芋たこなんきん第111話のネタバレあらすじ!意気投合

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」20週目第111話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第110話「吉永東子との対談話」では、町子のもとに、着物デザイナーの吉永東子との対談話が持ち込まれるストーリーでした。

芋たこなんきんの第111話「意気投合」では、町子と東子が意気投合して、親密になるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年2月13日(火)放送
第19週サブタイトル『ここに花咲く』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第111話のネタバレあらすじ

ここからは、2月13日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第111話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん111話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

真知子と東子は意気投合し、急速に親密になっていく。

一方、工藤の酒屋に、多恵(桂あやめ)が思いを寄せる俳優のエディ(チャド・マレーン)が突然現れ、商店街を案内してほしいと頼む。

ここまでが、2月13日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第111話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第112話のあらすじを知りたい方は、第112話『3人でたこ芳へ』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第111話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第111話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

東京

翌日、桃音はすでに東京に帰っていた。

気仙沼にいたのは半日もなかったような気がする。函南先生はどのくらい待っていたのだろう。

因みに、今日は桃音ちゃんの誕生日。

まさかとは思いますが、ホルンを吹いている宮田さんにプロポーズすることはないでしょうw

スンデン

円城は千代から志津の家族の話を聞きたかったが、千代は朗読を聞き逃した。

千代は、居場所がないことを注意しに行ったのですが、「嬉しいことです。

どうもありがとうございました。

ありがとうございました”

恋愛経験のない千代にとって、円城の相手への思いはまだ理解できなかったのだろう。

遠志郎を沈めようとしたが、完全に遠志郎に振り回された。

逆に、こうなってから、懐柔されたのは自分だと気づかずに手紙を受け取ってしまったんですね。

千代は、しづの幸せを願う円城の姿に心を打たれた。

いつの間にか、すっかり遠四郎の味方になっていたのです

アタック

一平は後継者を引き受けることを決意する。

会社の名前には大きな価値があるようで、大山社長も岡安もさぞかし喜んでいることだろう。

一平の目つきが気になったが、辞めるつもりだったのだろう。

母に捧げた本も燃やしたそうです。

うわさ話

密会ではありませんが、福富お茶子姉妹がしずちゃんや歌舞伎役者の早川猿之助さんと話しているところを目撃されていますね。

また、待ち構えていたかのように、椿姉妹もその場にいましたね。

やばい、お偉いさんに見られた!」と思ったら、案の定、噂を流していました。!!!!

街ですれ違うだけかと思ってた!?

でも、以前亀さんがおっしゃっていたように、道頓堀に昔からいる人は、そんな噂は嘘だと思うでしょう?

まさか、言葉は悪いですが、花さんがしずちゃんの恋愛に口出しした!?

岡安家の跡取り娘でもあるわけですから、岡安を優先してそうしたのかもしれませんね。

それに比べて、福富の寮母さんは、とても幸せそうでした。

昔から知っていたようなので、菊さんが噂を流すように言ったのかもしれませんね。

山へ行った理由

義男が山に行った理由は後に判明するのだが、家出の理由については様々な憶測が飛び交った。

その中には、栗子の「淫乱! という一言が原因ではないかという憶測も!

栗子自身は、いつも色気を振りまいている女性ですが、深く考えずに「いやらしい」という一言が、子供の良雄を深く、深く、傷つけてしまったのです! あまりに傷ついたので、仕方なく家を出た! というのが理由のようです。

本当の理由を知った彼は、「ちょっと恥ずかしかったけど、深読みしすぎた」とコメントした。

私も、”そんなことないですよ!”とあっさり言ってしまった。美味しい料理を作ってくれて、甘やかしてくれる新しいお母さんを夢見て、密かに家出をしていたのだと思っていたのですが、そうではなかったようです。

そして、瑠衣が木島家に戻ってきた!新たなフラグが。

雪絵ちゃん、気持ち悪くて厨房に行ったけど、妊娠はしてないんだよね?

時間軸で言えば、算哲が失踪してから1週間も経っていないでしょう。

算哲の失踪日は、雪絵と優がセックスした日なので、時間軸がおかしすぎますね。

まさか雪絵がまた盛っていたのかもしれませんね。

あっという間の死

千代が照男に「もう寝なさい」と言うと、照男はいつもの調子で「大丈夫です」と答えた。

しかし、その夜、彼はあっけなく逝ってしまった。

さすがに、亡くなる時の照夫は静かで、少し元気がなかった。

風に乗って回転する

千代ちゃんは一座のみんなの和を大切にしようとするのですが、空回りばかり。

いつものこととはいえ、こんなクセのある人たちと一緒に仕事ができると思ったら大間違い。

とにかくクセ者であれ w

たこ入道のアイエエ傘

アイエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ傘きたーーーー

一緒に帰ろうか?のアヤシイ傘が登場。

本当に小学生のようでしたが、この後まっすぐ家に帰ったのか、どこかで休憩したのか、とても気になるところです

朝ドラ「おかえりモネ」はいつも振り返りなので、明日は帰り道での出来事をしっかり書いてくださいね。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第20週目第111話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。