朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧!相関図から関係が丸分かり!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」に登場するキャストの情報をまとめています。

キャスト・出演者情報には朝ドラ「澪つくし」のネタバレも含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク
  1. 朝ドラ「澪つくし」の登場人物相関図
  2. 朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧
  3. 古川家のキャスト
    1. 沢口靖子/古川かをる(ふるかわかをる)
    2. 加賀まりこ/古川るい(ふるかわるい)
    3. 鷲尾真知子/馬場ツエ(ばばつえ)
  4. 坂東家のキャスト
    1. 津川雅彦/坂東久兵衛(ばんどうきゅうべえ)
    2. 岩本多代/坂東千代(ばんどうちよ)
    3. 桜田淳子/坂東律子(ばんどうりつこ)
    4. 鷲生功/坂東英一郎(ばんどうえいいちろう)
  5. 吉武家のキャスト
    1. 川野太郎/吉武惣吉(よしたけそうきち)
    2. 安藤一夫/吉武善吉(よしたけぜんきち)
    3. 草笛光子/吉武とね(よしたけとね)
    4. 飯沼慧/吉武文吉(よしたけぶんきち)
  6. 醤油醸造元「入兆」のキャスト
    1. 柴田恭兵/梅木健作(うめきけんさく)
    2. 根岸季衣/若林ハマ(わかばやしはま)
    3. 明石家さんま/ラッパの弥太郎(らっぱのやたろう)
    4. 高品格/小畑兵造(おばたへいぞう)
    5. 牟田悌三/神山平六(かみやまへいろく)
    6. 村田雄浩/小浜敬助(こはまけいすけ)
    7. 寺泉憲/水橋信吾(みずはししんご)
  7. 利根川丸の乗組員のキャスト
    1. 織本順吉/船村源八(ふなむらげんぱち)
  8. かをるの親族のキャスト
    1. 寺田農/古川清次(ふるかわせいじ)
    2. 内藤武敏/名取庄右衛門(なとりしょうえもん)
    3. 三ツ矢歌子/名取ぎん(なとりぎん)
  9. その他のキャスト
    1. 石丸謙二郎/河原畑仁(かわらばたひとし)
    2. 高橋珠美子/三島由岐(みしまゆき)
    3. 高師美雪/鯉沼アミ(こいぬまあみ)

朝ドラ「澪つくし」の登場人物相関図

こちらが、朝ドラ「澪つくし」に登場する人物の相関図です。

大きく分けると、ヒロイン・古川かをるの「古川家」と吉武惣吉の「吉武家」に分かれます。

各週ごとの相関図を確認したい方は「朝ドラ『澪つくし』の各週ごとの相関図まとめ」で詳しくまとめています。

朝ドラ「澪つくし」の相関図

朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「澪つくし」のキャスト一覧です。

名前をクリックすると、キャスト情報へ移動します。

 

朝ドラ「澪つくし」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
古川家
古川かをる
(吉武かをる)
(梅木かをる)
沢口靖子ヒロイン
古川るい
(坂東るい)
加賀まりこかをるの実母
馬場ツエ鷲尾真知子古川家の小間使い
坂東家
坂東久兵衛津川雅彦醤油醸造元「入兆」の11代目当主
坂東千代岩本多代久兵衛の本妻
坂東律子
(小浜律子)
桜田淳子長女
坂東英一郎鷲生功長男
吉武家
吉武惣吉川野太郎長男
吉武善吉安藤一夫次男
吉武とね草笛光子惣吉と善吉の実母
吉武文吉飯沼慧惣吉と善吉の実父
醤油醸造元「入兆」
梅木健作柴田恭兵手代
若林ハマ
(真鍋ハマ)
根岸季衣板東家の女中頭
ラッパの弥太郎明石家さんまお調子者の職人
小畑兵造高品格番頭
神山平六牟田悌三製造責任者
小浜敬助村田雄浩職人
水橋信吾寺泉憲律子の恋人
利根川丸の乗組員
船村源八織本順吉「利根川丸」の漁労長
かをるの親族
古川清次寺田農るいの兄
名取庄右衛門内藤武敏久兵衛の義弟
名取ぎん三ツ矢歌子久兵衛の妹
その他
河原畑仁石丸謙二郎「銚子文学」の文士
三島由岐高橋珠美子かをるの銚子高女時代の友人
鯉沼アミ高師美雪「利根川丸」の乗組員を兄に持つ娘

