澪つくし第115話のネタバレあらすじ!かをるを口説け!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」20週目第115話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第114話「ハマの結婚」では、高利貸の真鍋が久兵衛にハマと結婚したいと話し、ハマが結婚をするストーリーでした。

澪つくしの第115話「かをるを口説け!」では、久兵衛が梅木にかをるが好きなら自分から口説けと伝えるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月12日(月)放送
第20週第115話タイトル『かをるを口説け!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第115話のネタバレあらすじ

ここからは、8月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第115話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし115話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • るいが再婚する気がないか確認する
  • 再婚する気はないと答える
  • 久兵衛とるいは、梅木を勧める
  • 二人が結婚するのではないかと、噂が広まる
  • 久兵衛が梅木を呼び出し、かをるを口説けと命令する

入兆

ある日、坂東るい(加賀まりこ)は、かをるに心構えを聞いておきたいと前置きし、再婚をする気がないのかと聞く。

すると、坂東かをる(沢口靖子)は、再婚はする気はないと答えた。

るいが、久兵衛が再婚の話を考えてくれていると伝えると、自分の夫は惣吉だけでいいと改めて再婚を否定する。

坂東久兵衛(津川雅彦)は、入兆の仕事を続けたいというかをるに、そういう理解のある男がいたらどうするかと聞く。

その男とは、梅木のことで、るいと久兵衛は、梅木との結婚を勧めた。

しかし、久兵衛は無理強いするつもりはないといい、かをるはその場では返事をせず、席を外した。

翌日、馬場ツエ(鷲尾真知子)が、かをるに梅木と結婚するのかと尋ねた。

ツエの話では、梅木と結婚するという噂が広敷で広まっているというのだ。

かをるがそれを否定すると、もし梅木から結婚を申し込まれたらどうするのかと聞いてきた。

それでもかをるは、頑なにしないと答えた。

入兆

一方その頃、久兵衛は梅木を呼び出す。

そして、単刀直入に好きな女がいないのかと聞く。

すると、梅木健作(柴田恭兵)はかをるが好きだと話すと、久兵衛はかをるを口説けと勧める。

その代わり、吉武惣吉(川野太郎)の一周忌が終わるまでは待つよう話し、それが済めば結婚させてやると伝えた。

梅木は、ありがとうございます!と感謝の言葉を口にした。

ここまでが、8月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第115話のあらすじのネタバレです。

久兵衛から許しをもらいましたが、ガツンとアタックができないんですよね、、、

澪つくし第116話のあらすじを知りたい方は、第116話『梅木の告白』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第115話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第115話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

心構え!

るいと久兵衛がかをるの心構えが聞きたいと話し始めましたが、惣吉が行方不明になってから1年も経ってないのに早すぎますよ!

かをるも死んだものとして今は受け止めていますが、心の中ではまだまだ惣吉のことを思っていると思います。

久兵衛は女心を分からないにしても、るいはちょっとは分かってくれても良いんじゃない?

まぁ、娘ですから娘の幸せを願うのは親として当然ですけれども、梅木がかをるを好きだと知っただけで、浅はかすぎてちょっとそんなこと母親に言われたら引きますね。

今回はいつもとは逆でるいがガツガツいって、久兵衛がフォローする形になっていたので、るいの先走り間が目立ちましたが、二人が子を思う気持ちと言うのは、ちゃんと伝わっていますので、もうちょっと娘の気持ちを考えて時間をおいてあげてほしいなと感じました。

噂と言えばツエさん!

いつもどこかから噂を見つけてきますけれども、大体情報源っていうのは弥太郎なんですよね。

大体二人の結婚話で知っているといえば、久兵衛・るい・ 小畑ぐらいじゃないですか?

もしも話すとすれば、るいが兄の清次にしゃべるか、久兵衛が弥太郎に将棋をしながらしゃべるかぐらいしかありません。

弥太郎ラインが一番怪しいので、犯人は久兵衛ということになりますが、もしそうだとしたら、わざと流したんじゃない?って 勘ぐってしまいますよね。

そして、それを確信したのがやてまえ!!発言ですw

やてまえ!

梅木を呼び出した久兵衛さん。

無理強いはしないんじゃなかったんかい!?

わざわざ梅木を呼んで確認しなくても、小畑からすでに全部教えてもらったでしょうに。

しかも実の娘を口説け!ってどこの親がそんなこと勧めますか~~~

正直、心構えを聞いていたシーンでは、今日の久兵衛はそれなりに娘のこと考えてくれているなーって関心していたんですが、まじで幻滅です!!!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第20週目第115話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第20週目のネタバレあらすじ

115話放送の澪つくし第20週のあらすじは、久兵衛が梅木にかをるを口説けとけしかけ、真剣に考えたかをるが梅木と結婚することを決心するストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第20週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。