澪つくし第128話のネタバレあらすじ!アミの身請け

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第128話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第127話「逮捕」では、入兆で強盗したアミの弟・栄二が警察に逮捕されるストーリーでした。

澪つくしの第128話「アミの身請け」では、かをるの願いで、久兵衛がアミを身請けするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月27日(火)放送
第22週第128話タイトル『アミの身請け』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第128話のネタバレあらすじ

ここからは、8月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第128話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし128話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 久兵衛とかをるが警察にいき、犯人の顔を確認する
  • 犯人の姉がアミと知って驚くかをる
  • お金は返すから許して欲しいと訴える
  • 久兵衛にアミを助けて欲しいとお願いする
  • 入兆で身請けすることなり、女中として働く
  • 善吉が入兆にやってくる
  • アミが会いたくないことを伝える

警察

犯人逮捕の一報を受け、警察に出向く久兵衛と梅木かをる(沢口靖子)

犯人と対面し、顔を確認すると、たしかに泥棒に入った本人だった。

警察の話では、盗んだ金は、女郎として働いていた姉の見請け金に使ったと言う。

するとそこへ一緒に逮捕された姉・アミがやってきた。

アミに気づいたかをるは驚きを隠せない。

アミは、土下座をし、お金は返すから許してほしいとお願いした。

お願い

家に帰ると、かをるは、坂東久兵衛(津川雅彦)にアミを助けて欲しいとお願いする。

最初はダメだと断ったが、かをるの執拗なお願いに折れ、アミを受け入れることにした。

それからかをるはアミを引き取りに行った。

アミを入兆に連れ帰ると、久兵衛はこれから入兆で女中として働けと話す。

アミは涙を流して、感謝の言葉を口にした。

善吉

すると、そこへ坂東英一郎(鷲生功)がやってきて、善吉がアミに会いたいとやってきたと話す。

かをるが向かうと、彼女は迷惑をかけたくないから、会いたくないということを伝えた。

すると吉武善吉(安藤一夫)は、身請け金を入兆が払うのは筋違いだと訴えた。

しかし、かをるは身請け金を払う代わりに、入兆で年季奉公することになったことを伝える。

アミは裏で涙を流し、善吉はアミに会わず帰っていった。

ここまでが、8月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第128話のあらすじのネタバレです。

泥棒事件は一件落着しましたが、もう一つ大きなことが起こるんですよね、、、

澪つくし第129話のあらすじを知りたい方は、第129話『惣吉に似た男』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第128話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第128話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

まさかのご対面!

泥棒が捕まったと警察に行く久兵衛とかをる。

泥棒の顔を見て、こいつに間違いないと確認しました。

その後に、お金の使い道で、姉の身請け金に使ったと話していましたが、ちょっとそこだけ切り取って聞くと、コイツ悪いヤツじゃないんじゃね?って思っちゃいますよね。

泥棒自体は悪いことですが、自分のためじゃなくて姉のためにやったことを考慮すれば、心情としては刑も少し軽くしてやりたい気持ちになりますよね。

そして、そのあとに一緒に逮捕された姉ともご対面。

かをるさんはアミを見てびっくり!

まさか自分の知り合いだったとは!って顔してましたね。

そもそもアミがなぜ一緒に逮捕されているのか、その罪名を知りたいところですが、本当にアミ一家はかわいそうだなと感じるシーンでした。

さすがかをる!

そして、家に戻った久兵衛とかをる。

かをるが久兵衛にアミを助けてあげて欲しいってお願いしていましたが、なんだか子供っぽいお願いでしたね。

かをるが親におねだりするところなんて、これまで見たことがなかったので、とても新鮮でした。

久兵衛も結局、かをるにほだされて、アミを身請けする形で入兆の女中にしましたが、本当に優しいとこありますよね。

わからずやの頑固親父の側面をのぞけば、本当にいい当主であり、父親なのにそれだけが残念でなりませんw

会いたくない!

アミが入兆にいると知った善吉。

入兆がお金を払うのは筋違いだと訴えていましたが、正論ですよね。

しかも、自分がホレた女のために、母親の条件を飲んで、助けようとしたのに、なんだか踏んだりけったりな感じもしますし。

さらにアミから会いたくない!って言われたらダブルショックですよね。

惣吉とかをるは親の反対を乗り切って結婚できましたが、アミと善吉は結婚できずに、このままお別れなんでしょうか?

善吉の思いをどうか汲んでやって欲しいと感じた朝ドラ「澪つくし」128話でした。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第128話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

128話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。