エール第51話のネタバレあらすじ!藤堂先生から校歌の作曲依頼!お礼に校歌完成披露会を開くよ!

こちらでは、朝ドラ「エール」11週目第51話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第50話「二人の夢を交換」では、つわりで声の調子も悪くなった音に、舞台にでるべきではないと伝えて、夢を交換しようと提案するストーリーでした。

エールの第51話「藤堂からの手紙」では、藤堂の依頼で学校の校歌を作曲すると、校歌完成披露会開催の話が届く。一度家族を捨てた裕一だったが、悩んだ末に故郷に帰る決断をするストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年6月8日(月)放送
第11週サブタイトル『家族のうた』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第51話のネタバレあらすじ

ここからは、6月8日に放送された朝ドラ「エール」第51話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール51話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 娘にでれでれ親父
  • バンブーでも娘自慢
  • 生まれたときに高い「ラ」の音程で泣いてたと何気に絶対音感
  • 年配のファンに声をかけられる
  • おじいちゃん、子供を両親に合わせろと説教
  • 恩師から手紙が届く
  • 手紙の内容は、小学校の校歌の作曲依頼
  • 1日で曲を書き上げる
  • 完成披露会の開催の手紙が届く
  • 木枯、母ちゃんが作ってくれた芋の煮っころがしが食べたくなった
  • 大将、母親のこと時々夢に見る
  • 家族みんなで福島へ帰ることに決定

愛娘にでれでれ親父

古山夫婦に待望の女の子が生まれ、娘には華という名前を名付けました。

音は、学校を退学して専業主婦となってからは、毎日家事と赤ちゃんの世話に追われる日々を送っていました。

華がうまれて4ヶ月、、夫は仕事そっちのけで、愛娘の華に夢中です。

華のことは私に任せて仕事してといっても、気にも留めない様子。

締め切りも差し迫っており、古山音(二階堂ふみ)は気が機でありません。

そんな夫をみて、 「廿日市さんにせっつかれても知らんよ。」といって、子供を奪い取りました。

分かった分かったといって、居間で仕事をしようとしますが、よそでやったらといって、バンブーで仕事をすることに。

バンブーでもでれでれ親父

バンブーにいっても、曲を作らないで、子供を絵を書いては娘の話ばかり。

「うちの華ちゃんはね、目は音で鼻は僕にそっくりなんだ。」と話す彼の話し相手になっている梶取恵(仲里依紗)

生まれたばっかりの頃は高い『ラ』の音で泣いてたとうれしそうに話すバカ親。

そこへ、バンブーの常連客を連れて、保が戻ってきて、常連客を彼に引き合わせました。

年配のおじいさんは彼のファンで感激しており、『船頭可愛いや』を毎日聴いていますと挨拶をしました。

古山裕一(窪田正孝)もありがとうございますと挨拶をします。

手元に五線紙があったので、今も作曲中ですかと聞くと、娘の話ばかりで全然やっていませんでしたが、ええまぁ!と返事をします。

こんなところで作曲できるなんてすごいですね!」と関心している後ろから、「裕一君は天才ですから、こんなところでもいい曲書いちゃうんですよ。」と割って入ってくる梶取保(野間口徹)

こんなところ」といわれたことが少し気に障ったようです。

するとそのおじいさんにまで、娘の話をするのです。

それを聞いたおじいさんも、最近孫が生まれた話をし始め「ご両親もさぞお喜びでしょうな。」と話しました。

その流れで、保が、彼がまだ一度も両親に合わせていないことを話すと、 「いけません!早く会わせてあげないと。」と訴えます。

保がフォローを入れますが、故郷に帰れない事情もあって、少し困惑していました。

恩師からのお願い

バンブーから家に戻ってくると、福島の恩師でもある藤堂先生から手紙が届いていました。

手紙には、小学校の校歌を作曲して欲しいと依頼が書かれていました。

ふるさとの校歌を作れるなんて、すてきな話じゃないと喜んでいる妻。

家族を捨てて上京してきたこともあって戸惑っていると、裕一にしか作れないものがある、大恩人のお願いを断ったら罰が当たると言われて、依頼を受けることを決意します。

その晩、早速曲作りにとりかかり、夫婦で一緒に曲を書き上げてしまいました。

そして、翌日には、楽譜を送りました。

故郷に帰ってこいってことですか!?

