朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝!NHK連続テレビ小説は3回目の出演!?

2020年3月30日スタートする朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝さんに決定しました!

窪田正孝さんが演じるのは、 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」など数々の名曲を制作した有名作曲家「古関裕而」をモデルにした古山裕一です

≪関内音(二階堂ふみ)エールのキャスト・出演者一覧古山三郎(唐沢寿明)≫

朝ドラ「エール」のあらすじ

朝ドラ「エール」は、昭和の時代に数々の名曲を世に送り出した作曲家とその妻の人生を描いた物語です

主人公のモデルとなったのは、日本を代表する作曲家の古関裕而さんとその妻で歌手としても活躍した古関金子さんです。

朝ドラ「エール」古山裕一のモデルは?古関裕而の衝撃的な半生まとめ
NHK朝ドラ「エール」のモデルは、作曲家の古関裕而です。原作は、裕而と妻・金子をモデルに音楽と共に生きた夫婦の姿を描いているオリジナル作品です。裕而以外にも実在するモデルが多数登場しています。
朝ドラ「エール」関内音のモデルは?古関金子が死を覚悟した瞬間とは!?
NHK朝ドラ「エール」ヒロイン関内音のモデルは、作曲家・古関裕而の妻「古関金子」です。原作は、裕而と妻・金子をモデルに音楽と共に生きた夫婦の姿を描いているオリジナル作品です。モデルの古関金子は、乳がんで亡くなっていましたが、死を覚悟した瞬間があったそうです。その死を覚悟した瞬間は・・・

窪田正孝演じる主人公・小山裕一

窪田正孝演じる主人公の小山裕一は、福島県の呉服屋の長男として誕生します。

古山裕一は、福島に代々続く老舗呉服屋の長男として生まれたことで、周囲からも跡取り息子だと期待されて育てられます。

もともと音楽に縁もゆかりもない呉服屋で生まれた古山裕一は、気が弱くいじめられることもあり、家族からはただのぼんやりしている子供と思われていました。

10才のころに音楽に初めて出会い、学生時代には作曲をするまでの才能を発揮します。

しかし、気弱な性格をしているので周囲からの期待を裏切る事に葛藤を感じ、幼いころから好きだった音楽への気持ちを一度は封印しますが、結局音楽を諦められずその道一本で生きていく物語です。

関内音と恋に落ちる

そんな中、ひょんなことから歌手を目指している「関内音」と知り合い、文通を通じて恋に落ちていきます。

この二階堂ふみ演じる「関内音」が、のちに小山裕一の妻となる女性です。

朝ドラ「エール」のヒロインは二階堂ふみ!窪田正孝の妻役で朝ドラ初出演!
朝ドラ「エール」のヒロインは二階堂ふみさんに決定しました!NHK連続テレビ小説には初出演でヒロインを務めます。主人公・古山裕一の妻・関内音役で、「エールをご覧になるかたがへお届けできるようにがんばりたい」とコメントしています。

小山裕一と関内音の半生

裕一のファンでもありプロの歌手を目指している関内音と夫婦となってからは、二人三脚で音楽の道へ邁進します。

そして、関内音に支えられながら、徐々に作曲家としての才能を開花させ、のちに世に多くのヒット曲を送り出します。

子供時代から作曲家として大成し、多くの心に響く数々の名曲を生み出すまで、音楽で結ばれた妻・関内音と共に、戦争へと突入する時代の苦悩や幾多の苦難を乗り越えていく様々なエピソードが盛り込まれています。

朝ドラ「エール」の主演に窪田正孝が選ばれた理由とは?

日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、福島県で長年にわたり経営している老舗呉服店の長男として生まれたのが、窪田正孝演じる主人公の「古山裕一」です。

古山裕一は、優しい性格の持ち主であるが故に周囲の同年代の子供達の輪に入る事ができない事も少なくありませんでした。

10才のころに、音楽との出会いを果たしてから、たちまち才能が発揮され、独学であらゆる秀逸な名曲を作曲していきます。

そのような古山裕一役に抜擢されたのが、老若男女からの認知度が高くて支持も厚い窪田正孝さんですが、窪田正孝さんが老若男女から人気と認知度が高い理由は、どのような役柄や作風であったとしても適応する事ができる高い順応性を有しているためです

順応性が高くて起用される作品数も多いからこそ、朝ドラ「エール」の主役に抜擢された所以でもありますが、この度の朝ドラ「エール」との関連性が高い理由としては、主役の古山裕一と幼少期の様相が近い事も関係しています

窪田正孝さんの幼少期

現在はあらゆる有名作品にて活躍をしている窪田正孝さんですが、幼い頃には率先して人前に出ていくタイプではなく、できるだけ目立たないように過ごしていたいと考える人見知りの性格であったと話しています。

人見知りの性格であったものの、舞台で演じるという楽しみを見出した事がきっかけになり、才能が開花した点が作品の主人公と共通しているため、この度の朝ドラ「エール」の適任者として採用された理由の1つです。

エールの主人公に選ばれた窪田正孝さんのコメント

朝ドラ「エール」の出演にあたって窪田正孝さんは、素晴らしいキャストの方々と1年の撮影を共にすることができ大変光栄に思うとコメントしています。

特に、ドラマ「ラストコップ」で共演した唐沢寿明さんや舞台「唐版 風の又三郎」で共演した風間杜夫さんと再び朝ドラ「エール」で共演できて、心から嬉しく感じていますとも語っています。

窪田正孝の朝ドラ出演は3回目!?

