澪つくし第129話のネタバレあらすじ!惣吉に似た男

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第129話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第128話「アミの身請け」では、かをるの願いで、久兵衛がアミを身請けするストーリーでした。

澪つくしの第129話「惣吉に似た男」では、律子が惣吉に似た男を発見し、警察に声をかけられるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月28日(水)放送
第22週第129話タイトル『惣吉に似た男』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第129話のネタバレあらすじ

ここからは、8月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第129話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし129話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

営業妨害

営業妨害だという。

組合の

生産協定に参加するかというと内容次第だという。

 

お暇

弟はそろそろ出所するのかと聞く。

おひまをいただけるならという。

その代わり謝罪に来いという。

 

ツエが世話をするがなかしていた。

 

小浜家

律子はどうしてあんなことをしたのかという。

夫のことにいちいち口を働く。

まさか同じようにやるつもりだったのかという。

会合に参加しようとしても断られる

どうして?

律子のせいだといわれる

 

謝罪

翌日、謝罪にきた。

なぜ入兆にきたというと行き当たりばったりできたという。

姉を助けていただいてありがとうという。

その俺はかをるにいえという。

かをるに気が付いた、途中でやめるのもおかしいという。

これからどうするのかと聞くと、缶詰工場に戻るという。

久兵衛は広敷で働けという。

アミは感謝の言葉を口にした。

 

スイカ

スイカ食べる。

るいは反対する。

 

青年学校玲

男子に軍事教練を施した。

 

銀座

8月の末。

律子が銀座に買い物に出かけた。

そのとき、惣吉とよく似た人物を発見する。

その男に声をかけると、知らない男が声をかけてきた。

すると、その男は警察だという。

ここまでが、8月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第129話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第130話のあらすじを知りたい方は、第130話『惣吉が生きていた!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第129話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第129話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし129話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第129話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

129話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。