『エール』関内梅役は森七菜!「天気の子」のヒロインだった!?

NHK朝ドラ「エール」で、関内梅役を演じるのは、森七菜さんです。

こちらでは、エールのキャスト・森七菜さんに関する情報をまとめています。

  • 森七菜さんが演じる関内梅の役柄
  • 関内梅のモデル
  • 森七菜さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

森七菜演じる関内梅の役柄は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

 

エールのキャスト・森七菜演じる関内梅は、豊橋市にて馬具を手がける家庭の三女として生まれます。

関内家は三姉妹で、長女の吟、次女の音がいます。

関内家では、子供はすべて女の子ばかりですが、子供には自分の好きなことをさせてあげようという教育方針の元、3姉妹は自分の意見ややりたいことをはっきりという子供に成長していました。

3姉妹の中で一番本が好きな文学少女で、三つ編みのおさげヘアに黒ぶちの大きなメガネ姿がとても可愛らしいのですが、姉にも鋭い一言をズケズケとはっきりと言います。

梅には子供の頃からの夢があり、それは小説家でした。

小説家になりたいのですが、思うように最後まで物語が作れず、豊橋まで姉の音に会いに来た裕一に作曲の秘訣を聞くことも。

作曲の仕方を質問された裕一は、何故そんなことを聞くのか尋ねると、梅は質問に質問で答えんといてと痛烈な一言を放ちます。

とても頭のよい女の子の役どころですが、最後まで物語を書くことが出来ないことが悩みの種のようです。

関内梅のモデルは?

関内梅のモデルは、古関金子さんの妹・内山松子さん、内山貞子さん、内山寿枝子さんのいずれか

朝ドラ「エール」のキャスト・森七菜さんが演じる関内梅のモデルは、古関金子さんの妹・内山松子さん、内山貞子さん、内山寿枝子さんのいずれかです。

古関金子さんは、関内音のモデルにあたる人物で、三人の妹さんがいます。

それが、内山松子さん、内山貞子さん、内山寿枝子さんで、関内梅のモデルに該当しますが、詳細は分かっていません。

そういう意味では、朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターの可能性が高いといえます。

森七菜さんのプロフィール

こちらでは、エールのキャスト・森七菜さんのプロフィールを紹介します。

名前森七菜(もりなな)血液型A型
生年月日2001年8月31日身長154cm
星座おとめ座出身地大分県

関内梅役を演じる森七菜さんは、大分県出身で、中学時代にスカウトされて芸能界デビューを果たしました。

最初に出演したのはWebCMで、デビューしてすぐに女優として頭角を現し、オーディションに参加すると次々と勝ち抜いて重要な役を獲得していきます。

たとえば、Amazonプライムビデオで配信の「東京ヴァンパイアホテル」や「心が叫びたがってるんだ。」「東京喰種トーキョーグール【S】」「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ! 」など数多くの作品に出演しています。

森七菜さんはオーディションに強いことも有名で、ネスカフェのウェブCMにも起用されており、ドラマではSUITS/スーツシーズン2の出演も決定しています。

また、劇場アニメでは、新海誠監督の「天気の子」でヒロイン・天野陽菜役にも選ばれました。

高校は大分の大分高等学校に通っており、「第98回全国高校サッカー選手権大会」ではサッカー部の15代応援マネージャーに抜擢され、天気の子のヒロインとして一生懸命晴れるよう祈っていたそうです。

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」では、関内梅役を演じますが、姉二人とはまったく違う性格で、姉に助言をしたり、自らの考えを主張したりと見所満載です。

国際作曲コンクールに裕一が2位を受賞したときは、新聞記事をみた音がファンレターを出したいと言い出し、ファンレターを妹の梅に書いてもらおうとするシーンがあります。

ここでも、どんな美辞麗句を並べても相手に思いが届かない、自分の言葉で書かなきゃと姉にアドバイスします。

実際に裕一は多くのファンレターを貰い、その中で関内音からの手紙が一番胸を打ち、返事を書いたのは音だけだと告げていますので、まんざら梅のアドバイスは的を得ていました。