古川家のキャスト

古川家は、ヒロイン・古川かをると、その母・るい、古川家の小間使いの馬場ツエの3人暮らしをしています。

沢口靖子/古川かをる(ふるかわかをる)

澪つくしのキャスト・沢口靖子演じる古川かをるは、醤油醸造元「入兆」当主の妾の子として生まれました。

父は、「入兆」の11代目当主・坂東久兵衛で、母・古川るいは、「入兆」の小間使いをしていました。

久兵衛が用意した家に母・るいとともに過ごしていたかをるは、学校を卒業すると同時に、久兵衛が自分の子として認知し、「入兆」の娘として、扱われるようになります。

かをるは、外川漁港の浜辺で油絵のモデルをしているときに出会った漁師の息子・吉武惣吉に淡いときめきを感じていましたが、「入兆」の娘として、父が持ってきた縁談で嫁ぐ運命が決まっていました。

惣吉もまた、かをるに想いを寄せているのですが、『陸者』と『海者』の対立で大きな壁にぶち当たることに。

一時期は自分の運命とあきらめ縁談を了承してたかをるは、周囲の反対を押し切って、惣吉への純愛を貫こうとします。

さまざまな古いしきたりや、幾多の困難を乗り越えて生き抜く主人公です。

加賀まりこ/古川るい(ふるかわるい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

amarillo(@orangemechanic79)がシェアした投稿


澪つくしのキャスト・加賀まりこ演じる古川るいは、かをるの実の母で、元々は醤油醸造元「入兆」の小間使いでした。久兵衛の妾として娘を大切に育てます。

久兵衛だけでなく、病床に臥せている本妻の千代にも献身的に尽くす女性で、娘・かをるの良き理解者でもあります。

千代が亡くなってからは「入兆」の本宅に入ることになり、時代の嵐の中で揺れ動く醤油醸造元「入兆」の土台を支え続け、久兵衛と運命をともにします。

鷲尾真知子/馬場ツエ(ばばつえ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

時代劇専門チャンネル【公式】(@jidaigekich)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・鷲尾真知子演じる馬場ツエは、古川家に住み込みで働く小間使いです。

吉川家の女中で、かをるが「入兆」に入ったあとも付き人として入りますが、女中頭のハマとはなにかと対立します。

そして、かをるが外川へ嫁ぐときも、行動をともにします。

坂東家のキャスト

坂東家は、久兵衛を家長とした4人家族です。

津川雅彦/坂東久兵衛(ばんどうきゅうべえ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

DIJのピストル(@dijpistor)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・津川雅彦演じる坂東久兵衛は、坂東家の家長でり、「入兆」の11代目当主でもあります。

代々続く老舗の醤油醸造元ですが、不況の中、経営をとりしきる一方で、妾の子・かをるを本宅へ引き取って認知し、本妻・千代との間に生まれた律子や英一郎と同じように育てようとします。

律子とかをるの幸せを願ってなんとか嫁に出したいと何度も見合いをさせますが、ことごとくダメになる苦悩することも。

岩本多代/坂東千代(ばんどうちよ)

澪つくしのキャスト・岩本多代演じる坂東千代は、久兵衛の本妻で、律子と英一郎の実母になります。

妾のるいやかをるに対しても優しく接する懐の大きな女性で、病弱で、和歌山から銚子に来たときに、妾のるいに世話係をお願いします。

るいに対して理解ある態度で接しますが、心の奥底では、強い嫉妬心をもっており、久兵衛にそのことを吐露し、るいを後妻にしないでほしいとお願いすることも。

桜田淳子/坂東律子(ばんどうりつこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿

 

