朝ドラ「エール」桑田博人役は清水伸

NHK朝ドラ「エール」の桑田博人役は清水伸さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」桑田博人の役柄

桑田博人役の役柄は先ほども説明したとおり呉服職人です。

呉服職人なので仕事に真面目で一生懸命な役柄になります。

コロナウイルスの感染拡大の影響を受けてしまい、エールの撮影は中断していますが、コロナウイルス感染のピークが過ぎれば撮影も再開することでしょう。

清水伸はオフィシャルブログ「若旦那の部屋」を開設していて、撮影の様子や役者仲間とのオフショットを載せています。

清水伸がどのような人物なのか、交友関係はどんな感じなのか気になるという人はオフィシャルブログ「若旦那の部屋」をチェックすれば何となく想像することができます。

普段は見ることができないプライベートな様子や、撮影裏の苦労なども垣間見ることが可能です。

俳優として北野武監督の作品に度々出演していて、北野武監督のお気に入りの役者であることが伝わります。

北野武監督は演技指導を積極的にしないことで有名で、役者の考えや意見を尊重してのびのびと演じてもらうスタイルです。

これはやりやすいという人もいれば、どのように役作りをしてよいのか分からないという意見もあります。

自由にやってよいというのはありがたいようで、選択肢が増えすぎてしまうので迷いが生まれるリスクもあります。

経験値が少ない役者だと慌ててしまいますが、清水伸のように経験豊富で実績がある人であればまったく問題ないでしょう。

映画だけではなく、テレビドラマにも積極的に出演していて、数多くのヒットドラマに参加しています。

ファミリー向けのものから、恋愛系やミステリー系まで幅広く参加していて、演技の幅が広いことが分かります。

NHKの連続ドラマによって知名度が上がり、俳優に詳しい人であれば顔と名前が一致する人もいるでしょう。

世間的には超有名というわけではないですが、今後さらに注目度が上がっていくと予想されていますし、映画やドラマ以外にも仕事をする可能性も高いです。

本人のツイッターもあるので、活動が気になる人は覗いてみると良いでしょう。

桑田博人のモデルは?

 

清水伸のプロフィール

桑田博人役の役者は清水伸は知名度はそこまで高いわけではないですが、劇場を中心に活躍している演技派の俳優です。

1972年5月20日生まれの47歳で円熟味のある渋い演技を得意としています。

新潟県出身で劇団ふくふくやの副座長を担当している人物です。

身長は172 cmで、日本人の平均身長くらいです。

俳優としては長身というわけではないですが、個性的な演技で親しみやすさがあります。

テレビCMなどにも出演していて、顔は見たことがあるという人も多いでしょう。

コミカルな演技も得意で、ちょっとドジな役からシリアスなおじさんまで演じきることができます。

役によって雰囲気をガラッと変更することもできて、監督からすると起用しやすい人物です。

特技はたくさんあり、アクションの経験もあります。

体を張ったアクションもできるので、アクションシーンでも活躍することができますし、剣殺陣も得意なので時代劇なども担当することが可能です。

スポーツではサッカーやボクシングが好きで、大柄ではないのでダイナミックなプレーをするわけではないですが、視野の広さやテクニックを活かしたプレーをするようです。

他にもギターが得意で、弾き語りなどもすることもあります。

芸の幅を広げるという意味でも、色々なものに挑戦するのは非常によいことでしょう。

主役を演じることは少ないですが、脇役として作品を引き締めることができます。

主役ももちろん重要ですが、脇をかためる俳優人も実力がないと良いものには仕上がらないです。

年齢的にも円熟期を迎えていて、若い俳優には出せない独特の雰囲気を生み出すことができます。

有名な作品にも数多く出演していて、陰の実力者という意見も多いです。

桑田博人役でも清水伸の特徴を活かすことができていて、エールの作中では呉服職人として店の品物の品質管理を任されています。

時代にあった役作りができる数少ない俳優なので、北野武映画にも起用されることが多いです。

 

清水伸は新潟県生まれの俳優です。芸能事務所JECT所属に所属し、劇団ふくふくやの副座長です。テレビドラマ、舞台だけでなく数多くのCM、映画にも出演しており、活動ジャンルが幅広いです。
NHKの「スタジオパークからこんにちは」「土曜スタジオパーク」にもレギュラーで出演していました。
特技の一つに剣殺陣を上げており、北野武監督の「座頭市」、原田眞人監督の「燃えよ剣」に出演しています。
また副座長を務める劇団ふくふくやでは脚本、演出も多数手がけています。