『エール』双浦環役は柴咲コウ!芸能界入りは母の治療費のため!?

NHK朝ドラ「エール」で、双浦環役を演じるのは、柴咲コウさんです。

こちらでは、エールのキャスト・柴咲コウさんに関する情報をまとめています。

  • 柴咲コウさんが演じる双浦環の役柄
  • 双浦環のモデル
  • 柴咲コウさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

柴咲コウ演じる双浦環の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿


エールのキャスト・柴咲コウ演じる双浦環は、世界的なオペラ歌手です。

教会で琴を演奏することになっていた音が遅れてくると、そこで双浦環の歌声をはじめて聴きます。

父の安隆と二人その歌にうっとりとなり、自分もあんな素敵な歌を歌う歌手になりたいと憧れを抱きます。

そして、父親がやらずに後悔するよりもやって後悔する方がいいと、音の背中を押し、音の手を引いて環に声をかけました。

環は、私のようになりたいと音に尋ね、自分のようになりたかったら絶対に舞台に穴を開けては駄目と諭す姿もプロ意識を感じられ、胸に響くものがありました。

双浦環という人物は、プロの音楽家としての意識も相当高い人物だということです。

最後に環は、音に自分の歌っているオペラのレコードを渡し、音楽の道を進むことを選びました。

双浦環のモデルは?

朝ドラ「エール」のキャスト・柴咲コウさん演じる双浦環のモデルは、オペラ歌手の三浦環さん。

三浦環さんは、1884年の明治17年2月22日に東京市京橋区弓町で、日本最初の公証人をしていた柴田孟甫(しばたもうほ)の長女として生まれました。

生家は、帝国劇場のすぐ近くで、後にこの帝国劇場で大活躍することになります。

30歳の時にロンドンでデビューをし、蝶々夫人が初公演となります。

日本人で初めての国際プリマドンナとして、オペラの主役でもある女子歌手として活躍されました。

海外において2000回公演を行い、オペラハウスを20年間もの間沸かせた、相当な実力者です。

東京音楽進学の条件のために、陸軍の医正と結婚をし、世界に向かって夢を叶えましたが、当時、女性が活躍することは難しく、相当大変だったのではないでしょうか。

そんな立派な女性がモデルとなっている双浦環役を柴咲コウさんが演じます。

柴咲コウさんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・柴咲コウさんのプロフィールを紹介します。

名前柴咲コウ(しばさきこう)血液型B型
生年月日1981年8月5日身長160cm
星座しし座出身地東京都

双浦環役を演じる柴咲コウさんは、東京都出身で、歌手であり実業家でもあります。

デビューしたきっかけは、池袋のサンシャインシティを歩いている時に、偶然プロモーション事務所からスカウトされたことです。

当時は高校受験も控えていたため、芸能界入りを父親に反対されていました。

そのため、その時は断念せざるを得ませんでしたが、芸能界の夢を諦めることが出来なかったため、事務所に入り、16歳で芸能活動を始めました。

歌手デビュー

柴咲コウさんは、2002年に、歌手としてデビューを果たしました。

映画黄泉がえりでは、主題歌でもある月のしずくを歌い、作詞も手掛けています。

歌も声楽の基礎から学んでおり、努力家でもあります。

2008年には、初のベストアルバムを出し、見事オリコン初登場1位を獲得しました。

実業家

柴咲コウさんは歌手としてのイメージが強いですが、CMやモデル、映画やドラマなどでも活躍しており、第25回日本アカデミー賞など数々の賞も受賞しています。

女優や歌手としても成功している彼女ですが、実は実業家でも成功しています。

衣食住をテーマにした会社を設立し、健康食品なども作っています。

敏腕社長としても成功を治めていますので、普段の姿は頭がよく、かなりの切れ者なのかもしれませんね。.

プライベート

プライベートでは、『バトル・ロワイアル』で共演した永田杏奈と、16歳からの付き合いで親友の一人です。

19歳の時に、母親を乳がんで亡くしていますが、芸能界入りしたのも治療費を稼ぐためだったとも言われています。

朝ドラで生歌

NHKの朝ドラで柴咲コウ演じる双浦環は、ヒロイン音が幼少期に出会い、そして歌手になることを決意させた重要な役柄でした。

柴咲コウさんは真っ白なドレスに身を包み、見事にオペラを歌いあげたその姿に、思わずうっとりとされた方も多いのではないでしょうか。

なんと、この歌声は吹替なしで、本人自らが歌っているのですごいと思われた方もいるはずです。

所属事務所は「レトロワグラース」

柴咲コウさんの所属事務所は、レトロワグラースで、衣食住製品の企画・開発も行なっている事務所です。

2016年に柴咲コウさんが設立した会社で、設立当初が製品販売で、のちに本格的なプロダクション事業に進出しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・柴咲コウさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
L×I×V×E谷口章子
P.S. 元気です、俊平カワイ・ミカ
悪いオンナ「地獄へのカクテル」バーテンダー・彩花(主演)
Lucky!後輩OL
悪いオンナ「ルーズソックス刑事」女優
ブラック・ジャック戸山啓子
アナザヘヴン~eclipse~木内ルミ
伝説の教師リエ
火曜サスペンス劇場「黒衣の天使」看護婦
ストレートニュース浜崎美奈
双方向冒険活劇「トレジャー!」吉本奈菜
FACE~見知らぬ恋人~奥野麻子
伝説のワニ ジェイク「ジェイクは運ばれてた」目撃する女
学校の怪談・春の物怪スペシャル若妻
レッツ・ゴー!永田町広瀬鈴子
夢のカリフォルニア大場琴美(ヒロイン)
空から降る一億の星宮下由紀
恋愛偏差値「第3章 彼女の嫌いな彼女」吉沢千絵(主演)
サイコドクター「第1話」浅井智子
朝ドラ「エール」双浦環
映画
東京ゴミ女京子
バトル・ロワイアル相馬光子
東京攻略由美
バトル・ロワイアル ~特別編~相馬光子
走れ!イチロー中島ミホ
案山子 KAKASHI宮守泉
GO桜井
化粧師 KEWAISHI中津小夜
Soundtrack美砂、ミサ
DRIVE坂井スミレ
黄泉がえりRUI
着信アリ中村由美
伝説のワニ ジェイクベティ・ページ
世界の中心で、愛をさけぶ藤村律子(主演)
髪からはじまる物語
着信アリ2中村由美
メゾン・ド・ヒミコ吉田沙織(主演)
県庁の星二宮あき(主演)
嫌われ松子の一生渡辺明日香
日本沈没阿部玲子(主演)
CM・広告
日本リーバ- 「ポンズWホワイト」
ロート製薬 – 肌ラボ
日本中央競馬会 – 「ジャパンカップ」
ジャストシステム – 「一太郎11」
サントリー – 「リピュア」
セイコーエプソン – 「カラリオプリンターシリーズ」
江崎グリコ – 「ポッキー
SONY – 「MD WALKMAN&Sound Gate」
トヨタ自動車 – 「カローラ ランクス」
コーセー – 「エスプリーク」
キリンビバレッジ – 「MCダノンウォーターズ Volvic」
任天堂 – 「MOTHER3」
ダイハツ – 「ムーヴ カスタム」
オンワード – 「組曲」
ANA/全日空 – 「沖縄の旅」
江崎グリコ – 「ポスカ」
富士フイルム – FinePix
サントリー – 「フレシネ」

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者