澪つくしのキャスト・桜田淳子演じる坂東律子は、坂東家の長女で、かをるの異母姉にあたります。

実母は、久兵衛の正妻千代です。

気まぐれな性格で、久兵衛達をいつも悩ませます。

代々続く醤油屋の娘だけあって、当時としては珍しい女子大生で大学をでており、叔母が勧めた見合い話をけとばしたりと、やりたい放題。

そんな律子に父・久兵衛はいつも悩まされていました。

当時としては、新しい思想の持ち主で、ちうも老舗の娘としての地位に反発し、事件を起こすことも。

鷲生功/坂東英一郎(ばんどうえいいちろう)

澪つくしのキャスト・鷲生功演じる坂東英一郎は、坂東家の長男で、かをるの異母弟にあたります。

温厚な性格でかをるの良き理解者でもあります。

かをると母親達いの弟・英一郎は、姉思いで常にかをるの味方になってくれる存在です。

吉武家のキャスト

吉武家は、とね・文吉と二人の息子たちの4人家族です。

川野太郎/吉武惣吉(よしたけそうきち)

 

↑真ん中が川野太郎さん

澪つくしのキャスト・川野太郎演じる吉武惣吉は、外川の網元・吉武家の長男で、浜辺で偶然かをると出会います。

銚子外川港の船主吉武家の長男として、漁師たちをひっぱっていく、りりしくたくましい青年です。

安藤一夫/吉武善吉(よしたけぜんきち)

澪つくしのキャスト・安藤一夫演じる吉武善吉はは、吉武家の次男です。

家族思いで、やさしい性格をしており、兄・惣吉とかをるの間を取り持つキューピット役をすることも。

善吉自身も漁師の兄を持つ鯉沼アミに恋心をいだいており、アミも善吉に好意を寄せていますが、アミの兄が事故で亡くなってしまいます。

草笛光子/吉武とね(よしたけとね)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hirohito_Nakanishi_photography(@hirohito_nakanishi_photography)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・草笛光子演じる吉武とねは、惣吉と善吉の母です。

「利根川丸」船主吉武家の女親方で、寝たきりの亭主に代わって、漁師達を取り仕切ります。

漁師には、荒くれ男が多く、それをたばねる女親方が、とねは言葉は強いけれども根は優しい女性です。

飯沼慧/吉武文吉(よしたけぶんきち)

澪つくしのキャスト・飯沼慧演じる吉武文吉は、惣吉と善吉の父です。

寝たきり生活を送っています。

醤油醸造元「入兆」のキャスト

醤油醸造元「入兆」は、代々続く老舗の醤油醸造元です。

柴田恭兵/梅木健作(うめきけんさく)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヨシノブ(@yoshinobu_age46)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・柴田恭兵演じる梅木健作は、幼い頃に久兵衛に拾われ、常に久兵衛の腹心として仕える手代です。

「入兆」経営にも加わり、久兵衛から助言を求められることもある有能で寡黙な男でもあります。

そんな健作は、かをるに密かに思いを寄せており、かをるが結婚すると一時期酒をあおることも。

惣吉が遭難した後、かをるの花婿候補としてクローズアップされるようになっていきます。

根岸季衣/若林ハマ(わかばやしはま)

澪つくしのキャスト・根岸季衣演じる若林ハマは、板東家の女中頭で、るいやかをるのことをあまりよく思っていません。

かをるが「入兆」にやってきたときは、「入兆」のしきたりを習得させるために、厳しく躾けますが、姉の女中をさせたことで、久兵衛を激怒させることも。

伝統ある老舗を支える裏方としてのわきまえを身につけており、周りからは厳しい人物に見えますが、それだけ「入兆」に尽くしてきた人物でもあります。

明石家さんま/ラッパの弥太郎(らっぱのやたろう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

兯∣ժ̅₹˝ ᓓ̸ᐠན˝ƱƷ(@dirty_old_man_kazu)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・明石家さんま演じるラッパの弥太郎は、関西から流れてきたお調子者の職人で、縁あって「入兆」で働きます。

