『エール』佐藤久志役は山崎育三郎!妻は元モー娘の安倍なつみ!?

NHK朝ドラ「エール」で、佐藤久志役を演じるのは、山崎育三郎さんです。

こちらでは、エールのキャスト・山崎育三郎さんに関する情報をまとめています。

  • 山崎育三郎さんが演じる佐藤久志の役柄
  • 佐藤久志のモデル
  • 山崎育三郎さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

山崎育三郎演じる佐藤久志の役柄は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山崎 育三郎 Ikusaburo Yamazaki(@ikusaburo_yamazaki)がシェアした投稿

 

エールのキャスト・山崎育三郎演じる佐藤久志は、裕一の同級生で、県議会議員の息子です。

県議会議員の息子でお金持ちである久志は、大人びた言葉を使う少し変わった少年で、いじめられっ子の裕一にも気さくに接する優しい性格の持ち主です。

小学校時代以降上京するまで、裕一との関わりはなくなっていましたが、裕一の妻・音が通う東京の音楽学校の上級生であることから、音を通して裕一と運命の再会を果たします。

性格は昔と変わらず、自意識過剰で、久志は歌唱力と表現力が抜群であることから、学校ではプリンスと呼ばれるほどのモテ男。

もう一人の同級生・村野鉄男とも再会を果たし、裕一は作曲、久志は歌手、鉄男は作詞で、それぞれ音楽界に名をはせ、のちに「福島三羽ガラス」と呼ばれるまで成長します。

佐藤久志のモデルは?

佐藤久志のモデルは、伊藤久男(伊藤四三男)

朝ドラ「エール」のキャスト・佐藤久志のモデルは、歌手の伊藤久男さんです。

伊藤久男さんは、1910年7月7日に伊藤弥の四男として、福島県本宮市で生まれました。

伊藤久男は芸名で、本名は伊藤 四三男(いとうしさお)という名前です。

古山裕一のモデルである古関裕而の勧めで、コロムビアレコードからデビューするときに伊藤久男の名前でレビューしています。

山崎育三郎さんのコメント

今回朝ドラ「エール」に出演するにあたり、山崎育三郎さんは雑誌の記事で、「朝ドラに出るのは、ミュージカル俳優でいえば帝国劇場にたつようなもの。役者の誰もが憧れる夢のステージ。出演が決まったのはすごくうれしかった。」と語られています。

また朝ドラ「エール」では、山崎育三郎さん演じる佐藤久志が、音楽大学でクラシックを学び、ずっと好きだった曲を歌うシーンがあるとのこと。

山崎さんの素晴らしい歌声を聴けることが楽しみですね。

山崎育三郎さんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・山崎育三郎さんのプロフィールを紹介します。

名前山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)血液型A型
生年月日1986年1月18日身長177cm
星座やぎ座出身地東京都

佐藤久志役を演じる山崎育三郎さんは、東京都出身で、もともと子役としてドラマに出演経験もある俳優さんです。

高校時代は実技試験があって難関だと言われている私立の東邦音楽大学附属東邦高等学校に通っていたという実力の持ち主。

音楽科のみを設置している高校に通っていたということもあり、高校2年生の時にはアメリカのノースカントリー・ハイスクールへ語学留学し、ミズーリ州の声楽コンクールでも上位に入賞した経験があります。

