芋たこなんきん第126話のネタバレあらすじ!ゴシップ記事

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」22週目第126話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第125話「行方不明」では、純子の父・久米夫が、行方不明になるストーリーでした。

芋たこなんきんの第126話「ゴシップ記事」では、井村が、町子がパーティーに遅れたことをネタにゴシップ記事を書くストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月2日(金)放送
第21週サブタイトル『春のあらし』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第126話のネタバレあらすじ

ここからは、3月2日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第126話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん126話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

井村は、真知子が粂夫を捜していたためにパーティーに遅刻したとゴシップ記事を書く。

井村を問い詰めると、彼は過去のある出来事から純子を逆恨みしていることがわかる。

ここまでが、3月2日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第126話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第127話のあらすじを知りたい方は、第127話『北野現る』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第126話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第126話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

フィルム回収

そして、靖子は大阪に向かい、無事に稔に会うことができたのです

大阪では展開が早く、あっという間に映画を観に行くフラグが無事回収されました。

映画のオープニング、食事、サヨナラと、あっという間に過ぎていく時間もちょっと異常だった。

映画のオープニングは、今までとはちょっと違う感じでした。

木のお弁当箱

初任給で木のお弁当箱をお土産に買った牧根さん。

こういうのって結構高いと思うんだけど、お給料はいくらだったんだろう?

会社に持っていきたいなぁと思っていたのですがw

妻の死は即回復!

昨日、ロバートの彼女か奥さんの写真があって、もう亡くなっている説を述べたのですが、その通りでした。

この戦争とどう関係するのかだけが疑問でしたが、兄が戦死したことと、心臓病を持ち出したことで、かなりすっきり解決しました。

そして、康子と同じ境遇であることから、良い友達になれそうだと思ったので、これから二人の出会いがどうなっていくのか楽しみですね。

というか、今後2人が付き合うとなると賛否両論あると思いますが、個人的にはその線もありだと思います。

だって、未亡人だし、稔と付き合ってまだ1ヶ月でしょ?

女性としてはまだ年端もいかないし、再婚して幸せになってほしいと思いませんか~~~

振られるパターンの人!?

今日は大きな進展はありませんでしたが、あるとすれば恋の予感。

イチャイチャ詐欺師を助ける男、弁護士の卵!

そして、瑠衣の心が淡い色に染まり始めたのは、恋の始まりなんですね。

が、しかし!

朝ドラの典型的なパターンとして、初恋はほとんど実らないんです!

これは、何らかの形でフラれるパターンだと思うのです。

相手に女性がいて、勝手に振られるということもあるかもしれませんが、この恋は絶対に終わらないと断言しますw

休日出勤中

私は休みの日に東名に来たのですが、娘は休日出勤でした。

休日出勤が当たり前になったので、本当にブラック企業なのか?と思っていたのですが、林間学校だったんですね。

林間学校って土日だったんですね。

私の場合、平日だと思っていましたが

まあ、休日をのんびり過ごせると思っていたお父さんが少し寂しそうでしたがw

立って食べましょう。

オッチョニャンは忙しくて立ってご飯を食べていたのですが、そういえば見たことある!と思い出しました。

ハッピーフライトのCAと同じようにw

あと、立ってご飯を食べる人と、家族でゆっくり鯛を食べる人の対比が、貧富の差を表現していて分かりやすかったです。

これぞコメディ!

そして、稽古場ではピリピリした雰囲気の中で稽古が始まった。

一平さんのリアクションが面白くて、修羅場とはいえ、思わず笑ってしまった。

これぞまさにお笑い! という感じでしたね。

お前、お前、お前! 本当に何も言えない状態で、「はい、…」に「はい、…」と、笑いっぱなしでしたね。

結局、一平は照男と同じで、

岡安の男たち

今回の良かった点は、久しぶりに岡安の皆さんに会えたことです!。

電話が鳴った時、誰もいなくて、しずちゃんが電話に出たのですが、千代ちゃんだとわかると、みんなあわてて電話のところに行きました。

ぼーっとしながらも、のんびり和気あいあいと楽しそうな岡安さんを見ていると、やっぱり楽しいですね。

結局、ほとんど会話はなかったようですが、後で新聞を読んでいるしずちゃんの姿は、まさにお母さんのようでした。

あと、それを知った一平くんはちょっとびっくりしたみたいだけど、珍之介がいなくなった後、どうなったんだろう?

あれから音沙汰がないので、ちょっと気になりました……

スカブパパ

再会を果たした千代の部屋で、姉弟は語り合う。

話題はやはり照男、あのクズ親父、借金王!

まさか義男まで売ろうとしていたとは、本当にクズでどうしようもない男ですね。

もう一つ気になったのは、千代に花を贈っていた送り主の話です。

千代が義男に送ったのでしょうか?と聞いたら、そうだと言っていましたが、そんなふうには思えませんでした。

この花で今後、武井家がまとまるのかどうか、気になるところです。

オンステージ

本日は宮田さんのオンステージからスタート!

昨日、宮田さんがホルンを吹けることを知った菅波さんが、宮田さんにお願いしてオンステージが実現しました。

いつも罪悪感を抱いていた患者さんでしょう?

私は、そんな図々しく聞けない派です。

でも、ホルンの音色に合わせた選曲は、カチカチ坊主でいいんですよー。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第22週目第126話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。