ひょんな縁から「入兆」の工場へ入り込んで来た弥太郎は、そのひょうきんな性格ゆえ、いろいろ問題を起こしながらも憎めない男です。

久兵衛の将棋の相手を務め、大事にされながらも、女中の早苗に思いを寄せるあまり、夜這いをかけて失敗、「入兆」を追い出されるハメに。

外川に逃げのびた弥太郎は、かをるに助けを求め、漁師となります。

高品格/小畑兵造(おばたへいぞう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩倉 塁/Louis Iwakura(@j.p.melvelle1946)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・高品格演じる小畑兵造は、醤油醸造元「入兆」で先代の頃から働いている番頭です。

小畑は、いつも入兆の経営について考え、の帳場を預かる番頭として久兵衛に助言をします。

久兵衛の信頼も厚く、梅木とともに「入兆」を支える重要人物です。

牟田悌三/神山平六(かみやまへいろく)

澪つくしのキャスト・牟田悌三演じる神山平六は、醤油醸造元「入兆」の製造責任者で、職人たちのまとめ役でもあります。時には番頭の小畑と衝突するときもあります。

数多い蔵人の頭として、醸造現場の一切をとりしきっている杜氏で、荒くれの集まった「広敷」の男たちも頭として恐れながらも、尊敬される人物です。

やがて、入兆も近代化していくと製造部長という肩書になります。

牟田悌三さんのプロフィール

名前牟田悌三(むたていぞう)血液型
生年月日1928年10月3日身長
星座てんびん座出身地東京都

澪つくしのキャスト・牟田悌三さんは、昭和三年生まれで、東京都出身の俳優さんです。

劇団テアトル・エコーの創設メンバーでもあります。

『3年B組金八先生』第1シリーズで杉田かおる演じる浅井雪乃の鬼父・正太役を演じて話題にもなりました。

村田雄浩/小浜敬助(こはまけいすけ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちちんぷいぷい(@puipui_mbs)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・村田雄浩演じる小浜敬助は、「入兆」の職人のひとりで貧農のせがれです。

身分の差に苦しみながらも当主の娘・律子に思いを寄せています。

水橋が入兆にやってきたとき、自分たちが立ち上がれば平等になり、豊かになると説きふされ心酔していきます。

しかし、水橋と律子が恋仲だと分かると、水橋を殴り大騒動に発展します。

寺泉憲/水橋信吾(みずはししんご)

 

この投稿をInstagramで見る

 

カルム モフモフなトイプードル🐩(@calme0422)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・寺泉憲演じる水橋信吾は、律子の大学時代からの恋人で、革新運動家として活動しています。

「入兆」にやってきた水橋は、雇って欲しいとお願いして、真面目に働き始めます。

しかし、ある夜、律子と逢引きをしていたのが、かをるにばれることに。

 

利根川丸の乗組員のキャスト

利根川丸は、吉武家は所有する船です。

織本順吉/船村源八(ふなむらげんぱち)

澪つくしのキャスト・織本順吉演じる船村源八は、吉武家が所有する「利根川丸」の漁労長です。

織本順吉さんのプロフィール

名前織本順吉(おりもとじゅんきち)血液型B型
生年月日1927年2月9日身長174cm
星座みずがめ座出身地神奈川県横浜市

澪つくしのキャスト・織本順吉さんは、電機会社に就職後、1949年に新協劇団へ入団して、舞台『破戒』で舞台デビューを果たしています。

朝ドラ『澪つくし』にキャスティングされたことで全国に顔が知られることになった俳優さんでもあります。

かをるの親族のキャスト

かをるの親族には、母方の伯父と父方の叔母がいます。

寺田農/古川清次(ふるかわせいじ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ニッポニア ニッポン(@nipponia_movie)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・寺田農演じる古川清次は、るいの兄でかをるの伯父に当たります。

らっぱの弥太郎にも劣らぬお調子者ですが、妹のるいや、姪のかをるの心配をいつもしている樽職人でもあります。

醤油屋「入兆」にも樽を卸しており、繋がりもともて深い人物です。

内藤武敏/名取庄右衛門(なとりしょうえもん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Y(@t_movie7)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・内藤武敏演じる名取庄右衛門は、銚子の高神村村長で、名取ぎんの夫です。