数日後、藤堂から手紙の返事が届き読んでみると、そこにはなんと校歌完成披露会をしたいから、家族そろって福島に来て欲しいと書かれていました。

これって、福島に帰ってこいってことだよね。」と聞くと、うんと答える音。

この日届いた郵便は2通で、もう1通は母親のまさからの手紙でした。

まさの手紙を読むと、先生から作曲したことを教えてもらったことや、故郷に帰ってきて欲しいことが書かれていたのですが、それでも帰ることをためらっています。

その理由は、もちろん自分は故郷を捨て実家の家業を捨てて、東京に来て音楽の道を選んだからです。

そんな何もかも捨ててきた自分は、どのような顔をして帰ればよいのか戸惑っていました。

お母ちゃんの思い出ぽろぽろ

鉄男のおでん屋で、裕一、藤丸の3人で飲んでいました。

藤丸(井上希美)は相変わらず酔っ払っていて、『船頭可愛いや』はもともと私の歌なのに、双浦環が売れたことに納得言ってない様子。

すると、村野鉄男(中村蒼)が「俺は相変わらずヒット曲なしだ。」となだめようとしましたが、それは詞が下手だからじゃないの?と言われムカっとなりケンカが始まります。

そこへ、木枯がやってきてケンカが終わると、帰るかどうかまだ決断できない裕一は、「木枯君。急なんだけどさ実家帰ることってある?」 と聞きました。

前にも話したように、家を捨ててきたことを伝えると、夜中にお母さんが作った芋の煮っころがしが食べなくなって、無性に思い出すことがあると話します。

すると鉄男も母親のことを夢に見ると話しました。

それを聞いて考え込み、鉄男から福島に帰らないのか?と聞かれるも、どうかな?と答えるだけでした。

それを見た木枯正人(野田洋次郎)が「かえりたいのに~かえらない~男の~やせ我慢~♪」と茶化すとうるさいと場が和みました。

家に帰り着くと「やっぱり福島行ってみん?」と言われますが、どんな顔して会えばいいのか分からないと言って、少し考えさせて欲しいとその日は決断できませんでした。

よし!帰ろう!

次の日の夜。

やっぱりこのままではいけないと思った裕一は、華が大きくなったときに、お父さんの故郷は福島なんだぞって胸を張って言いたいと、音に話します。

父親を早くから亡くして恩返しができなかったから、お義父さん、お義母さんに親孝行できるようになるといいなと返事をしました。

そして、ついに「帰ろうか。」と帰る決断をしたのです。

いざ、故郷へ

ついに家族で福島に戻ってきた古山家族。

会場にやってくると、そこには、自分の名前と、福島吾妻尋常小学校の唱歌クラブ、同窓会ご一行様と書かれていました。

案内されて入ると、そこに藤堂先生が待っていました。

よく来てくれたな。音さんも」と挨拶をする藤堂清晴(森山直太朗)

久しぶりの再開に喜ぶ恩師と元教え子でした。

 

ここまでが、6月8日に放送された朝ドラ「エール」第51話のあらすじのネタバレです。

ついに故郷に家族で帰ることに決めましたが、藤堂先生なんと結婚していました!しかもそのお相手があの人なんですよね、、、

エール第52話のあらすじを知りたい方は、第52話「裕一の凱旋祝い」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール52話と実話の比較です。

一発当たるとあんなに環境が大きく変化したのは実話か?

エールでは、『船頭可愛いや』の大ヒットで、悠々自適な生活を送っていましたが、これは実話です。

古山裕一のモデルである古関裕而さんの最初の大ヒット曲が、この『船頭可愛いや』です。

それまでヒットに恵まれていなかった古関裕而さんは、コロムビアでもお荷物状態でしたが、この曲のおかげで、入社以来赤字だった全てチャラになって、大きな利益を生んだのです。

先生から小学校の校歌の作曲依頼は実話か?

