澪つくし第128話のネタバレあらすじ!アミの身請け

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第128話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第127話「逮捕」では、入兆で強盗したアミの弟・栄二が警察に逮捕されるストーリーでした。

澪つくしの第128話「アミの身請け」では、かをるの願いで、久兵衛がアミを身請けするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月27日(火)放送
第22週第128話タイトル『アミの身請け』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第128話のネタバレあらすじ

ここからは、8月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第128話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし128話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

警察

警察で確認した久兵衛とかをるは、犯人の顔を確認して、たしかに犯人だといった。

警察の話では、女郎を見受けしたという。

その女郎は姉といい、姉を助けたという。

女郎に戻して金は返すから民事上の事案という。

するとそこへアミがやってきた。

アミは勘弁してほしいと謝罪する。

お金は返すから許してほしいとお願いする

入兆

家にかえると世の中が悪いといい。

そして、事故のせいで家族がばらばらになったという。

善吉が嫁にしたという。

かをるは、アミをたすけてくださいという。

かをるは久兵衛にお願いしますというが、あかんという。

しかし、久兵衛は娘の話をきき、アミを受け入れた。

それから入兆で働けという。

不満があるかというとやとっていただけるのかという。

アミは涙を流して感謝の言葉をした。

善吉

英一郎がやってきて、アミに会いたいと善吉がきたことを話す。

かをるが善吉のもとへ向かうと、会いたくないということを伝える。

迷惑をかけたくないという。

結婚は事情があって諦めたという。

入兆が払うのは筋違うという。

年季奉公するという。

アミは裏で涙を流していた。

善吉はアミに会わず帰っていった。

小浜家

小浜家でヒットラーのクーデターは成功しないという。

あれはどういう意味だという。

言葉の真意をききたという。

ここまでが、8月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第128話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第129話のあらすじを知りたい方は、第129話『惣吉に似た男』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第128話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第128話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし128話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第128話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

128話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。