『エール』関内吟役は松井玲奈!鉄道オタクで小説家!?

NHK朝ドラ「エール」で、関内吟役を演じるのは、松井玲奈さんです。

こちらでは、エールのキャスト・松井玲奈さんに関する情報をまとめています。

  • 松井玲奈さんが演じる関内吟の役柄
  • 関内吟のモデル
  • 松井玲奈さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

松井玲奈演じる関内吟の役柄は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

松井玲奈(@renamatui27)がシェアした投稿

 

エールのキャスト・松井玲奈演じる関内吟は、豊橋市にて馬具を手がける家庭の長女として生まれます。

関内家は三姉妹で、次女の音、三女の梅がいます。

小さいころから歌手を目指す次女の音と、小説家を目指す三女の梅とは正反対で、幸せな結婚を夢見ているどこまでも女性らしい女性です。

素敵なお嫁さんになるために様々な努力をしますが、その反面パワフルで元気な一面もあり、音や梅とはよくにぎやかに喧嘩をしたり、女性ならではのトークを繰り広げます。

音が東京の音楽学校に進学する際に、一緒に上京し、結婚相手を見つけるため見合いをします。

そんな中知り合ったのが、夫となる鏑木智彦です。

鏑木は職業軍人で、関内家の婿養子となる条件を飲み、関内智彦として吟を結婚しました。

結婚後は、軍人ということもあり亭主関白な面もありますが、戦後は闇市のラーメン屋台で働き、関内吟は、夫の新たな一歩を静かに見守ります。

関内吟のモデルは?

関内吟のモデルは、古関金子さんの姉・内山富子さん、内山清子さんのどちらか

朝ドラ「エール」のキャスト・松井玲奈さんが演じる関内吟のモデルは、古関金子さんの姉・内山富子さん、内山清子さんのどちらかです。

古関金子さんは、関内音のモデルにあたる人物で、二人のお姉さんがいます。

それが、内山富子さんと内山清子さんで、関内吟のモデルに該当しますが、詳細は分かっていません。

そういう意味では、朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターの可能性が高いといえます。

松井玲奈さんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・松井玲奈さんのプロフィールを紹介します。

名前松井玲奈(まついれな)血液型O型
生年月日1991年7月27日身長162cm
星座しし座出身地愛知県

関内吟役を演じる松井玲奈さんは、愛知県出身で、過去にはSKE48と乃木坂46に所属してアイドル活動をしていました。

中学生の時に、テレビでAKB48を観てアイドルに興味を持ち、新しく名古屋にSKE48が結成されると知り、2008年にそのオーディションを受け、合格しています。

アイドルになってからは、SKE48の選抜メンバーとなって活躍し、今のSKE48の人気を築いた立役者でもあることで知られています。

同じ1期生の松井珠理奈さんとW松井と呼ばれて、SKE48内だけでなくAKB48の選抜メンバー入りをした経験も数多くあります。

48グループの総選挙で上位に入るなど、アイドルとしてトップクラスの人気を得ていましたが、2015年にグループを卒業しました。

SKE48を卒業した後は、その活躍の幅を舞台やドラマ、映画などに広げ、女優として活動しています。

また、地元・豊橋市の大使などもしています。

女優

大人気ドラマ「ブラックスキャンダル」では、その鬼気迫る演技に注目が集まり、元アイドルとは思えないとネットでも大きな話題となりました。

さらに「わたし旦那をシェアしてた」でもその演技力を発揮し、映画「海月姫」では今までとは真逆のオタク役を演じるなど、幅広い配役をこなしています。

朝ドラの出演も今回が初めてではなく、主人公の女学校時代の親友役を演じた経験があります。

当時は役作りのために麺をすする練習をしたなど、エピソードからも女優のプロ根性を感じさせますよね。

鉄道オタクで小説家

最近は清純派女優として有名となっていますが、実は鉄道オタクであることでも知られています。

そのマニアっぷりは確かなもので、バラエティーでその愛を語っている姿は、まさに本物だと言われています。

アイドル時代から数多くのバラエティに出演しているというだけあってエピソードトークも上手だと言われているので、これからタレントとしても活動の幅をどんどん広げていきそうですよね。

