朝ドラ「エール」打越金助役は平田満

NHK朝ドラ「エール」の打越金助役は平田満さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」打越金助の役柄

打越金助は、馬具の製造工場を経営する三姉妹の長女吟、次女音、三女梅の優しい父親である関内安隆の取引相手で一緒に陸軍の仲介をしていました。

関内安隆が大阪出張中に子供を助けようとして交通事故死した事で、その妻関内光子が後継者となり馬具店を経営しようとしました。

しかし先行きが怪しくなった関内光子の馬具店は、職人頭の岩城新平と部下たちも辞めたいと言い出し事業継続の危機を迎えようとしていました。

その時に打越金助は、「女子供にできるほど商売は甘くない」と狡猾にも関内光子に契約解除と結婚をせまりました。

そんな時に長女の吟の発案で陸軍との契約書を見つけだし破棄した場合は、莫大な違約金が発生すると記載されていました。

打越金助は、「職人がいないのに納期が守れるのか」と反論しました。

関谷光子も強気に「守れます」ときっぱり答えました。

ようやく倒産の危機を乗り越える事ができました。職人頭の岩城新平も戻ってきました。

これだけを見ると打越金助という男は、人の不幸につけ込みおそらくちょっと好意を寄せていた関内光子を自分のものにしようとするような狡い性格の持ち主のようです。

優しい三人娘の父親の関内安隆に嫉妬心があったかもしれません。

そして契約書を突きつけられた時には、慌てふためきます。

このことから少し小心者な面があるようです。関内家最大の悲劇の場面に登場してくる打越金助という人は、ずる賢いのですが、結局「関内馬具店」も「関内光子」も両方手に入れる事ができずに気の毒でした。

しかもこのあと光子は、職人頭の岩城新平に取られてしまうのです。

何とも情けない役周りです。

打越金助の平田満は、どう見てもニ枚目の俳優で昔は、結構ひょうきんな役が多かったですが最近は、シリアスな役が多くいかつい顔で怖めの役や悪役が最近では、多いようです。

今回は、哀愁も漂いつつ得意の河内弁で悪役に徹して演じきっていると思います。今後もエールにエールを送り楽しみたいです。

打越金助のモデルは?

 

平田満のプロフィール

NHKエール打越金助の役者は、平田満です。

1953年11月2日生まれで66歳AB型です。愛知県豊橋市出身なので河内弁が上手な理由です。

身長は、169センチでそれ程大きな人ではないようです。

妻は、井上加奈子です。現在は、柄本佑、萩原聖人、和久井映見、豊川悦司、余貴美子、細田善彦、伊藤沙莉、毎熊克哉、リリーなど個性的な味のあるタレントが多く所属する「アルファエージェンシー所属」です。

愛知県立時習館高等学校卒業後、早稲田大学在学中につかこうへいと出会い同事務所の立ち上げに参加し1980年の「蒲田行進曲」に出演し風間杜夫とのコンビは、絶妙でした。

ヤス役で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、報知映画賞優秀主演男優賞などを受賞しました。

早稲田大学は、残念ながら中退です。

2006年企画プロデュース共同体「アルカンパニー」を立ち上げました。

「こんにちは、母さん」「失望のむこうがわ」「海をゆく者~TheSeafarer~」で読売演劇大賞最優秀男優賞や紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞しました。

2015年に再び風間杜夫と「熱海殺人事件」で共演し注目を集めました。

最近では、2020年「THENETHER」で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞しました。

1983年NHKドラマ「愛と砂丘の街」で初主演を務めました。

1992年フジテレビ「主婦たちのざけんなヨ」テレビ朝日「殺人ダイヤルを廻した女」テレビ東京「つか版忠臣蔵」WOWOW「そして天使は歌うぼぼ僕らは正義の味方」映画「次郎長青春編つっぱり清水港」「ザ・オーディション」「蕾の眺め」「白い野望」「自由の女神たち」「女咲かせます」「チー公物語ネズミ小僧のつくりかた世紀末版」「虹の橋」「大阪の章ニクン」「怖がる人々」「汝殺すなかれ」「夜の悲しみ」「モーニングセット、牛乳、春」などで主演を勤めました。

その他数多くの舞台、ドラマ、映画、ナレーション、コマーシャルと様々なところで活躍しています。

 

平田満は日本の俳優です。愛知県豊橋市生まれで、中学時代には相撲部で、高校時代にはラグビー部で活躍しました。早稲田大学在学中に劇作家つかこうへいと出会い、劇団「つかこうへい事務所」創立時から参加しています。映画「鎌田行進曲」の村岡安次役で注目を集め、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しました。劇団の解散後は映画やテレビドラマなどで幅広く活躍するとともに、企画プロデュース共同体「アル・カンパニー」を立ち上げるなど、様々な活動に取り組んでいます。