朝ドラ「エール」関内安隆役は光石研

NHK朝ドラ「エール」で、関内安隆役を演じるのは、光石研さんです。

こちらでは、エールのキャスト・光石研さんに関する情報をまとめています。

  • 光石研さんが演じる関内安隆の役柄
  • 関内安隆のモデル
  • 光石研さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

光石研演じる関内安隆の役柄は?

この投稿をInstagramで見る

 

光石研(@kenmitsuishi_official)がシェアした投稿

エールのキャスト・光石研演じる関内安隆は、関内音の父で、主に軍に納品する馬具を製造販売する会社を経営しています。

 

関内安隆は「エール」のヒロインである関内音の父です。

軍に対して馬具を納品する会社を経営しており、職人たちからの信頼も厚い役どころです。

関内安隆には三人の娘がいて、娘からも好かれています。

音が歌に興味を持っていることにいち早く気づき、教会での過少に参加できるように計らいました。

妻との関係性も良く、明るい家庭を築いています。

非常に優しい性格であり、たとえ自分の子供でなくても体を張って守ろうとします。

軍部に馬具を納品する仕事をしていることから収入も基本的には安定していて、娘に楽器を弾かせることが出来ていました。

それが音に音楽への興味を抱かせることにも繋がっています。

音も父である安隆のことを信頼しており、事あるごとに二人で外出していました。

温かい家庭を築いていた安隆ですが、小さな子供を守ろうとした際に交通事故に遭い、帰らぬ人となってしまいます。

この安隆の死が音の人生に大きな影響を与えることになります。

安隆の死後、会社は危機的状況となり、関内家に大きなピンチが訪れました。

軍から契約を解消されてしまう危機に陥りますが、安隆は家族が決して不利にならないように解約条件を設定したことがのちに分かり、これが家族を救うことになります。

安隆を失い、悲しみに暮れる関内家ではありますが、安隆が遺してくれた様々なものを大切に前に進んでいきます。

関内安隆の優しい性格や気遣いの出来る正確はまさに光石さんとマッチしており、ぴったりの役どころといえるでしょう。

物語の序盤で出番がなくなってしまいますが、その影響力は中盤から終盤にかけても残り続けます。

妻や子供たちとの関係性が特に重要であり、温かい雰囲気を醸し出しています。関内家を描く上で欠かせないキーパーソンといえます。

特に教会でのシーンは何度も回想されるほど重要となっていて、今後のストーリーの布石ともなっています。

妻である光子との会話のシーンもエールの見どころの1つです。

 

関内安隆のモデルは?

朝ドラ「エール」のキャスト・光石研さんが演じる関内安隆のモデルは、古関金子さんの父・内山安蔵さんです。

光石研のプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・光石研さんのプロフィールを紹介します。

名前光石研(みついしけん)血液型A型
生年月日1961年9月26日身長173cm
星座てんびん座出身地福岡県

関内安隆役を演じる光石研さんは、出身で、

関内安隆役・キャストの光石研さんは、福岡県出身で、多くのドラマに出演されています。

光石研は岡山県津山市生まれで、県立岡山商業高校を卒業しています。

19歳で上京して劇団民藝に入団し、舞台で演技の腕を磨くと同時に数々の映画にエキストラとして出演していました。

31歳の時、竹中直人氏が監督を務めた「完全なる飼育」で初主演を果たし、日本アカデミー賞新人賞を獲得しました。

空手2段の腕前で、刑事ドラマや特撮ドラマで披露をするアクションはスタントマンを使わないというこだわりを持っている肉体派俳優です。

 

エールの関内安隆を演じているのは光石研さんです。

光石さんは高校在学中の16歳の頃に「博多っ子純情」の主役に抜擢され、その後も活躍をしている著名なベテラン俳優の1人となっています。

華々しいデビューを飾った光石さんでしたが、20代の頃は仕事がやや少なく事務所の先輩のバーターでの出演が収入の大きな割合を占めていました。

30代半ばで「ピーター・グリーナウェイの枕草子」という作品に出演し、それ以降は様々な新鋭の映画監督の作品に出演するようになります。

事務所の先輩である緒形拳さんと共演することが多く、そのことが光石さんの俳優人生の大きな影響を与えました。

1998年にはテレンス・マリック監督の映画である「シン・レッド・ライン」でハリウッドデビューも果たしています。

2011年には「あぜ道のダンディ」でデビュー以来33年ぶりとなる映画主演を務め、このあたりからおっとりとした中年男性役のイメージを確立しました。

2019年には「デザイナー渋井直人の休日」で連続ドラマ単独主演を務めるなど、活躍の機会をどんどんと増やしています。

基本的には穏やかな中年男性役を務めることが多いものの、多様なキャラクターを演じられる俳優として知られており、主役から脇役まで幅広く起用されていることも特徴です。

光石さんはかつて煙草を吸っていましたが、その煙草をやめてからはマラソンを始めています。

地元である北九州市の北九州マラソンにゲストランナーとして参加した際には、フルマラソンの完走を達成しました。

近年では主演や準主演での出演も増えている光石さんですが、2000年代の頃には邦画の助演として活躍することが多かったです。

2007年には助演として12本の邦画に出演し、助演出演ランキングの1位を獲得しています。

その穏やかな印象から日用品や食品のコマーシャルに起用されることも多く、活躍の幅が一層広がっていることも特徴です。

朗読劇に参加したこともあります。

所属事務所は「鈍牛倶楽部」

光石研さんの所属事務所は、株式会社鈍牛俱楽部で、オダギリ ジョーさんや田中哲司さん、尾上寛之さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・光石研さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝(子役:石田星空古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治
古山まさ菊池桃子古関ヒサ
古山浩二佐久本宝(子役:潤浩古関弘之
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平伯父
権藤源蔵森山周一郎祖父
権藤八重三田和代祖母
関内家
関内音二階堂ふみ(子役:清水香帆古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ
関内吟松井玲奈(子役:本間叶愛
関内梅森七菜(子役:新津ちせ
裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎(子役:山口太幹伊藤久男友達
村野鉄男中村蒼(子役:込江大牙野村俊夫友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉番頭
桑田博人清水伸店員
及川志津雄田中偉登店員
川俣銀行
落合吾郎相島一之支店長
鈴木廉平松尾諭行員
菊池昌子堀内敬子事務
松坂寛太望月歩行員
裕一の恋?の相手
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
レコード会社「コロンブスレコード」
廿日市誉古田新太ディレクター
木枯正人野田洋次郎作曲家
杉山あかね加弥乃秘書
喫茶バンブー
梶取 保野間口徹 店主
梶取 恵仲里依紗 店主
早稲田大学応援部
田中 隆三浦貴大早稲田大学応援部五代目団長
裕一と関わる歌手
藤丸井上希美芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人歌手
東京帝国音楽学校
夏目千鶴子小南満佑子音の良きライバル