芋たこなんきん第109話のネタバレあらすじ!独演会

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」19週目第109話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第108話「支援パーティー」では、畑山の支援パーティーを開くが、あまり成果があがらないストーリーでした。

芋たこなんきんの第109話「独演会」では、米春が大きな覚悟をもって独演会に臨むストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年2月10日(土)放送
第19週サブタイトル『カーテンコール』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第109話のネタバレあらすじ

ここからは、2月10日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第109話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん109話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

数日後、畑山は真千子を訪ね、自分の決意を伝える。

米春もまた、大きな決意を持って独演会に臨む。

ここまでが、2月10日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第109話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第110話のあらすじを知りたい方は、第110話『吉永東子との対談話』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第109話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第109話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

捨てられた犬

光司が外に出たとき、三成にぶつかった。

捨て犬のようだったが、その目を見て、仕方なく拾ってやった。

孝治も何があっても面倒見のいい男です。

三成のことを話し合ったのかな、と思っていたら、ちらっと出てきたんです

そりゃあ、話し合ってないのと同じですからね。

たしかにスルーするのはちょっと気が引けるけど、ちゃんと話し合わないとね!(笑

内田樹の座右の銘

内田がモデルだったという話は、モネの誕生日会で発覚しました。

そして、それに食いついたのが、我らがスーさんだった!

モテ期到来といったところでしょうか!

おそらくこの様子だと、スーちゃんはすでにアタックをかけていて、内田が折れて、二人は付き合うことになったのでしょう。

これは面白い展開になりそうな予感w

がっこうぐらし

冒頭から小学生まで!?

稔も出陣を決意しました。

ナレーションでの報告であまりに早い展開に少し驚きました。

今週と明日で残り1話なので、急展開で二人の運命が決まりそうな予感にドキドキしながらスタートしましたw

初任給

まさか!?

これって、今までずっとお金をもらわずに生活や仕事をしてきたってことですよね?

その間、アクセサリーなどを買うのにお金が必要だったはずですが、貯金を切り崩す必要があったのでしょうか?

さらに、初めて給料をもらった日に、食費や家賃をいくら払えばいいのか?それは最初に決めておかなければならないことです。

順番が違うと思いますが、3万円はちょっと現実的でしたねw

湯婆婆は詰んでますね。

あと、なぜか夏木マリさんの声を聞くと、湯婆婆を越えられない。

年齢のせいかもしれませんが、湯婆婆色が強すぎるんです。!!!!

まあ、彼女だけなんですが、もうちょっとテンションが高ければ、さやかに見えるかもしれませんw

じーさん、まだ限界点じゃないですよー。

あの時、家で、絢子はたつきの説得をしていたんですよね?

説得しているということは、絢子は浩二が銀行を辞めることにもう反対していないということですよね?

でも、おじいちゃんは頑固で、結論が出たから話すことはない、という態度をとります。

でも、最後にはおじいちゃんが折れると思うんです。

おじいちゃんが事業をたたむと決めて、息子がそれを引き継ぐと決める。

ストーリーがわからないわけではないのですが、途中の描写をもっと掘り下げてくれると話に入りやすいのですが、0か100のパターンが多いので、どうでしょう・・・、

誤解されるモネ

島を出ようとしたモーネは、シンジを見つけ、誤解する。

まあ、あの事件の後のことですから、しょうがないですね。

それにしても、及川親子はよく似ている。

海に恨みはない!

恨みはないんだけど、この悲しみをどこにぶつけたらいいのかわからないんだろうなあ。

子供は未来に目を向け、親は過去に縛られる。

リョウチンのためにも、シンジが早く回復することを祈っています。

自問自答

そして、自問自答する桃音と仙台のミッチー。

長浦姉妹に共通するのは、考えすぎること。

ミッチーも祖父の牡蠣をどうにかしたいと思いつつ、それが本当に自分のやりたいことなのか、疑問も口にする。

ミッチーもミッチーなりに、人の役に立ちたいと思っていたのかもしれません。

亮との将来も気になりますが、2人には幸せになってほしいです。

タイフーン

いよいよ朝ドラ「おかえりモネ」が始まりましたね。

どんな形から始まるのかと思いきや、ヒロインのモネが生まれた日の話から始まりました。

母親が出産したのですが、なんとその日に台風が来てしまい、自分では本土に連れていけない!ということになったのです。

そこで、船乗りである友人に頼んで連れてきてもらったのです。台風が来るのが分かっているのだから、その前に本土に行く意味がないのではと、ちょっと疑問です。

話を聞いていると、島での出産は無理みたいでしたが、そんなことは最初からわかっていたことですよね?

だったら、本土の病院に入院するなり、事前に対策ができたはずです。

もうすぐ生まれることも、台風が来ることも、島で出産できないこともわかっていた。

せめて台風が来る前に本土に行って赤ちゃんの面倒を見るのが普通だと思っていたのですが、そうではなかったようです。

空襲の傷跡

橘家では、久里と小鈴を失いました。

木島家もかろうじて焼け残ったが、無傷ではなかったようだ。

両家の距離はよくわからないが、康子は自転車で届けに行き、帰省するときは歩いて行ったというから、それほど離れてはいないのだろう。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第19週目第109話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。