芋たこなんきん第58話のネタバレあらすじ!校長が自殺

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」10週目第58話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第57話「写真教室」では、徳一が子ども向けの写真教室を開くストーリーでした。

芋たこなんきんの第58話「校長が自殺」では、校長が奉安殿が焼けた責任をとって自殺するストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月7日(木)放送
第10週サブタイトル『いのり』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第58話のネタバレあらすじ

ここからは、12月7日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第58話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん58話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

妊娠したことをきっかけに徳一が、花岡写真館で写真教室を開き、そこに毎日のように通う完治。

完治は、熱心に徳一の言葉を聞き、写真技術を教わっていた。

その翌日、新聞に市内の小学校で奉安殿が焼失したという記事が掲載される。

火災が起きたのは梅原の父が校長を務めている学校で、天皇像を祀る寺を焼失させた責任を感じた梅原の父が、割腹自殺を図ったという。

町子は、梅原の心配をするが、まったく連絡がとれず、やっと話ができたと思ったら、梅原から別れを告げられる。

父を失い、大阪にはもういられないと思った梅原家は、親戚のいる長崎へ移住することになったのだ。

町子、梅原、キクの三人は祈りを捧げ、再会することを誓い合った。

 

 

ここまでが、12月7日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第58話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第59話のあらすじを知りたい方は、第59話『旋盤工』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第58話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第58話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ブルゴーニュ・ジャケット

先週の終わりに結ばれたのですが、その時に着ていたワインレッドのジャケットを勝負服に選ばれたんですね~。

しかし、あの放送の後、華丸さんが「あの服は買わないといけない」と言っていたので、おそらく買い直したのでしょうw

フラッグ

今日は旗が多い日でしたね。

まずは、城一郎の夢!

アメリカに行くという目標ができたそうですが、ポイントは「瑠衣ちゃんを連れて行く」ということ。

今後、アメリカに行ったときに康子さんとばったり会う可能性も大!?

いつか渡米の夢が叶うことを楽しみにしているのですが、そうなるとアメリカでのロケは可能なのでしょうか?

日本にも昔のアメリカみたいな場所があれば、そこで撮影するかもしれませんが、場所によってはアメリカ人がたくさん来るのは難しいかもしれませんね。

終演後のアンケートも!

いつからアンケートを導入したのか!

今に通じるものがありますが、この時代にそんな発想があったのかどうか気になるところです。

傍から見ていると、どちらの意見もわかるのですが、やはり珍之助は一枚上手だったと思います。

と、アンケートに書きたいw

別れの後

ちびっこちよと別れた照雄の悔しさが伝わってくる!

やっぱり親心だったんだ、と思った方も多いと思いますが、その後の千代へのひどい仕打ちを忘れてはいませんよね?

たとえ同情を引くシーンがあったとしても、今までの行動の全てが許されるわけではありません。

特に、千代の通帳を盗んで「がっかりした」と言ったのは、絶対に許せません!

そして、キネマの店主にまで金を貸してくれと頼むとは、どんだけクズ野郎なんだ、

漆原氏

漆原さんは渾身のクローズアップで熱く語ってくれたが、「しーっ!」と声を上げた珍乃助にあっさり腰を折られたような気がした。

漆原さん、最近こういう使われ方多いですよね。

でも、

岡安の人

以外は、そういうところが好きです。

今回の良かった点は、久しぶりに岡安の皆さんとお会いできたことです

電話が鳴った時、誰もいなくて、シズが電話に出たのですが、千代だとわかると、みんな急いで電話に向かいました。

ちょっとモヤモヤしていますが、それでも和気あいあいと楽しそうな岡安さんを見ていると、楽しくなってきます。

結局、ほとんど会話はなかったようですが、後で新聞を読んでいるしずちゃんの姿は、まさにお母さんのようでした。

あと、それを知った一平くんはちょっとびっくりしていたようですが、珍之介がいなくなった後、どうなったんでしょうね?

あれから音沙汰がないので、ちょっと気になりました…

野望のかたまり

マリアンナは今日も野望をストレートにぶつけています。

朝香のお天気キャスターを辞める発言で空いた席を狙っているのは間違いなさそうですw

前向きな姿勢は嫌いじゃないし、すぐに高村さんに相談し、キャスターの座を確約させようとする姿には感心した。

それにしても、高村さんと浅岡さんが飲み友達だったなんて、大人としてありえないですよね。

そうであれば、2人が結婚してもおかしくないし、さらに面白い状況になりそうです。

ミツリの行く末は!

算哲の両親が親の気持ちなど知ったことかとばかりに席を立つと、宮里の登場だ!?

算のビンタを期待していたのですが、まさかあんな展開になるとは…。

美登里が稔を失ったからか、算哲が稔に重なった。

一方、両親を亡くした算哲は、親の気持ちが分からないから、みゆりが代弁したわけですが、これも全く同じことです。

誰もが親を思う気持ちは同じです。

その気持ちが算哲に伝わっていればいいなと思います。

ただ、気になるのは、みゆりさんがおとなしすぎることです。

先日、YOUがテレビに出ていましたが、ひどかったですねー。今後、康子さんの身に何かとんでもないことが起こるような気がしてなりません。

今日の騒動でミツリがどこに行こうとしているのか、ちょっとわからないw

初対面!

菅波さんは絢子さんと初対面です。

初対面の絢子さんと二人きりになるのは、かなり気まずいです。

最後の戦いなので、先生には頑張ってもらいたいところですが、長浦家の食卓に並ぶ刺身や牡蠣などのごちそうに気を取られてしまいましたw。

函南先生、牡蠣は食べられなかったんですね。

私が食べてあげますw

初任給

まさか!?

これでは、今までずっと給料をもらわずに生活し、仕事をしていたことになる。

その間、アクセサリーなどを買うのにお金が必要だったはずですが、貯金を切り崩す必要があったのでしょうか?

さらに、初めて給料をもらった日に、食費や家賃をいくら払えばいいのか?ということを考えなければならない。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第10週目第58話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。