芋たこなんきん第57話のネタバレあらすじ!写真教室

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」10週目第57話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第56話「進学」では、女学校を卒業した町子が女子専門学校に進学するストーリーでした。

芋たこなんきんの第57話「写真教室」では、徳一が子ども向けの写真教室を開くストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月6日(水)放送
第10週サブタイトル『いのり』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第57話のネタバレあらすじ

ここからは、12月6日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第57話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん57話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

和代(鈴木杏樹)の妊娠を知った徳一(城島茂)は興奮し、子供たちのための写真教室を開く。

来るのはおやつ目当ての子供ばかりだが、完治だけは写真の面白さに目覚めていく。

ここまでが、12月6日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第57話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第58話のあらすじを知りたい方は、第58話『校長が自殺』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第57話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第57話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

スズメの親子

そして、天海は息子に救われ、脚本を書くようになった。

それが、あの頃の「親子百態」につながっていくのです。

かなり練りに練って作られたシナリオなんだなあと関心しました。

もともとこの公演は、急死した天海の父親との別れを告げるためのものだと思っていたが、母親が出て行ったことと相まって、うまくまとめていた。

伏線のエグさに鳥肌が立ちましたw

先生登場!

百音が出かけた後、菅波先生がやってきました。

ここでも闇落ちしたみーちゃんが活躍。

二人の関係を断ち切れると思ったのか、妹を騙して「男を狙った」と言い出す始末…。

これはさすがに許せません。!!!!

どんなに慌てても、これはやってはいけない案件だったのです!

気を取り直してスタートです。

朝ドラ「おかえりモネ」ですぐに軌道に乗りそうな状況を、地域の人たちの前でプレゼンしていた桃音さん。

最終回を残すのみとなったので、明るい気持ちで終わりたいので、この調子でお願いしますw

せんきちからの提案。

予告では、千吉が木島邸を出るのはミツリからのお願いでしたね。

しかし、私の印象では、ミツリに言われて仕方なく出て行ったという感じだったのですが、そうではありませんでした。

瑠衣はともかく、泰子は再婚したほうが幸せになれると気にかけているようでしたが、現実にそういうことがよくある時代だったのでしょう。

しかし、問題はやはり子供たちである。

子供については、木島の子供だから引き取ると言い張ったが、自分の子供を取られるのなら断っていただろう。

今でも、男の家に嫁ぐという感覚はありますが、もう一世代、二世代経てば、その考えも薄れていくのかもしれませんね~

日曜日の雨

祭りの日、なんだか雲行きが怪しくなってきた。

昨日は晴れの予報だったのに、いきなり雨の予報。

予報が真逆になるなんてことがあるのだろうか。

百音が活躍するために都合よく天候が悪くなっている感じはあまりない。

百音は地元の人間だが、周囲からはよそ者扱いされている。

周囲からは「よそ者がかき回している」と思われているかもしれませんが、今回もすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎないか?

世の中そんなに甘くないと思うのですが…

写真じゃないですよ!

オープニングでシメていたら、ちょっとしたサプライズが!?

キャストの名前にテルヲがあったんですが、なんと、(写真)じゃないんです!!!!

あれっ?もしかして、幽霊?

テルヲだけでなく、ヨシオや母親もそうですが、テルヲが強すぎて、そこに目が行ってしまいましたw

カッサカッサ

桃音は太陽光の熱を利用したものを思いつきました。

さやかに報告したところ、カサカサになると表現していた。

夏木マリの干物は値段相応のようです。

モネとサヤカは乾燥から解放されました。

笑うところでしょうが、当事者は気まずいですよね。

本当に、若い人は言うことが容赦ないw

気象予報士の試験

そして、あっという間に過ぎたのは新年だけでなく、気象予報士試験も同様でした。

努力を見せないと視聴者が納得しない、それがこれまでの朝ドラの歴史です。

直近では、朝ドラ「エール」で乙が抜擢されたシーンがあったが、あのシーンも批判的な意見が多かった。

受験を終えて、百音に奇跡が起こるかもしれないという予感がしたが、おそらく不合格だったのだろう。

もし合格していたら、「ちょっと舐めすぎだ」という苦情が来ていたかもしれません。

盆船ってなんですか?鐘楼の山車みたいなものだと思っていました。

宮城では盆船と呼ばれていることを初めて知りました。

きんつばは、花より団子ですね。

テレビで見る食べ物って、どうしてあんなに食べたくなるんだろう。

個人的には、きんつばより牡蠣が食べたい。

午前中の彼女たちの会話は、のんびりとしたものだった。

そんな家庭を夢見ていましたが、現実の朝は戦争!?

昨日の風景

今日はまず、昨日のシーンをそのまま再生してみました。

本当に昨日のシーンを再生する必要があるのだろうか?と思いましたが、”これのどこがいいんだろう?”と思いました。でも、一応、テレビ局に来た経緯を親切に説明してくれました。

朝ドラでは、一人暮らしではなく、下宿をするのが一般的ですが、個人的には下宿で繰り広げられる人間ドラマが大好きなんです

ただ、昨日の感想で書き忘れたのですが、下宿先でお世話になるものは何も持ってきていません。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第10週目第57話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。