芋たこなんきん第61話のネタバレあらすじ!焼け落ち

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」11週目第61話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第60話「信次の訃報」では、町子が思いを寄せていた従兄の信次の訃報が届くストーリーでした。

芋たこなんきんの第61話「焼け落ち」では、空襲で、写真館が焼け落ちるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2006年12月11日(月)放送
第18週サブタイトル『おとうちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、12月11日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん61話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1948年.

7歳の真知子(大高杏奈)が動員先にいる間に、福島区の実家が空襲に遭う。

一家は命からがら逃げ延びたが、写真館は焼失してしまった。

 

 

 

健次郎の亡妻・澄子の法事、クリスマス、正月と何かあるたび、事件が起きる徳永家。

笑いの絶えない家庭に悲しい出来事が起こる。

喜八郎が帰らぬ人となったのだ。

イシは奄美に戻ると言うが、一人で生活させるわけにはいかないと健次郎は悩む。

イシの望みを昭一が叶えた。

放浪生活に終止符を打ち、奄美でイシと暮らし始める。

 

 

 

 

ここまでが、12月11日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第61話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『徳一死す』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

漢字の優しさ

今日の朝ドラ「おっさんずラブ」は、完治の優しさで始まりました。

風邪ひいちゃいますよ。!!!!

季節がいつなのかわからないが、千代は意気消沈している。

完治も気が気でない~。

もし離婚するとしたら、完治はどちらについていくのでしょうか?

天海家の養子になったということは、天海家の子供ということですが、一平の方に入ったとしても、軽子とセットでいるのは難しいでしょう。

逆に千代側についたとしたら、血のつながりのない他人ということになるので、何かあったらと、希望ではなく、少し心配です。

こんな感じで始まった今日のお千代ちゃんも、やっぱり大変だった…。

全国行脚

終戦から3年が経ち、千代たちは家族ドラマのために日本全国を旅している。

千代はすっかり老いて足がおぼつかなくなり、大丈夫だろうかと心配になる。

しかも、芝居小屋もないのに、どうして野原に観客を呼んで公演ができるのか、ちょっと興味がありました。

目新しさだけで来るのだろうか。

そこでのパフォーマンスは、よく知られた丘の上の一本杉であった。

杉の背後には天然のスクリーンがあり、舞台をいっそう美しく見せていた。

それに、終戦から3年も経つのに、まだ完治に再会していないんでしょう。

生きて帰ってくるのだろうが、彼はそこで何をしていたのだろう。

人助けをしたいと言っていたが、女とギャンブルに溺れているなんて、どんな言い訳をするのか見てみたいものだ

スキット!

そして、竹村夫妻は、ダブルデートから始めた理由を説明しました

いつものように夫婦漫才が始まりましたが、トミーさんの焦りがよくわかりますね~。

そりゃあ、大勢で食事に誘って、ババアが来たらトミーだって困りますよ!(笑)。

また、バラエティードラマを完全に笑いに変えてしまうお二人の完成度の高さには脱帽です。

最後の「トミー」を「ジミー」にするところも名作で、自然と笑いがこみ上げてきました。

ユキエの本性

ついに雪絵の本性が出た!

本性というより焦りですが、靖子たちをどうこうするより、女中として自分の能力をフルに発揮するのは同じことだと思うのです。

でも、そんな雪絵が嫌いなわけではありません。

好きな人を思いやって言ったことで、勇はそれに気づかず、有田もそれに気づいている。

現代版でも、ラブコメによくあるパターンですよね。

雪絵の気持ちをすぐに察したのは偉いと思いますが、煽って事態を悪化させるパターンはやめてほしいです。

朝ドラ「おかえりモネ」は、何か新しいステージに突入したようです。

今週は植樹祭がネタになるようですが、早速さやかが骨折して大混乱。

樹齢300年のヒバを伐採するという話もあり、さてどうなることやら

偵察をするチーム

みーちゃんは偵察隊として派遣されました。

みーちゃんとは、ちょっとぎこちなかったはずなのに、こんなに仲良く抱き合うなんて、ちょっと意外でした。

来たね」「あ…うん」みたいなのを期待してたんだけど、全然違って、ちょっとがっかりした。

それにしても、どうして照男さんの家に嫁ぐことになったのか、ある意味、すごいお母さんですね。

あのみすぼらしい家を見たら、最初から何か騙されていたんじゃないですか?と思うのが普通でしょう。

それなのに、「こんにちは」とだけ現れて、ある意味、頭のネジが1本抜けたような人かもしれない。

しかし、母親を知らない良雄は、新しい母親を簡単に懐かしむだろう。

方言指導

いきなり始まった菊人形劇!

何事かと思ったら、瑠璃子の練習に付き合い、方言指導までしていたとは!

瑠璃子さん、いや、瑠璃子さん、頑張ってるんですねー。

頑張りを隠すタイプだったんですね?。

でも、そういうのって、正直に言っていれば、みんなに誤解されるから、違ったんだろうなぁ。

今日は頑張る瑠璃子ちゃんに涙が出ました

ちびやすこ

今日のお話は、小さなヤス子さんからです。

やすこおじいちゃん、とっても優しいんです。

孫に甘い典型的なおじいちゃんって感じです。

強いイメージではなく、どこにでもいるような普通の女の子です。

子供そのものを描く場合、すごく強くて乱暴な人とか、すごく弱い子とか、両極端に描かれることが多いのですが、彼女は本当に普通の子なんです。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第11週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。