芋たこなんきん第147話のネタバレあらすじ!余命宣告

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」26週目第147話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第146話「検査入院」では、喀血した健次郎は、右肺に腫瘍が見つかり検査入院することになるストーリーでした。

芋たこなんきんの第147話「余命宣告」では、健次郎ががんとわかり、余命宣告されるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月27日(火)放送
第25週サブタイトル『ほな、また!』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、3月27日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん147話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

検査の結果、癌であることが判明する。

町子(藤山直美)は、医師から余命半年から1年と宣告される。

健次郎に病名を告げられない真知子に、純子(石田亜佑美)は本当のことを言うべきだと助言する。

ここまでが、3月27日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第147話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『約束』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

主人公

今週は、みーちゃんがすっかりヒーローです。

おそらく、みーちゃんの姿に百音ちゃんも頑張るのでしょうが、みーちゃんはちょっとかっこよすぎです。

もう一人の迷える子羊、三成はみーちゃんに圧倒されます。

お父さんがスクーターで通り過ぎるところに隠れていたのですが、この時期、お坊さんはとても忙しく、息子を心配している暇はないような気がします…

告白の時間

菅波さんは、明日は百音ちゃんの誕生日だけど、結婚したいと告白します。

プロポーズという感じではありませんでしたが、途中で自問自答しているシーンは、本当に菅波先生らしい展開でしたね。

純粋というか理屈っぽいというか、そういう男性は嫌いではありませんw

ただ、しっかりとしたプロポーズをするときは、しっかりとした真面目なところでやってほしいですね!!!!

初対面!

菅波さんは絢子さんと初対面です。

初対面の絢子さんと二人きりになるのは、かなり気まずいものです。

最後の戦いなので、先生には頑張ってもらいたいところですが、長浦家の食卓に並ぶ刺身や牡蠣などのごちそうに気を取られてしまいましたw。

函南先生、牡蠣は食べられなかったんですね。

私が食べてあげますw

プレイボーイ

一方、一平はプレイボーイとして帰ってきた。

天海天海がいた頃の人気はどこへやら、今や万太郎菅家一座とは全く別の存在になってしまった印象です。

そうなんです。

芸の道は険しいですからねー。(;´Д`)……どうなんでしょう。

あんな遊び人のいる劇団なんて、もってのほか!?

一平ちゃんの小さい頃を知ってるから、やっぱり頑張って欲しいけど、子供の頃の一平ちゃんを見てると、ちょっと親バカになっちゃうかな?

浜ちゃんは猛烈なメッセージを放ちましたが、どちらかというと、私も浜ちゃんと同じ気持ちです。

父親がある意味偉大すぎて、子供が挫折する話はよく見かけますが、ちょっと遊び人の一平くんは違いますね。

なんというか、頑張っている姿が見えないんですよね。

彼の青年時代のエピソードはまだ1回しか見ていないので、これからどうなるかですが、今日の印象です。

民宿

今日は、おばあさんが民宿を営んでいたことが判明しました。

民宿といえば、朝ドラ「ちゅらさん」ですね。

おかえりモネの次回作「みんなおいでよ」は沖縄がテーマらしいので、また再放送で見られるかも?

一日おきにバーベキュー

長浦家は一日おきにバーベキューをする習慣があるw

なんてことはないのですが、こんな美味しいものを毎日食べられたら幸せですよね。

ホタテ、牡蠣、新鮮すぎです!

牡蠣小屋に行きたくなってきましたw

地元の人たちはすごいですねー。

地元の人が素晴らしいって、おかしくないですか?と愚痴をこぼすスーチン。

偉いと思ったことはないのですが、そういうものなのでしょうか。

逆もまた真なりで、東京で仕事をすることが素晴らしいことだとは思っておらず、このシーンには少し違和感を覚えた。

そして、暗躍していたみーちゃんが口を開いた。

彼女は、リョウへの愛を語っていた。

漁師であることは嫌いではないが、むしろ自分の仕事に誇りを持っているとのことだった。

やっぱり「ただ……」が一番の問題で、それをピンポイントで名指しすると、シンジが辛くなるだけなんです。

リョーチンはその話をしてる時に目が覚めた、これはフラグか?

みーちゃんに惚れ始めて、あの時目が覚めたんだ!とか言い出したら最高なんだけど。

お願いします、みーちゃんを暗闇で助けられるのはりょうちんだけですw

ワインレッドのジャケット

先週の終わりに結ばれたのですが、その時に着ていたワインレッドのジャケットを勝負服に選んだんですねー。

しかし、あの放送の後、華丸さんが「あの服は買わなきゃいけない」と言っていたので、おそらく買い直したのでしょうw

フラッグ

今日は旗が多い日でしたね。

まずは、城一郎の夢!

アメリカに行くという目標ができたそうですが、ポイントは「瑠衣ちゃんを連れて行く」ということ。

今後、アメリカに行ったときに康子さんとばったり会う可能性も大!?

いつか渡米の夢が叶うことを楽しみにしているのですが、そうなった場合、アメリカでのロケは可能なのでしょうか?

日本にも昔のアメリカみたいな場所があれば、そこで撮影するかもしれないけど、場所によっては、アメリカ人がたくさん来るのは難しいかもしれないね。

朝ドラ『おかえりモネ』もいよいよ最終週。

長かったような短かったような、そんな感じですが、いよいよ今週で終了です

ここ数週間はネタばかりだったので、最終週は明るく終われることを祈っています

玉砕

一福が父のために作ったハチマキ。

そこに書かれているのは「玉砕」の文字。

これはもしかして、フラグ?

SNSでは「ギョクサイ」はNG! ギャグだと思ってたんですが、フラグは本当に辞めてほしいですねー。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第26週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。