芋たこなんきん第80話のネタバレあらすじ!亜紀のけが

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」15週目第80話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第79話「」では、ストーリーでした。

芋たこなんきんの第80話「亜紀のけが」では、けがをした亜紀が喜八郎から叱られるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年1月8日(月)放送
第14週サブタイトル『奄美想いて』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第80話のネタバレあらすじ

ここからは、1月8日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第80話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん80話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

喜八郎(小島慶四郎)と石(岩本多代)の金婚式の前日、亜紀(畑美雨)は怪我をした。

夜中に腫れ上がったが、石以外の大人は皆留守だった。

帰ってきた喜八郎に叱られる。

ここまでが、1月8日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第80話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第81話のあらすじを知りたい方は、第81話『捨て犬』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第80話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第80話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

離婚届

香里の盗み聞きで塔子の心情を知った千代。

自ら身を引く決断をしたのだ。

それを証明するために、彼女は漢字を使って離婚届を届けた。

明日は10時に集合だ。

遅れないように行かないとw

仙台放送。

そして、異動を決めたのは毬谷莉子さん。

仙台放送のメインキャスターに採用され、次回出演の可能性大です。

桃音さんが気仙沼に戻ることが決まってから、舞台は仙台へ。

仙台放送は2人を再び繋ぐためのものだと思うので、どのように繋がるのか楽しみですね。</

朝日放送ドラマ「ヒヤリ

『カムカムエブリバディ』朝ドラの醍醐味のひとつは、テレビに次々と朝ドラが登場することです。

今日はなんと、朝ドラ “ひらり “まで登場しました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?

もう知っている時代に突入しているんだなぁと肌で感じましたw

ひらりちゃんは実はおじいちゃんキャラが好きだった!

あと、あのドリカムの歌が懐かしすぎる!!!!

全員出席を逃す

ひなたちゃんは、唯一毎日行っているラジオ体操を最終日に欠席してしまったため。

親御さんも同じように「そんなに朝早く起きるのが急なら、もう少し早くやればいいのに」と思うことでしょう。

まるでサザエさんのカツオのようですね。

今、朝ドラ「お姉ちゃん」を再放送していますが、サザエさんはこれからなので、こちらも見逃せませんよ。

個人的には、宿題が中途半端なんだから、ラジオ体操くらい行けばいいのにと思ったのですが、日向さんでもそこまでの心の強さはなかったようですw

お元気でしょうか?

ちょっと待てよ、これって死亡フラグじゃないよな?

牡蠣を注文するためにさやかちゃんを呼ぶ辰巳。

今週はほとんど登場しなかったので、このシーンは今回抜けた祖父を紹介するためだと思いたい。

あさドラ最終回「おかえりモネ」まで、おじいちゃんにはずっと元気でいてほしいです。

一応、若い連中が苦しんでいてどうしようもないというところまで持っていって、最後にさやかが自分たちの役割を諭すという形で終わったので、これで一応の区切りがついたような気がします。

ブラッド・オブ・テルヲ

昨日も今日も、千代は後先考えずに突っ走ってしまう。

あなたには完全に照夫の血が流れている。

引き受けたはいいが、一平に頼っている。

もう少し自分で考えないと、いつまでも人任せで終わってしまうと思うのですが…

上司の気持ち

昨日から感じていることなんですが、夏木マリさんってそんなにボスっぽくないですよね?

役名でも林業組合のボスだし、地主なら周りの住民の間でも有名人だし。

特にあの金髪は?

あの金髪がスーパーサイヤ人のような強さを感じさせるのでしょうかw

うそです。

一福の「ウソツキ」は、やるせない気持ちにさせる。

愛国少年だった彼は、日本が勝つと信じて疑わなかったのでしょうが、一福が出征する前に戦争が終わって良かったと心から思います。

もし一福が福助のように志願して戦死していたら、光枝はどんなに悲しんだことか……。

そうならないようにと願っていたら、どうにか戦争が終わってほっとしました。

今回の朝ドラ「お朝やん」は、前回の「エール」と違って、それほど戦争の描写はなかったのですが、人の気持ちが感じられないのが辛いところです。

明日、光代がどう立ち直るかということだと思いますが、そう簡単には立ち直れそうにないですね、

峰さん

千代は岡安について最初から地雷を踏んでいる。

女中頭の亀さんにとっては地雷でしたが、まあ、「おかめさん」がNGワードと言われると、ちょっと自信がないのが普通でしょうか…。

風が吹いて、逆手に取られたことが一発でわかるシーンは新喜劇のようですw

あと、このあと鼻で笑われるかと思いきや、教えることの大切さを痛感しました:!!!(笑

亀さんのやる気スイッチはどこにあったのでしょうか?

いや、教える気満々というより、教えるふりをしながら意地悪をする気満々だったのかもしれませんね。

まあ、あんなに一気にやれと言われて一発でできる人ばかりではないですからね。

あと、最後のネズミで忘れたって言ってたけど、ネズミも食べていいんですか?とか言ってたのが気になったけど、それは逃げるしかないのかw

いつか植えたい。

浩二が作った笛から生えた新芽。

桃音はいつか植えたいと言っていたが、これはフラグなんだろ?

気仙沼に帰ってきて、この笛を植えて、将来的にはこの芽が大きく育つイメージでおかえりモネ最終回を想像してしまう、そんなフラグだと思いますw

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第15週目第80話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。