芋たこなんきん第110話のネタバレあらすじ!吉永東子との対談話

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」20週目第110話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第109話「独演会」では、米春が大きな覚悟をもって独演会に臨むストーリーでした。

芋たこなんきんの第110話「吉永東子との対談話」では、町子のもとに、着物デザイナーの吉永東子との対談話が持ち込まれるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年2月12日(月)放送
第19週サブタイトル『ここに花咲く』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第110話のネタバレあらすじ

ここからは、2月12日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第110話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん110話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

来年高校3年生になるゆり子(大野美和)は、自分の将来について考え始めていた。

真知子(藤山直美)は、着物デザイナーの吉永東子(高田聖子)から話を持ちかけられる。

ここまでが、2月12日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第110話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第111話のあらすじを知りたい方は、第111話『意気投合』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第110話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第110話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

見た目が悪い。

祈っているのか、謝っているのかわからないが、義男は白々しく振る舞っている。

もう、なんなんだろう。

顔が悪いとしか思えませんよね。

密会しているのがバレたのに、あっけらかんと無視する姿は。

義男は怪しいから、実は無実なんだ! でも、バレるまでは、芳雄が犯人という説も、この流れからすると、全然あり得る話だったんですけどね。

クズすぎる!

2話目から照夫がクズ過ぎてもう見てられない。

若いうちはいくらでも苦労できる」と言うと、照夫は「若すぎるよ、俺たちまだ小学生だよ」と言い返す。

それに、ギャンブルで負けて服を脱がされたなんて、子供に話すなよ!」。

ギャンブルで負けて、ギャンブルで買ったんでしょ」というのは、意味がわかりません。

俗に言う、勝負に負けて勝負に勝ったのでしょうが、両方がかかっているんですよ!?

ある意味、ろくでなしの父親がまともな奴を連れてくるわけがないと思いながら、センサーを働かせていたのですが、それ以上に学校に行けるという喜びが買っていたのでしょう。

瑠衣と丈一郎は、ついに回転焼きの店「大月」をオープンさせる。

しかし、京都の人々に全く見向きもされず、出鼻をくじかれることになる。

チラシを配ろうとする丈一郎に、「両手がふさがっている」と言われる。

そして、織田信長さん!

京都人は知らないものは食べません! 確かに、京都に詳しくないですからね?。

この様子から、今日は回転焼きのお店が苦戦するかと思いきや、ベリーのおかげでお店が繁盛するという、これまたスピード感のある展開になりましたね。

小暮をゲット!

千代が大役に抜擢されたことを知り、キネマの面々は喜ぶ。

特に、陽子は応援しています。

親身になってアドバイスしてくれるが、小暮の心もつかめよと、まさに一石二鳥の発言であった。

たしかに心と体を一緒に手に入れれば万事うまくいくのですが、そう簡単にうまくはいきませんよね。

しかも、相手の気持ちが自分に向いていないとわかっていれば、なおさら……

戦いに次々と死が訪れる

この日最大の衝撃は、福助の死である。

最近のMIZUKEは全く不幸な話ばかりで、泣いている姿が目に浮かぶようです、、、、。

完治が満州に行った時に少し光江のことを理解したつもりでしたが、今度は福助が死ぬとは思いませんでした。

理解できるわけがない! と怒られましたが、この件に関してはなかなか理解できないですよね?

そして、一平が酒を飲んでいるシーン。

最初見たとき、なんで一平が飲んでるんだろうって思ったんです。と思いましたが、すぐに百栗さんが戦死されたことを知り、だから酒飲みになったんだと理解しました。

愛国的な役割を果たさなければならないのだから、そんなに積極的になる必要はないと思ったし、仕方がない面もあったが、そもそも、そんなに仲が良かったのだろうか。

どちらかというと、珍之助の助が影で涙を流すシーンの方が、疑問符を持たずに見ていられたかもしれませんね。

いい人

亀は千代のことを知る。

そう教えてくれなかったことに腹を立てていたが、なぜかいつの間にかいい人になっていた。

ある意味、「私たちは可哀想じゃない」というのが千代のプライドであり、自分の失敗を言い訳にしない。

しかし、そこで彼女が言い訳をしていたら、今回のような結果にはならなかったのではないかと個人的には思っています。

重苦しい空気

和気あいあいとした雰囲気だったのに、百音が来て、重苦しい雰囲気に……。

24時過ぎに桃音さんの誕生日に気づいた浩二さんは、「おめでとうございます」と声をかけるが、その返事はそっけないものだった。

しかも、何もしていないとのことですが、「何かしなきゃ!」という気持ちに縛られすぎていたのでしょう。

自分の感情や行動が少し独りよがりに見えてしまったのが残念だったようです –

Delicatessen

手土産におかずを持って帰ってきたけど、ちゃんと保冷剤とか入れて持ってきたんでしょ?

まさか食中毒を起こすようなものには発展しないと思いますが、お盆といえば夏でしょう?

紙袋に入っているものもあるので、傷んでいるのではと心配になっただけです。

SNSを見てみると、みんな同じようなことをつぶやいているではありませんか!?

いやいや、そんなわけないでしょー。

2014年になって保冷剤が開発されたけど、みんな心配してるんだね~

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第20週目第110話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。