芋たこなんきん第48話のネタバレあらすじ!餓死寸前の牛山

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」8週目第48話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第47話「ライダーショー」では、河原崎から招待されたライダーショーに内緒で行こうとして健次郎が激怒するストーリーでした。

芋たこなんきんの第48話「餓死寸前の牛山」では、耕助が牛山を診療所に連れてきて、餓死寸前の牛山の姿を見て、隆が衝撃を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年11月25日(土)放送
第8週サブタイトル『おおきに』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第48話のネタバレあらすじ

ここからは、11月25日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第48話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん48話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

先日診察を受けた若いホームレスの男・耕助が牛山を背負って徳永医院にやってきた

酒ばかり飲んで食事をせず、意識がもうろうとしている。

診察する最中、健次郎は耕助にものを食べなかったら餓死寸前で、お前もこうなりたいのかと口にする。

健次郎が手当をするが、ここではどうしようもなく、病院に搬送することになった。

意識が朦朧として死にそうな牛山を見て、隆は青ざめ、ハンストをやめることにした。

そして、ご飯を食べながら、やっぱり守の誕生会に行くという。

間もなくして、耕助が背広姿で現れた。

あの件依頼、心を入れ替え、日雇いだが仕事をすることにしたのだ。

そして、診察台と壊した時計の弁償は必ずすると言って頭を下げた。

 

 

 

ここまでが、11月25日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第48話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第49話のあらすじを知りたい方は、第49話『カンジとの出会い』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第48話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第48話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

写真

みんなどこに集まってるんだろうと思ったら、天海家でした。

廻廊の雰囲気からなんとなく感じていたのですが、照男さんの写真で確信しました。

相変わらず、あいつは死んでも出てくるんだなあ。

あと、天海家にみんなで泊まることになったんですが、布団は足りるんでしょうか?

子供たちの離れ業

そして今日、お父さんが来たんです。

もう、見た瞬間に、全然子煩悩なお父さんだなぁと感じました。

自分が一番娘のことを理解していると思っている、まさにその通り。

本当に彼女のことを全然わかっていない。

桃音はあなたの子供だけど、あなたの所有物じゃないでしょう?

そこが理解できていないと、この先、確実に事態をややこしくすることになりますよ

居心地のいい問題!

そして、またまた問題が発生しました!

ケージバンクを辞めます?!

いやいや、定年まで働いて、退職金をがっぽりもらいましょうよ。

そんなこと言い出したら、辰巳さん、釣り師と思われませんか!?って怒られそうですねー。

っていうか、本当に今更なんですけどね。

昇格したてで辞めるのに、奥さんのこと考えてくれって。

それを認めるなら、民宿を始めることも認めろ!

タヌキのお父さん

大山社長、本当にタヌキ親父ですねぇ。

全部見透かされているんだよ、あいつも…悪いやつなんだ。

当て馬だと思っていたら、熊田が代弁してくれた。

これまで見てきたように、大山社長は根っからのエンターテイナーなのだろう。

何でも使って雰囲気を盛り上げるところは商売人の鏡かもしれないが、当てられる側の人間はたまったものではない。

ぜひとも大逆転劇を演じてほしいものだ。

正義の味方

次に向かったのは、岡安。

千代ちゃんの舞台を一番いい席で見たいとお願いしに来たのですが、しずちゃんがタブで見られるように手配してくれました。

宗助を助けてくれたが、照男の事情も知っているので、返すわけもないのにツケでもてなすとは、本当に義理堅い人である。

千代のためということもあるのでしょうが、見たところ照男のことは嫌いではなさそうです。

サグリ

菅波先生は試験前にさやかちゃんに拗ねられたんです。

この人、嘘をつくのが苦手なんですね。

さやかを知らなくても、ちょっと演技がおかしいと気づいたかもしれませんが、帰り際にニヤニヤしている姿は嫌いじゃないですw

子だくさんな家庭

先週は、お父さんとお母さんに子どもたちを紹介することになったのですが、どんな風に紹介されるのかちょっと気になったのですが、「はじめまして」しか言ってくれませんでしたね。

ま~、数が多いからしょうがないとは思っていましたが、まさか朗読の時に名前の由来を全部紹介してくれるとは!?

東海道線の駅が由来とは、かなりガチな事件ですねw

そこが面白いんですけどね。このような大家族は、今でこそあまり見かけませんが、昔は結構あったのかもしれませんね。

私の知っているある家族は、8人兄弟、8人のおじさん、おばさん、そして数え切れないほどの孫がいました。

それだけ兄弟が多いと、年齢差もかなりあり、甥っ子なのに私より年上という不思議な現象が起きています。

今は教育費も価値観も変わり、大家族はテレビ番組でしか見られませんが、大家族というのはなんだかほっこりしますよね。

危機対応力

さやかちゃんの歯切れの良さは、なかなかです。

お姫様といえば、何もしないイメージが強いですが、危機対応能力は高かったです。

救急車を手配し、学校と保護者に連絡。

救出された後は、自慢げに言うんだろうけど、今は、みんなが無事でよかった!って思う。

またクズ野郎が!

天海夫婦の夜の営みが少し気になったが、正直なところ、今日はそんなことはどうでもいいのだ。

だって、あのクズ男がまた現れたんですもの!!!。

結構後に出てくると思っていたのですが、いきなり出てきましたね。

もう月曜日からボロボロで、金曜日まで持つかどうかという感じですが、SNSでテルヲヒカリの投稿が多すぎてやばいです!(笑

まずは、はようちんから。

みーちゃんは相変わらずりょうちんにご執心です。

りょうちんの話が出るたびに、この恋が叶う確率はかなり低いんじゃないかと思います。

りょうちんの噂は聞くけど、本音は言わず、「大丈夫」としか言わない。

見ていて本当に辛いです…

全国ツアー

終戦から3年が経ち、千代たちは日本全国を旅して遊んでいる。

千代はかなり消耗しており、足もフラフラで、大丈夫だろうかと心配になる。

しかも、何もない野原で、どうやって観客を呼んで演奏するのか、ちょっと興味がありました。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第8週目第48話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。