今回の朝ドラ「エール」で初主演となった窪田正孝さんですが、実はすでにNHK連続テレビ小説には、これまで2度出演しています。

NHK連続テレビ小説の出演作品はこちらの2作品です。

  • ゲゲゲの女房(2010年)
  • 花子とアン(2014年)

 

朝ドラ「ゲゲゲの女房」は倉田圭一役

朝ドラ「ゲゲゲの女房」は、ゲゲゲの鬼太郎で知られる漫画家「水木しげる」をモデルにした物語です。

貧しくとも、明るさを失わずに夫婦で寄り添いながら生きる夫婦の姿を描いた作品でもあります。

朝ドラ「ゲゲゲの女房」では、主人公・村井茂のアシスタント倉田圭一役として、窪田正孝さんが出演されています

国民的な妖怪を題材にした作品という事もあり、自身も子供の頃から漫画やアニメなどで楽しんでいた上に母ももれなく楽しんでいて、起用された時には自身よりも母の方が喜びが大きかったというエピソードを残しています。

このゲゲゲの女房が、窪田正孝さんの朝ドラ初出演作品です。

朝ドラ「花子とアン」は木場朝市役

朝ドラ「花子とアン」は、赤毛のアンの日本語訳者「村岡花子」をモデルにした物語です。

主人公・はなは、貧しい小作農・安東家に生まれますが、貧しかったため学校には通えませんでした。

7歳のときにもらった絵本のおかげで想像力豊かな少女に成長して、紆余曲折を経て出版社で編集と翻訳の仕事をすることになります。

そして、震災や戦争などを乗り越えて、「赤毛のアン」の出版に奔走します。

朝ドラ「花子とアン」では、主人公・はなの幼なじみで、子供のころからはなに思いを寄せる青年・木場朝市役として、窪田正孝さんが出演されています

朝ドラ以外にもNHKドラマに多く出演

実は、窪田正孝さんは、朝ドラ以外にもNHKドラマにも多く出演しています。

土曜時代劇 浪花の華~緒方洪庵事件帳~(2009年)

これまでに、朝ドラを含めた数々のドラマに出演している窪田正孝さんが、最初にNHKドラマに出演したのは2009年に放送された時代劇「土曜時代劇 浪花の華~緒方洪庵事件帳~」です。

インタビューでは、生まれて初めての時代劇であった事はもちろん、撮影していた京都が非常に寒かった様子も明瞭に覚えていると語っています。

また、最初の時代劇では女優が男装をするという役柄でしたが、男装をしている女優も時代劇で演技を演じる事が初めてであったという事もあって、初めて同士の2人による相乗効果が楽しめる作品です。

高い演技力が評価され、翌年の2010年に放送された朝ドラ「ゲゲゲの女房」にも起用されました。

ドラマ10 下流の宴(2011年)

朝ドラ「ゲゲゲの女房」の1年後の2011年にもドラマ「下流の宴」に起用されていますが、2011年のドラマにて特徴的なのは役作りの一環として髪の毛を長く伸ばしていることです。

フリータの役を演じるため、これまでよりも髪の毛を伸ばすなどの変化を付けた様子が見られるのですが、見どころは当人が説明しているように実際の年齢と役柄の年齢が近い様子から、できるだけ自然に演技をしている事です。

大河ドラマ 平清盛(2012年)

そして、窪田正孝さんが俳優として飛躍的に成長するきっかけになったのが、2012年の大河ドラマ「平清盛」で、日本に限らず世界的にも有名な平家物語であった事も関係し、俳優としての知名度が世界規模で高まるきっかけになっています。

土曜ドラマ 4号警備(2017年)

その後も、2017年放送された「4号警備」に、民間の警備会社のボディーガード役を演じ、常々ファンなどから高く評価されている運動能力を活かしたアクションがふんだんに採用されています。

窪田正孝のプロフィール

名前窪田正孝(くぼたまさたか)血液型B型
生年月日1988年8月6日身長175cm
星座しし座出身地神奈川県

古山裕一役・キャストの窪田正孝さんは、神奈川県出身でドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」で初主演を務めて俳優デビューしています。

朝ドラでは、「花子とアン」でヒロインはなの幼なじみで子供のころからはなに思いを寄せる青年・木場朝市を演じています。

ドラマでは、「Nのために」「アンナチュラル」(TBS)「僕たちがやりました」「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ)など数多くの作品にも出演しています。

≪関内音(二階堂ふみ)エールのキャスト・出演者一覧古山三郎(唐沢寿明)≫