他にも裕一が音に会うために豊橋まで訪れたときは、興行師が現れ、裕一作曲で音が歌う興行が行われることになります。

作詞をしなければならない音なのですが、何もいい詩が浮かばないため、妹の梅に作詞を頼むのですが、こういうものは自分で書かなければならないときっぱりと断ります。

そして、裕一と音が結婚した後も梅は、作家として活動するために東京に出てきて、裕一夫婦の元で下宿をすることになります。

そして梅は裕一の弟子・五郎と恋に落ち、家業を継ぐために豊橋に帰ることになりますが、梅は作家活動を続け、実家の馬具を作る仕事は五郎に継がせる予定です。

所属事務所は「アーブル」

森七菜さんの所属事務所は、ARBRE(アーブル)で、寺島咲さんや梨木まいさんが在籍しています。

過去にWi-Fi-5の紗英さんや高瀬友規奈さんが在籍していましたが、2020年現在では、この3名だけです。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、エールのキャスト・森七菜さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
先に生まれただけの僕一ノ瀬由衣
やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる山下未希
魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!永田マチコ
イアリー 見えない顔中尾みすず
獣になれない私たち 第5話花井千春(独身時代)
3年A組-今から皆さんは、人質です-堀部瑠奈
少年寅次郎さとこ
ニッポンノワール-刑事Yの反乱-堀部瑠奈
SUITS/スーツ Season2上杉夏美
朝ドラ「エール」関内梅
あのコの夢を見たんです。透明人間
この恋あたためますか井上樹木
映画
心が叫びたがってるんだ。仁藤菜月(中学時代)
東京喰種トーキョーグール【S】小坂依子
地獄少女市川美保
ラストレター岸辺野颯香、遠野裕里(高校時代)
461個のおべんとう仁科ひろみ
ライアー×ライアー高槻湊
TIFFANY BLUEモカ
リトルレター
最初の晩餐東美也子(少女時代)
青くて痛くて脆い西山瑞希
ここではないどこかで
舞台
全国へゆこうか!朗読ジャーニー「詠む読む」〜坂元裕二の詠む言葉と 満島ひかりは読む旅にでる〜
CM・広告
ネスカフェ 「ゴールドブレンド バリスタi」
第98回全国高校サッカー選手権大会15代目応援マネージャー
日本医師会 (2020年)
ネスレ 「キットカット」 ×『ラストレター 』
大塚製薬
三井不動産商業マネジメント 「ららぽーと」 &moll編
フジパン 「スナックサンドのうた♪」篇

朝ドラ「エール」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「エール」のキャスト一覧です。

「エール」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『エール』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「エール」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古山家
古山裕一窪田正孝

子役:石田星空

古関裕而作曲家を目指す主人公
古山三郎唐沢寿明古関三郎治裕一の父
古山まさ菊池桃子古関ヒサ裕一の母
古山浩二佐久本宝

子役:潤浩

古関弘之裕一の弟
古山華古川琴音裕一と音の長女
権藤家
権藤茂兵衛風間杜夫武藤茂平裕一の伯父
権藤源蔵森山周一郎裕一の祖父
権藤八重三田和代裕一の祖母
関内家
関内音(古山音)二階堂ふみ

子役:清水香帆

古関金子歌手を目指すヒロイン
関内安隆光石研内山安蔵音の父
関内光子薬師丸ひろ子内山ミツ音の母
関内吟松井玲奈

子役:本間叶愛

音の姉
関内梅(田ノ上梅)森七菜

子役:新津ちせ

音の妹
鏑木智彦(関内智彦)奥野瑛太陸軍の軍人

吟の夫

田ノ上五郎岡部大裕一の元弟子

梅の夫

裕一の恩師・幼なじみ
佐藤久志山崎育三郎

子役:山口太幹

伊藤久男裕一の友達
村野鉄男中村蒼

子役:込江大牙

野村俊夫裕一の友達
藤堂清晴森山直太朗遠藤喜美治裕一の恩師
音を取り巻く人々
双浦環柴咲コウ三浦環関内音に影響を与える歌手
岩城新平吉原光夫馬具職人頭
打越金助平田満物流業
御手洗清太郎古川雄大歌の先生
小山田耕三志村けん作曲家
呉服屋「喜多一」
大河原隆彦菅原大吉喜多一の番頭
桑田博人清水伸喜多一の店員
及川志津雄田中偉登喜多一の店員
福島市の人々
藤堂晴吉遠藤たつお元軍人。藤堂清晴の父親
楠田史郎大津尋葵ハーモニカ倶楽部のメンバー
川俣の人々
落合吾郎相島一之川俣銀行の支店長
鈴木廉平松尾諭川俣銀行の行員
菊池昌子(藤堂昌子)堀内敬子川俣銀行の事務
松坂寛太望月歩川俣銀行の行員
志津堀田真由ダンスホールの踊り子
東京の人々
廿日市誉古田新太武藤与市?
米田正?
レコード会社「コロンブスレコード」のディレクター
木枯正人野田洋次郎古賀政男裕一と同期の作曲家
杉山あかね加弥乃廿日市の秘書
梶取保野間口徹喫茶バンブー 店主
梶取恵仲里依紗喫茶バンブー 店主
田中隆三浦貴大高山三夫早稲田大学応援部五代目団長
藤丸井上希美音丸芸者・歌手
山藤太郎柿澤勇人藤山一郎歌手
寅田熊次郎坪根悠仁中目徹歌手
夏目千鶴子小南満佑子関屋敏子東京帝国音楽学校の生徒

音のライバル

アナザーストーリーの人々
今村嗣人金子ノブアキ藤田嗣治若手の画家
里子近衛はな外交官の娘

環の友達

閻魔様橋本じゅん「あの世」の門番
木下一井上順喫茶店経営者

久志の親戚のおじさん

戦中に出会う人々
幸文子森田想作家。梅の幼馴染
佐々木克子峯村リエ大日本帝国婦人会の班長
梅根トキコ徳永えり弘哉の母親
戦後に出会う人々
永田武吉岡秀隆永井隆長崎の医師
池田二郎北村有起哉菊田一夫劇作家・作詞家
永田ユリカ中村ゆり永田武医師の妹
竹中渉伊藤あさひ高校球児
初田功持田将史ラジオドラマのプロデューサー
重森正板垣瑞生放送局局員
岸本和俊萩原利久裕一が戦地で作る楽団のメンバー
大倉憲三片桐仁野呂信次郎従軍記者