ヒロイン・古川かをるの叔母が名取ぎんで、名取庄右衛門はかをるにとって、叔父さんに当たる人物です。

ぎんとともにかをるの縁談を世話することもありました。

しかし、惣吉と相思相愛のかをるの気持を察して、姉の律子が縁談を反故にしてしまいます。

そのことで、面目丸つぶれの名取庄右衛門は怒り、久兵衛にもあたりますが、帰ってくれと言われ、そのまま帰っていきました。

かをるが惣吉と結婚してから、役場の使途不明金が見つかると、村長の名取庄右衛門は大きな窮地に陥ります。

三ツ矢歌子/名取ぎん(なとりぎん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoshi Iwase(@satoshiiwase)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・三ツ矢歌子演じる名取ぎんは、久兵衛の妹で、高神村村長・名取庄右衛門の妻です。

気位は高く、姪たちの縁談を積極的に推し進めていく世話好きな女性でもあります。

はじめに久兵衛の長女・律子の縁談話を持ってきたときは、律子が見合い相手の前で、タバコを吸うわ、政治的な発言をするわで相手を怒らせ、ご破算になりました。

次に次女・かをるの縁談話を持ってきたとは、佐原にある「入兆」と同業の醤油屋の息子との縁談を積極的に推し進めていきます。

見合い自体はうまくいき、結納をする日もこぎつけたのですが、惣吉と相思相愛のかをるの気持を察して、姉の律子が縁談を反故にしてしまいます。

その他のキャスト

その他のキャストの中から重要人物をピックアップしています。

石丸謙二郎/河原畑仁(かわらばたひとし)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】記憶(@kioku_drama)がシェアした投稿

澪つくしのキャスト・石丸謙二郎演じる河原畑仁は、「銚子文学」の文士です。

本業での才能にはあまり恵まれていませんでしたが、口は達者な人物です。

ある日、入兆にいった際に、律子を紹介され、その後も何度か会ううちに、律子のことが好きになってしまいます。

ただ、その気持ちを内に秘めようとはせずに、積極的にアプローチするタイプで、律子の母・千代が入院した際には、律子が病院に現れるだろうという考えで、わざわざ病院で見張る始末。

律子が小説を書いたときは、気を引くためにわざと怒られるようなことをいいますが、まったく相手にされません。

高橋珠美子/三島由岐(みしまゆき)

澪つくしのキャスト・高橋珠美子演じる三島由岐は、かをるの銚子高女時代の友人。恋愛に憧れる好奇心旺盛な薬屋の娘。

銚子高女でかをると同級の由岐は、かをるの親友のひとりです。

やがて銚子の歯科医と見合いをし、その妻となるが、かをるとはともに熱い胸のうちを語り合い、末永くつき合いをつづけていきます。

高橋珠美子さんのプロフィール

名前高橋珠美子(たかはしたまみこ)血液型
生年月日1962年身長162cm
星座出身地東京都

澪つくしのキャスト・高橋珠美子さんは、昭和三十七年生まれで、東京都出身の女優さんです。

四歳からクラシックバレエをはじめ、貝谷バレエ団の団員でもあります。

高師美雪/鯉沼アミ(こいぬまあみ)

澪つくしのキャスト・高師美雪演じる鯉沼アミは、「利根川丸」の乗組員を兄に持つ外川の浜の娘です。

惣吉の起居する吉武家の手伝いをし、善吉とは相思相愛の仲です。

兄を事故で失い、家族は離散し、家の借金のために自ら松岸の遊郭に身を沈めることとなります。

高師美雪さんのプロフィール

名前高師美雪(たかしみゆき)血液型
生年月日1963年2月7日身長
星座みずがめ座出身地神奈川県

澪つくしのキャスト・高師美雪さんは、昭和三十八年生まれで、神奈川県出身の女優さんです。

高校卒業後は、豊島園遊園地「スペースボックス」で、ミュージカルヒロインとして活躍していました。