留学から帰った後には、ソニーミュージックのオーディションを受けて、最終選考まで残るなど、高校生とは思えない実績を残しています。

この頃から音楽の世界で生きていた山崎さんですが、実は小学生時代は野球で全国ベスト8になった経験もあります。

音楽だけでなく運動神経も抜群なんて、本当にすごいですよね。

東京音楽大学に進学

その後、山崎育三郎さんは、東京音楽大学に進学しました。

大学の中でも実技レベルが高いと言われている演奏家コースにすすんだという事から、やはり確かな実力の持ち主だという事が分かります。

エリートコースともいえる大学に進んだ山崎さんでしたが、実は「レ・ミゼラブル」のオーディションに合格した後、大学2年生で大学を中退しています。

理由としてはミュージカル俳優と演奏家コースの両立が難しいと判断したことから中退したのではないかと言われており、その後は舞台で異例の活躍を見せています。

出演した「エリザベート」では、ニューヨークの新聞でもその実力の高さを評価され、注目のミュージカル俳優です。

その容姿からミュージカルのプリンスと呼ばれることもある山崎育三郎さんは、レ・ミゼラブル出演を皮切りに数多くのミュージカル作品に出演しました。

ミュージカルだけでなく歌唱力もあることから歌手としても活躍しており、そのコンサートにはミュージカル俳優としては異例の数のファンが集まります。

ドラマ出演

最近では、ミュージカル俳優や歌手としての活躍だけでなく、テレビドラマに多く出演していることでも話題となっています。

話題作の「下町ロケット」や「おっさんずラブ」などにも起用され、もちろん演技力も抜群だと話題です。

35歳以降は活躍の場を映画・テレビへと移し、歌って踊れる役者という異名を持つほどです。

最近ではバラエティに出演したりアニメの声優を務めるなど精力的な活躍をしています。

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」作曲家・古山裕一の人生を描く作品で、音楽に関わりが深い作品です。

そんな古山裕一のパートナーともいえる歌手の佐藤久志役をつとめているのが、ミュージカル俳優の山崎育三郎さんです。

音楽学校ではプリンスと呼ばれるほどのモテ男。

実際にミュージカル界のプリンスと呼ばれている山崎さんにはピッタリの役柄と言えますよね。

幼馴染である3人がお互いにどのような影響を及ぼしながら日本の音楽を発展させていくのか、またお金持ちの家に生まれ育った久志がプロの歌手として成長していく過程でどのような挫折や成長を味わうのか、山崎育三郎さんが演じる久志にも注目の朝ドラ「エール」から目が離せません。

所属事務所は「研音」

山崎育三郎さんの所属事務所は、研音で、財前直見さんや伊東美咲さん、反町隆史さんなどが在籍しています。

その他にも朝ドラ「エール」で裕一の父・三郎役をした唐沢寿明さんや、2020年後期朝ドラ「おちょやん」のヒロイン・竹井千代役を演じる杉咲花さんも同じ研音に所属しています。

山崎育三郎さんは、もともとアトリエ・ダンカンに在籍していましたが、2014年に研音へ移籍しています。

プライベート

プライベートでは、元モーニング娘の初期メンバーである安倍なつみと2015年に結婚。

翌年の2016年には長男が誕生しています。

更に次男も授かり、4人家族で、幸せな家庭を築かれています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・山崎育三郎さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
六番目の小夜子加藤彰彦
THE LAST COP/ラストコップ安藤光輝
下町ロケット真野賢作
お義父さんと呼ばせて砂清水誠
悪党たちは千里を走る園部優斗
グッドパートナー 無敵の弁護士赤星元
突然ですが、明日結婚します神谷暁人
あなたのことはそれほど小田原真吾
宮沢賢治の食卓藤原嘉藤治
あいの結婚相談所藍野真伍
オーファン・ブラック~七つの遺伝子~岩城槇雄
白い巨塔国平幸一郎
おっさんずラブ-in the sky-獅子丸怜二
連続テレビ小説 エール佐藤久志
私たちはどうかしている多喜川薫
恋愛ドラマをもう一度 劇中劇「キスで乾杯」
FINAL CUT 最終話
昭和元禄落語心中
映画
カイジ ファイナルゲーム西野佳志
夏休みのような1ヶ月
レオン日下
舞台
アルゴミュージカル「フラワー」ペルモ
トラップ一家物語ヴェルナー
アルゴミュージカル「フラワー・メズーラの秘密」ペルモ
ココスマイルキンタ
レ・ミゼラブルマリウス
ハレルヤ!広志
サ・ビ・タ~雨が運んだ愛~ドンヒョン
エリザベートルイジ・ルキーニ
パッチギ!吉田
イカれた主婦 ANGRY HOUSEWIVESティム
ラストゲーム~最後の早慶戦~ハンドルネーム・ワセダ / 相本信一郎
レディ・ベスロビン・ブレイク
嵐が丘エドガー
交響劇「船に乗れ!」サトル
コーヒープリンス1号店ハンギョル
ミス・サイゴンクリス
観る朗読劇「100歳の少年と12通の手紙」オスカー
CM・広告
転職サイトtype
ロッテアイス「レディーボーデン」Wプリンスキャンペーン
資生堂アクアレーベルまるでエステ なふたり時間
イオン「2019 お正月」福結びスクラッチ
ガスト 麺屋ガスト「メン喰らってください」篇父親
Sky株式会社「SKYDIV Desktop Client」『仮想空間探偵』篇

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者