エールでは、恩師から教え子に作曲依頼をするというストーリーでしたが、これは実話です。

古関裕而さんの恩師は、藤堂先生のモデルでもある遠藤喜美治さんです。

実話でも、遠藤喜美治さんの依頼で、小学校の校歌を古関裕而さんが作曲しています。

しかも、作詞は遠藤喜美治さんご本人なのですが、将来悲劇が待ち構えています。

こちらについては、「【エール実話】藤堂が校歌を依頼する話は本当!?実は藤堂に将来悲劇が!」で詳しくまとめています。

歌詞は本物?

エールでは、妻と一緒に曲を書き上げていました。

二階堂ふみさんが「信夫の山~」と歌っていた歌詞ですが、こちらは本当の歌詞ではありません。

歌っていた歌詞は、創作されたものです。

藤丸のレコードは、双浦環のおかげで売れた!?

エールでは、藤丸が酔っ払って、双浦環のおかげで売れたことに納得していませんでしたが、これは実話ではありません。

藤丸のモデルは、実際に『船頭可愛いや』を歌った音丸さんです。

音丸さんの歌声で、すでに大ヒットした後に、双浦環のモデルである三浦環さんが後発でレコードを発売しています。

よって、三浦環さんのおかげではなく、音丸さんの実力で大ヒットしたのが実話です。

藤丸これで浮かばれるかな?

朝ドラ「エール」第51話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第51話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール51話では、先生のお願いで校歌の曲を作ると、完成披露会開催の話が届く。一度家族を捨てたものの、悩んだ末に故郷に帰る決断をする回でした。

絶対パパきもいって言われるよ?

朝っぱらから窪田パパがきもいと言われる日が来るとは、、、

華が生まれて、絵に描いたような親バカを発揮する窪田正孝さん。

昭和初期に子供のオムツを替える男がいたんだろうかと疑問に思いましたが、二階堂ふみさんに飽きられてますよ。

それにしてもこのドラマは、季節感をまったく出さないスタンスなのかな?

夫婦の服、いつも同じような服ばっかりだけど、今何月なの!?

親バカに孫バカでバカばっか!?

ファンのおじいちゃん、いい味出してましたね。

こんな所で」って言われて、ムッとするマスター。

あんまりムッとする感だしてないようでしたが、あの言葉がでるということはかなりムッとしてたはず!

窪田さんもおじいちゃんから、合わせろって言われてしょげてましたし、何気に重要な役を果たしたおじいちゃんでしたw

ご無沙汰?無沙汰?

今日はじめて知ったこと。

無沙汰をしています。

ご無沙汰から「ご」を抜いた「無沙汰」という言葉の使い方があったのか!

子供は目上じゃないからあえて「ご」を付けなかったのか不明ですが、いろいろ調べてみてもよく分かりませんでしたw

もしやのお初?

最後に、二階堂さんと森山直太朗さんが挨拶交わしましたが、これが二人の初対面ですかね?

後のほうで紹介するのか、それともしょっぱなから紹介するのか、ちょっとドキドキしていた私w

あらすじのネタバレになりますが、先生結婚していて奥さんを紹介します!

そのお相手なんですが、、、そこまではネタバレしませんので、明日の52話を確認してくださいw

ここから下は、エール第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第11週目のネタバレあらすじ

51話放送のエール第11週「家族のうた」のあらすじは、藤堂先生からの依頼で校歌を作曲した裕一は、完成披露会に出席するために故郷に帰省することに。実家に変えると喜ぶ両親でしたが、三郎が胃がんに冒されており、亡くなってしまうストーリーとなっています

ずっと帰省していなかったので、親の死に目に会えたのは本当によかったですね。浩二にすべてを託した三郎の親心が伝わるいいあらすじです。

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第11週「家族のうた」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。