で働き、三郎をサポートしながら、跡取りの裕一を盛り立てます。

三郎は商売の才能がほとんどないため、お店を影で支えているのは、隆彦たち従業員で、音楽活動に勤しむ裕一を良く思わない従業員がいる中、間に入って店のために尽力を尽くします。

裕一の結婚話

裕一が結婚する話で、喜多一では、古山家の三人と茂兵衛が、裕一の帰りを待っていました。

その様子に店員たちも大荒れになりそうと予期していましたが、桑田博人はその結婚によく思っていませんでした。

しかも、「恵まれた家庭に生まれておっきな家の跡継ぎに養子になり、夢に進むことも許してもらい、何が不足なんですか?」と不満を声に出して吐露します。

それを聞いていた大河原隆彦が桑田の話を理解するも、口が過ぎるぞと、止めに入ります。

大河原隆彦のモデルは?

朝ドラ「エール」のキャスト・菅原大吉さん演じる大河原隆彦のモデルは、喜多三の番頭ということになりますが、該当する人物は見当たりません。

喜多一のモデルは、喜多三という実在した呉服屋です。

大河原隆彦は喜多一の番頭ですので、モデルは喜多三の番頭ということになります。

しかし、喜多三の従業員までの詳細は分かっていませんので、エールのオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

菅原大吉さんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・菅原大吉さんのプロフィールを紹介します。

名前菅原大吉(すがわらだいきち)血液型O型
生年月日1960年4月14日身長181cm
星座おひつじ座出身地宮城県加美郡加美町

大河原隆彦役を演じる菅原大吉さんは、1960年4月14日生で、宮城県加美郡加美町出身です。

ドラマや映画では重要な脇役を演じることが多く、世間では真面目そうな中年男性のイメージが強いのではないでしょうか?

あまり気にされていないかもしれませんが、数々の名作ドラマに出演した経験があり、誰もが一度は目にしたことがある俳優です。

日本の演出家であり、劇作家でもある水谷龍二氏と出会い、「ある晴れた自衛隊」や「星屑の町」シリーズ、「星屑の会」など水谷氏のプロデュース公演に出演しています。

朝ドラ出演

菅原大吉さんが世間に注目をされた作品と言えば、朝ドラ「あまちゃん」です。

「あまちゃん」は菅原さんが朝ドラデビューを飾った作品で、渡辺えりさん演じる海女の夫役でした。

奥さんに尻に敷かれる役柄で、そのチャーミングなキャラクターは視聴者に愛されました。

背が高くて格好いいおじさんなのに、なぜか奥さんに主導権を握られてしまうギャップが面白いと人気を博しました。

そして、今回の朝ドラ「エール」では、喜多一の番頭として縁の下の力持ち役を演じます。

プライベート

菅原大吉さんのプライベートでは、お笑いコンビのピンクの電話の竹内郁子さんと結婚しています。

竹内郁子さんとは、東京のお笑いのブームを作ったと言われている劇団七曜に所属していた経歴があり、そこで二人は出会いました。

付き合ってから結婚するまで、なんと11年間も同棲生活をしていたそうです。

2006年に水谷氏のサポートともあり、奥さんの郁子さんと二人芝居ユニット「夫婦印」を立ち上げています。

所属事務所は「アルファエージェンシー」

菅原大吉さんの所属事務所は、アルファエージェンシーで、柄本佑さん、萩原聖人さん、和久井映見さん、豊川悦司さん、余貴美子さん、細田善彦さん、伊藤沙莉さん、毎熊克哉さん、リリーさんなど個性的な味のあるタレントが多く在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・菅原大吉さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「あまちゃん」今野あつし
朝ドラ「まんぷく」増岡丈治
朝ドラ「エール (テレビドラマ)」大河原隆彦
クライマーズ・ハイ久慈進
マチベン梶原正敏
ハゲタカ大河内真也
鉄の骨岸原薫
下流の宴宮城悠太
真珠湾からの帰還原田覚
ライドライドライド上川正則
ダークスーツ羽柴浩伸
リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~荒木
ふれなばおちん小牧亘
獄門島荒木真喜平
おんな城主 直虎鈴木重時
我が家の問題 第3回「初めての里帰りに悩む妻」佐竹孝彰
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる曽根崎啓介
マリオ~AIのゆくえ~糸魚川医師
小さな運転士 最後の夢産婦人科医
探偵・日暮旅人植村義郎
映画
トカレフミチルの父親
マークスの山浅野剛
鉄塔 武蔵野線環晴男
マルタイの女刑事
卓球温泉内藤ディレクター
39 刑法第三十九条館林刑事
黒い家大迫外務次長
ビッグ・ショー! ハワイに唄えば島田
トリック劇場版佐平二
黄昏流星群 同窓会星団熊谷医師
模倣犯谷村
海猫武藤
東京原発石川局長
東京ゾンビハヤシ先生
フラガール若松浩司
神の左手悪魔の右手ゴロウ
アルゼンチンババア大木戸哲
0からの風岡野隆一
ハッピーフライト清水利郎
デトロイト・メタル・シティ根岸一則
舞台
『星屑の町』シリーズ
『ある晴れた日の自衛隊』シリーズ
サイレント・ヒート
ホームレス・ハート
居残り佐平次
大川わたり
火焔太鼓
セパレート・テーブル
満月 – 平成親馬鹿物語
うそつき弥次郎
ハルナガニ西沢
CM・広告
スリムビューティハウス
明治生命
ハウス食品 ハウスシチュー
三井のリハウス
キリンビール 一番搾り
P&G ファブリーズ

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者