朝ドラ「エール」双浦環役は柴咲コウ

NHK朝ドラ「エール」の双浦環役は柴咲コウさんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」双浦環の役柄

双浦環は実在する人物がモデルになっています。

三浦環という日本で初めてのオペラ歌手として活躍した女性です。

日本人で初めての国際プリマドンナであり、オペラの主役でもある女子歌手として活躍された方です。

30歳の時にロンドンでデビューをし、蝶々夫人が初公演だそうです。

海外において2000回公演を行い、オペラハウスを20年間もの間沸かせた、相当な実力者でした。

東京音楽進学の条件のために、陸軍の医正と結婚をし、世界に向かって夢を叶えたのです。

女性が活躍することが難しい当時は、相当大変だったのではないでしょうか。

そんな立派な女性がモデルとなっている双浦環役は、言動もはっきりとしており、生き生きと柴咲コウさんが演じていました。

双浦環の性格は、自分の夢のためなら努力を惜しまないという人物で、自分に憧れる少女にもどうしたら自分のようになれるかをアドバイスしてくれる優しい性格です。

柴咲コウさんは実在モデルの三浦環さんの資料もしっかりと見てから、役に挑んだそうです。

ドラマで歌い上げたオペラも相当練習をして、本番を迎えたのではないでしょうか。

エールでは、協会で琴を演奏することになっていた音でしたが、学芸会でお爺さん役に当たってしまい、不貞腐れてしまい、琴の演奏に穴を開けてしまったのです。

そこで双浦環の歌声を聞き、自分もあんな素敵な歌を歌う歌手になりたいと憧れを抱きます。

父親がやらずに後悔するよりもやって後悔する方がいいと、音の背中を押し、音の手を引いて環に声をかけるのでした。

環は、私のようになりたいと音に尋ね、自分のようになりたかったら絶対に舞台に穴を開けては駄目と諭す姿もプロ意識を感じられ、胸に響くものがありました。

双浦環という人物は、プロの音楽家としての意識も相当高い人物だったのでしょう。

最後に環は音に自分の歌っているオペラのレコードを、渡すシーンはとても印象的でした。

あの時、父親が娘の手を引き、彼女に声をかけなければ、こうした縁は生まれなかったでしょう。

 

双浦環のモデルは?

 

柴咲コウのプロフィール

NHKの朝の連ドラで柴咲コウ演じる双浦環は、ヒロイン音が幼少期に出会い、そして歌手になることを決意させた重要な役柄です。

柴咲コウ演じる双浦環は一度だけの出演でしたが、世界的なオペラ歌手で協会の人々の前でオペラを歌うという重要な役どころでした。

真っ白なドレスに身を包み、見事にオペラを歌いあげたその姿に、思わずうっとりとされた方も多いのではないでしょうか。

なんとこの歌声は吹替なしで、本人自らが歌っているのですごいと思われた方もいるはずです。

柴咲コウさんは1981年8月5日生まれで、現在は歌手でもあり実業家でもあります。デビューしたきっかけは、池袋のサンシャインシティを歩いている時に、偶然プロモーション事務所からスカウトされました。

当時は高校受験も控えていたため、芸能界入りを父親に反対されていました。

そのため、その時は断念せざるを得ませんでした。しかし芸能界の夢を諦めることが出来なかったため、事務所に入り、16歳で芸能活動を始めたのです。

CMやモデル、映画やドラマなどで活躍をし、第25回日本アカデミー賞など数々の賞を受賞していますので、女優としてもかなりの実力の持ち主だといえるでしょう。

2002年度には歌手としてデビューもしています。映画黄泉がえりでは、主題歌でもある月のしずくを歌い、作詞も手掛けていますのでかなりの実力者です。

歌も声楽の基礎から学んでいますので、努力家な人物なのでしょう。

2008年に初のベストアルバムを出したのですが、オリコン初登場1位を獲得しています。

女優や歌手としても成功している彼女ですが、実は実業家でも成功しています。

プライベートでは、19歳の時、母親を乳がんで亡くしており、かなり苦労されたようです。

そのため現在は衣食住をテーマにした会社を設立し、健康食品なども作っています。

敏腕社長としても成功を治めていますので、普段の姿は頭がよくかなりの切れ者なのでしょう。.

柴咲コウはアーティストとしてデビュー。映画黄泉がえりで、死者としての演技が高評価されて、様々なドラマで活躍するようになりました。柴咲コウはバラエティーでも引っ張りだこになりました。実力派であるため、作詞活動にも良い影響を与えて、ファン以外にも魅了される人が多く存在します。スターダストプロモーションに所属しており、実業家の肩書きもあります。本名は非公開になっていますが、幅広い分野で活動する芸能人です。