朝ドラ「エール」杉山あかね役は加弥乃

NHK朝ドラ「エール」の杉山あかね()役は加弥乃さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」杉山あかねの役柄

朝ドラ「エール」東京編で、コロンブスレコードの秘書・杉山あかねを演じる加弥乃さんは、AKB48の第1期生で、AKB48在籍時には増山加弥乃と言う名前で活動していました。

芸能界では子役時代から活躍しており、経歴は非常に長いことから、その若さに似合わず落ち着いた演技をすると期待できます。

また兄弟揃って芸能一家であり、妹は音楽家の朱里乃という名前で活動中、弟は過去に増山達也と言う名前で、「たつやくんとマユミーヌ」名義で保険会社のCMソングを歌っていました。

加弥乃さん自身はNHKのBSプレミアムのドラマ「大岡越前」に出演されており、時代劇の出演経験もあると言うことから、今回朝ドラの重要な役に抜擢されたと考えられます。

加弥乃さんはこのほかにも子役としてミュージカル「アニー」に出演しています。

「アニー」はキャストを全てオーディションで選ぶことで有名であり、芸歴の有無や事務所の様々な関連性等は完全に度外視されることで有名であり、このことから500の頃から実力波俳優であったことがわかります。

その経験も今回の朝ドラの重要な役に抜擢された理由であると考えられます。

加弥乃さんが演じる杉山あかねはコロンブスレコードの有能な秘書の役であり、作曲家をサポートする立場でありながら音楽的な知識が豊富で、様々な面で主人公に対して的確なアドバイスをする存在であり、その役柄を演じるためには音楽的な知識と実力が備わっていなければなかなか難しいものであると考えられます。

またこのような薬を的確に演じるためには豊富な経験も必要であると同時に高い演技力が求められると考えられ、その意味では非常に適した役と考えられる面があるのです。

AKB48の第1期生はすべてのメンバーがオーディションで選ばれ、ビジュアルのほかに音楽的な才能も評価されていたことから非常にハードルの高いものであると考えられており、そのオーディションに合格した頃からの本能的な実力の高さが伺えます。

しかもAKB在籍時には秋葉原のAKB48劇場のグランドオープンに登場したと言う経歴を持っており、当時最終合格者24名の中からさらに選抜された20名の中にも選ばれており、非常に注目された存在でした。

しかし2007年にAKB48を卒業しています。

実はその半年前の2007年6月にこれまでのプロダクションから異なるプロダクションに移籍をしており、その頃からこれまでの活動に対して疑問を持っていたとも考えられ、新たな活躍の場所を得るために事務所を移籍したのではないかと言う推測も成り立ちます。

その後2011年7月に芸能活動を休止し、しばらくは芸能界から姿を消していましたが、2013年7月公開の映画で再デビューを果たし、現在に至っています。

活動休止の期間にどのような生活を送っていたのかは想像できないのですが、再デビュー後はさらに演技の幅が広がり、様々な役にチャレンジしていることから、強い信念を持って再デビューしたことが考えられます。

加弥乃さんはその年齢から考えられないほどの様々なドラマに脇役として出演しており、そのほとんどがドラマのストーリーの中で非常に重要な役割を担うものであったことが特徴です。

そのため、様々な場面でその高い演技力が評価されており、また出演回数が多いことからもプロデューサーや監督などに高く評価されていることが伺えます。

現代劇から時代劇まで幅広くこなすことができる女優であるとともに、現代劇から時代劇まで幅広くこなすことができる女優であるとともに、舞台などにも積極的に出演しており、非常に幅広い活動を行っている女優でもあります。

今回のエールでも非常に重要な役と考えられており、ドラマのストーリーにどのような影響を与えるのか非常に楽しみな女優さんです。

 

杉山あかねのモデルは?

 

加弥乃のプロフィール

加弥乃は、東京都生まれの日本の女優です。以前の芸名は増山加弥乃と名乗っていました。ミュージカルの「アニー」などに数多く出演したり子役として活動していた実績があります。キューピーのCMソング「たらこ・たらこ・たらこ」を歌ったり、CMのナレーションを担当するなどしていた子役タレントでした。その後、女性アイドルグループのAKBに所属してアイドルとして活動していましたが、卒業後に芸能事務所のパーフィットプロダクションに所属して芸能活動を継続しています。現在はビースターズプロダクションに所属している女優さんです。