『澪つくし』小畑兵造役は高品格!東洋フライ級チャンピオンの元ボクサー!?

NHK朝ドラ「澪つくし」で、小畑兵造役を演じるのは、高品格さんです。

こちらでは、澪つくしのキャスト・高品格さんに関する情報をまとめています。

  • 高品格さんが演じる小畑兵造の役柄
  • 小畑兵造のモデル
  • 高品格さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

高品格演じる小畑兵造の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩倉 塁/Louis Iwakura(@j.p.melvelle1946)がシェアした投稿

高品格演じる小畑兵造は、醤油醸造元「入兆」で先代の頃から働いている番頭です。

「入兆」の帳場を預かる番頭小畑は、常に久兵衛に助言を与えるなど、重要な経営スタッフのひとり。

「入兆」の近代化とともに、営業部長という肩書となる。

 

小畑兵造のモデルは?

朝ドラ「澪つくし」のキャスト・高品格さんが演じる小畑兵造のモデルは、いません。

 

高品格のプロフィール

こちらでは、澪つくしのキャスト・高品格さんのプロフィールを紹介します。

名前高品格(たかしなかく)血液型
生年月日1919年2月22日身長
星座うお座出身地千葉県海上郡飯岡町

小畑兵造役を演じる高品格さんは、大正八年に千葉県で生まれました。

元々は、千葉県の漁師の息子で、1935年の16歳の時、東京高円寺にあった「東邦闘拳クラブ」に入って、プロボクサーを目指します。

東洋フライ級チャンピオンまでなりましたが、日本映画に感動し、俳優を志し、1938年の19歳の時、日活多摩川撮影所に入社します。

1939年には、「士と兵隊」で映画デビューを果たしますが、第二次世界大戦の為、応召され一時兵役の為、俳優活動を中断せざるをえませんでした。

復員後、大映を経て、1955年の36歳の時、日活に入社し、「女中ッ子」などに多数出演します。

1957年には、石原裕次郎主演「嵐を呼ぶ男」で演じたボクサー崩れの用心棒役を演じ、1984年「麻雀放浪記」では、主人公も青年に麻雀の技を教える老人役を演じ、博打の刹那的な生き方を好演します。

もともと、格闘技好きと、映画好きということもあって、俳優という職業を好きで携わっていた人物だと言えます。

麻雀がやったことがないにも関わらず、麻雀の熟練した技を教える役を演じきるなど、その役柄への適応力は、確かなものがあった俳優だと言えます。

1994年に死去

高品格さんは、1994年3月11日に心不全のため死去しています。

亡くなる前も精力的に活動されていて、4月からスタートする予定だった大河ドラマ『花の乱』の打ち合わせを終えて自宅へ向かう車の中で苦しみ、そのまま病院に運ばれますが、残念ながらその病院でお亡くなりになりました。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、澪つくしのキャスト・高品格さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「澪つくし」小畑兵造
朝ドラ「青春家族」岩井一馬
朝ドラ「君の名は」松吉
東芝日曜劇場 / 俺達に明日は来るのか塚本
悪女近江物産 相談役
長七郎天下ご免!吾兵衛
探偵物語 第17話「黒猫に罠を張れ」怪盗黒猫
特捜最前線 第157話「ドレスメーカー女学院強盗事件!」内海三郎(元刑事)
柳生あばれ旅 第15話「裏切者は女で殺せ -藤川-」米作
同心暁蘭之介斉藤典膳
鬼平犯科帳 第3シリーズ 第22話「狐火」源七
新・松平右近文蔵
長七郎江戸日記牛吉
許せない結婚田宮善三
忠臣蔵間喜兵衛
子連れ狼 第3部 第20話「そして相目見ゆる日」阿部監物
いろはの”い”大森巡査部長(モリチョウ)
新・座頭市 第2シリーズ 第12話「雨あがり」九八
ロボット刑事芝大造刑事
ファイヤーマン 第25話「帰る星なき宇宙人」松吉
映画
私は狙われている
稲妻
あにいもうと
春琴物語
坊ちゃん記者
七つボタン
あした来る人
三橋美智也のおんな船頭唄
人間魚雷出撃す
嵐を呼ぶ男
銀座旋風児
渡り鳥いつまた帰る
銀座旋風児 嵐が俺を呼んでいる
追跡
メキシコ無宿
銀座の恋の物語
二階堂卓也 銀座無頼帖 帰ってきた旋風児
憎いあンちくしょう
風が呼んでる旋風児 銀座無頼帖
にっぽん昆虫記
CM
ウイスキー「サントリーレッドエクストラ」
缶コーヒー「ジャイブ」
ポリデント
コーンフレーク

 

朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧です。

朝ドラ「澪つくし」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
古川家
古川かをる沢口靖子ヒロイン
古川るい加賀まりこかをるの実母
馬場ツエ鷲尾真知子古川家の小間使い
坂東家
坂東久兵衛津川雅彦醤油醸造元「入兆」の11代目当主
坂東千代岩本多代久兵衛の本妻
坂東律子桜田淳子長女
坂東英一郎鷲生功長男
吉武家
吉武惣吉川野太郎長男
吉武善吉安藤一夫次男
吉武とね草笛光子惣吉と善吉の実母
醤油醸造元「入兆」
梅木健作柴田恭兵手代
若林ハマ根岸季衣板東家の女中頭
ラッパの弥太郎明石家さんまお調子者の職人
小畑兵造高品格番頭
神山平六牟田悌三製造責任者
小浜敬助村田雄浩職人
水橋信吾寺泉憲律子の恋人
利根川丸の乗組員
船村源八織本順吉「利根川丸」の漁労長
かをるの親族
古川清次寺田農るいの兄
名取庄右衛門内藤武敏久兵衛の義弟
名取ぎん三ツ矢歌子久兵衛の妹
その他
河原畑仁石丸謙二郎「銚子文学」の文士
三島由岐高橋珠美子かをるの銚子高女時代の友人
鯉沼アミ高師美雪「利根川丸」の乗組員を兄に持つ娘