芋たこなんきん第132話のネタバレあらすじ!戦争をテーマ

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」23週目第132話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第131話「患者を横取り」では、東條から手術の執刀を依頼された晴子が、患者を横取りできないとしりごむストーリーでした。

芋たこなんきんの第132話「戦争をテーマ」では、町子が戦争をテーマに、新たな小説を構想するストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月9日(金)放送
第22週サブタイトル『山があるから……』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第132話のネタバレあらすじ

ここからは、3月9日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第132話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん132話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

真千子は、戦争をテーマにした新作小説を構想する。

百合子は再び誠司と話し合い、二人にとっての最善の道を探ろうとする。

ここまでが、3月9日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第132話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第133話のあらすじを知りたい方は、第133話『衝撃の発言』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第132話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第132話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

岡安の優しさ

はなは、「よしおさん、今日は来れないの?」と優しく声をかけてくれた。

他の岡安メンバーも何かと良雄のことを気にかけて声をかけてくれるのだが、その優しさが逆に痛々しい。

岡安家は本当の家族で、みんないい人なんです。

千代は嘘がつけないタイプなんですが、窒息しそうになったと言った時は、見ていて本当に辛かったです。

悲しい思いをするのは性に合わないので、ひとつ気になるのは、はなは義男の正体を知っていたかもしれないことです。

あの乞食たちを従えて、道頓堀に関しては警察よりも情報通です。

誰が何の目的で鶴亀のホームドラマを貶めようとしているのか、尾行していてもおかしくはないでしょう。

ただ、あのシーンは岡安家の優しさに涙するシーンだったので、そこまで掘り下げて考える必要はないかな、と。

そして、気がついたらお金になっている。

キネマに戻って事情を説明したんですが、そもそもこのカフェは活動写真専門店ですよね?

業界のことは普通の人よりは理解しているつもりですが、宮本さんの「主役の商売は金次第か…」という一言で、完全にバレてしまいましたね。

台本読みのことも知らなかったし、本当に業界のことを全然知らないんだと思う。この人。

当時はそういう情報が出回っていなかったということもあるのだろうが、我々現代人にとっては、お金がたまる話というのはよくあることなので、全く不思議ではない。

とはいえ、千代も照雄もお金を持っていないのだから、知ったところでどうしようもないのだが。

エイト

涼ちんが頼りにしているのは、妹のモネだけ。

ついにみーちゃんも八つ当たりを始めたが、ちょっと小学生レベルの八つ当たりだった。

みーちゃんは、りょーちんのことが好きなのはわかるけど、りょーちんの気持ちを一番わかってあげなきゃって、ちょっと思いすぎじゃないかな。

はたから見たら、りょーちんの気持ちは視聴者でもわかるレベルだし、二人きりで話すシーンもそんなに多くないので、情報量もそんなに変わらないんじゃないかと思います。

それに、率先して手放そうとしたわけではなく、声をかけられるのを待っていただけだと思います。

それなのに、百音に八つ当たりするのは、ちょっと見当違いじゃないですか?と思ったのが正直なところです。

その点、すーちゃんは大人だった。

本音は百音ちゃんにしか言わないとわかっていたし、何でも知っていて、いつも冗談で笑っているすーちゃんに憧れるようになった。

最初のころは、すーちゃんは能天気な人だと思っていて、どうして流れにまかせて上京してきたんだろうと思っていました。と思っていたことをお詫びしますw

告白の時間

菅波さんは、明日は百音ちゃんの誕生日だけど、結婚したいと告白します。

プロポーズという感じではありませんでしたが、途中で自問自答しているシーンは、実に菅波先生らしい展開でした。

純粋というか理屈っぽいというか、そういう男性は嫌いではありませんw

ただ、しっかりとしたプロポーズをするときは、しっかりとした真面目なところでやってほしいです!!!!

昭和の16年目

月曜日の朝一番、軽快な音楽とともに太平洋戦争が始まりました。

昭和16年は、まさに戦争の時代です。

今週はより戦争色が強く、見ていて辛いかと思いきや、1分もしないうちに太平洋戦争は劣勢に立たされました。

そんな中で笑いを入れてくるのか、ちょっと気になりますが、これから誰かが死ぬんだろうなと思うと、憂鬱です、

アスナロ

さやか、桃音に木のことを教える。

ヒバはあすなろだと話していましたが、初めて知りました!!!!

そして、”あすはひのきになる!”。そしてアスナロ!

そして、ヒバの北限は福島で、登米には生えていないそうです。というのは勉強になりましたw

ただ、あの話は、悩んでいる百音ちゃんに「焦らなくていいんだよ」「ゆっくりでいいんだよ」と伝えるためのものだったんですね。

湯婆婆のお姉さんみたいな優しさだと思ったけど、よく考えたら彼女だったw

理解力あるなー。

日向が女優になりたいと瑠衣に言った時、瑠衣は馬鹿にして相手にせず、ジョーは狂ったように応援していましたね。

この構図はいつもと同じですね。

ジョーは相手の気持ちをよく理解し、状況を把握している。

ヒナタが我が家の家計を考えて応募した、というのはその通りなんだけど、そこまで分かっているなら仕事しろ!って感じ。

そこがジョーさんの嫌なところです。

野球を見ながら作曲しているシーンがありましたが、あれで終わりなのでしょうか?

今後、ジョーさんが音楽で何かするという話はないのか、それとも完全にアウトなのか、気になるところです。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第23週目第132話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。