芋たこなんきん第27話のネタバレあらすじ!新婚夫婦

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」5週目第27話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第26話「仕事場に改装」では、健次郎の提案で、徳水家の一部を町子の仕事場に改装するストーリーでした。

芋たこなんきんの第27話「新婚夫婦」では、診療所に、年の離れた新婚夫婦がやってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年11月1日(水)放送
第5週サブタイトル『すれちがい』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第27話のネタバレあらすじ

ここからは、11月1日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第27話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ついに花岡家を離れ、徳永家の一員として新しい生活をはじめた徳永町子(藤山直美)
食事の仕事は町子がすることになったが、執筆との二足のわらじは、毎日休む暇がないほど忙しい。
そんな日々を過ごしていると、子供たちの運動会の日が近づいてくる。
町子は運動会に参加したいが、スケジュールを確認すると同じ日にサイン会が入っていた。
サイン会は午前中で午後から見に行くと子供たちに伝える。
一方、徳永医院では、新婚旅行の途中で体調を壊した老人・有田と若い妻・比嘉優子(仲間由紀恵)がやってくる。
二人が夫婦だと聞くと徳永健次郎(國村隼)は驚くが、診察を始めた。
そして、次郎は、有田に早く帰って詳しい検査を受けるよう促した。
有田の診察が終わると、大崎俊平(櫻木健一)がやってきた。
俊平の瞼の上には、爪で引っかかれたような傷があった。
健次郎がどうしたのか?と尋ねると、俊平の仏頂面を見て、夫婦喧嘩だと悟る。
こちらは、駆け落ちまでした恋女房の佐和子と喧嘩をして、瞼の上の引っかき傷を治療しに来たのだった。

 

ここまでが、11月1日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第27話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第28話のあらすじを知りたい方は、第28話『神戸で仕事』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第27話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第27話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

健次郎と真千子の会話を聞いていると、以前の二人の会話を思い出すことが多い。例えば、今の70代と30代の夫婦は、夫婦のことをあれこれ言うのではなく、自分たち(夫婦)は一緒に年をとりたい、自分たちより年上の異性は友達である、というようなことである。

 

真知子さんは、可愛い子供たち、優しい舅姑、愛妻家の夫と大家族で暮らすのが幸せそうで、ご近所からの評判も上々。人気女性小説家として仕事と家庭を両立させるのは、今よりもっと大変な時代なのだ。芋たこなんきん

三省堂国語辞典第8版の「結婚」の項目を丁寧に書きました。同性婚についても書かれている。しかし、朝ドラ「芋たこなんきん」の町子と健次郎の最初の関係のような「別居婚」もあり、「同居するようになる」でよいのか、少し考えています。また、ドラマの結末も参考にしたい。地蔵恋(じぞこい

 

ピンクのシャツにループタイをした老人が、若い女性に連れられて鴨川に会いに行く。この二人、超年齢差のカップル!?2、30代のうちに結婚しなくても世渡り上手になれると、マチコとカモカが肯定してくれる気がします。 いもたこなんきん

芋たこなんきん」を見ていると、朝ドラ「鬼平犯科帳」を見ているような感覚に陥ることがあるんです。人生の酸味と旨味が詰まっている。

 

おはようございます。朝ドラを見ていると、芋たこなんきんやチムドンで新旧恐竜戦隊レッドを見るのが楽しみで仕方ありません。やめてくれーーーー 朝ドラ 爆竜戦隊アバレンジャー、獣電戦隊キョウリュウジャー、チムドンドン

 

昨日、今日と「芋たこなんきん」を一気に見ました。昨日の放送で、阿部潮さんが大工さんの役で出ていて、ちょっと感動しました すごく男前に見えました。なつかしかったです。

 

 

そういえば、今、BSプレミアムで「芋たこなんきん」が再放送されていますね。今まで再放送もなく、DVDも発売されなかったので、その理由が憶測されているようですが…どうなんでしょう? まぁ、原作者とかジャニーズとかかな? わかんないけど。

今更ですが、「いもたこなんきん」「おかえりモネ」みたいに幼少期を真ん中に置いた方が意味があったのでしょうかね?ちむだんだー

 

干物の頭をちぎりながらページを確認し、その後編集者から電話があり、酒屋の対応があり…マルチタスクすぎるでしょ?

 

芋たこなんきんが面白いのは、私が関西人だから?いやいや、庶民的な登場人物が面白いし、庶民の日常がきめ細かく丁寧に描かれているからです。

 

美しく盛り付けられたポテトサラダを、徳永家の三男はあっという間に食べ尽くしてしまう。それを嬉しそうに眺める真知子。家族との夕食は永遠に続くと思っていたが、実は宝物のような時間だった。

真千子が書いている間、部屋の机の上にはあの人形が変わらずに置かれていて、あの時、あさちゃんがもらっていたら、どんな人生を見つめたのだろうと、朝からしみじみと思うのでした。今は大家族の中で、赤い布を探し続ける真知子の姿を見つめていますw

 

前夜に玉入れの玉4個とお椀を縫うという任務を終えた真知子さんは、当日の朝から作るのはお手の物でした。この後、多くの人が詰めかけても、そんな状況さえも真知子さんは楽しんでしまうのです!

最後は、調印式! マチコさんは忙しいから迷惑かけちゃいけない」と思っていたのですが、ナレーションで心が静まりました。素晴らしい。そう、あなたは町の人たちに溶け込み、そして受け入れられている。これほど嬉しいことはない。

冒頭で、「針と糸」と何回言ったか?何回「針と糸」って言ったんだろう?でも、中学生のお姉さんもハチマキをお願いできて嬉しそうでした。私もほっとしました。いもたこなんきん 感想を書いてくれた人たちがみんな元気いっぱいなのが伝わってきて、こちらまで元気をもらえますよね。

芋たこなんきん 特別な事件はないけれど、日常はクスクス笑ったり、ちょっとイラッとしたり。それを藤山直美と國村隼が飽きさせずに演じてくれる。果たして朝から番組を楽しむことができるのだろうか。(今、ニュースを見続けるのは辛すぎる)。

子沢山の徳永家で、子供を産んでからずっと子育てをしていると飽きてしまうようなことが次々と真千子に降りかかってきても、真千子は怒らずに、むしろ面白がって、”まあいいか “とユーモアを持って対処している。真知子には個性がある。真知子に個性があるというだけでなく、それが違うからこそ、さらにいい。

 

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第5週目第27話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。