鉄道だけでなくアニメオタクであるということがアイドル時代からファンの間で有名となっていることから、好きなことはとことん突き詰める性格だという事がよくわかります。

そして実は最近小説家デビューしたということでも、大きな話題を呼びました。

映画やドラマ、バラエティーだけでなく、小説家までこなすなんて、本当にマルチな才能の持ち主だという事が分かります。

朝ドラ「エール」

久しぶりに男性が主役をつとめていることでも話題となっている朝ドラ「エール」ですが、ヒロイン・音が育った関内家の面々はそれぞれがユニークで明るいキャラクターだということで注目されています。

そんな関内家のユニークなキャラクターの一人が音の姉にあたる関内吟で、吟を演じているのが女優の松井玲奈さんです。

関内吟は清楚な印象の女性なので、松井玲奈さんが演じるにはピッタリの配役であることは間違いありません。

これから吟が音の人生にどのように影響を及ぼしていくのか、またそんな重要な役がどのように演じられていくのか、これから国民的女優としてもっと活躍の幅を広げる松井玲奈さんから目が離せません。

所属事務所は「Grick」

松井玲奈さんの所属事務所は、Grickで、畑野ひろ子さんや平野綾さん、鈴木ちなみさんなどが在籍しています。

もともとはAKS(現在は株式会社Vernalossom)という芸能事務所に在籍していましたが、2012年にGrickへ移籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・松井玲奈さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「まんぷく」鹿野敏子
朝ドラ「エール」関内吟
佐藤二朗と斎藤工が行きたくない街No.1名古屋のドラマに出演するにあたり色々考えてみた松井玲奈(本人)
シャーロック アントールドストーリーズ 第1話水野麻里
明日すべてわかるから~失踪彼女~梨紗
磯野家の人々~20年後のサザエさん~早川
ドラマ24 浦安鉄筋家族麻岡ゆみ
ブラックスキャンダル阿久津唯菜
必殺仕事人2019雉子島ほのか
女の機嫌の直し方北澤茉莉
都立水商! ~令和~乾千花
わたし旦那をシェアしてた 第3話沢野絵里
放送博物館危機一髪佐蔵のぞみ
刑事バレリーノ古森杏子
ニーチェ先生塩山楓
フラジャイル 第3話 – 最終話火箱直美
初恋芸人市川理沙
神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎南雲凪
雲霧仁左衛門3 第3回おさき
小河ドラマ 織田信長ドラマディレクター太田
映画
gift山根沙織
はらはらなのか。リナ
笑う招き猫アカコ
めがみさま佐倉理華
劇場版 仮面ライダービルド Be The One才賀涼香 / シザーズロストスマッシュ
輪違屋糸里吉栄
女の機嫌の直し方北澤茉莉
今日も嫌がらせ弁当持丸若葉
21世紀の女の子
舞台
16人のプリンシパル trois
マジすか学園 ~京都・血風修学旅行~ゲキカラ
新・幕末純情伝沖田総司
ベター・ハーフ平澤遙香
24番地の桜の園アーニャ
ラヴ・レターズ ~青井陽治追悼公演~メリッサ
神の子どもたちはみな踊る after the quake小夜子
本多劇場グループ next「DISTANCE-TOUR-」夏間麗
CM・広告
野菜一日これ一本野菜シスターズ・セロリ
ぷっちょ「AKB48ちょ」のメンバー
Xbox 360『Kinect』
中京競馬場『行くね』篇・『来ました』篇
ジャーマンクレイ無添加オーガニック
キングダムハーツ アンチェインドキー
第93回箱根駅伝用オリジナルCM年始特別バージョン「第93回箱根駅伝 届けたい言葉篇 本大会」

 

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者