澪つくし第130話のネタバレあらすじ!惣吉が生きていた!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第130話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第129話「惣吉に似た男」では、律子が惣吉に似た男を発見し、警察に声をかけられるストーリーでした。

澪つくしの第130話「惣吉が生きていた!?」では、律子が入兆に戻ってきて、惣吉が生きていたことをかをるに伝えるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月29日(木)放送
第22週第130話タイトル『惣吉が生きていた!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第130話のネタバレあらすじ

ここからは、8月29日に放送された朝ドラ「澪つくし」第130話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし130話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 律子が帰省してくる
  • かをるに惣吉が生きていたことを伝える
  • 心の準備をしておいたほうがいいと忠告する
  • 久兵衛たちにも惣吉の話をする
  • 東京にいかせてほしいと訴える
  • 梅木が一緒についていくと話す。
  • 翌朝、律子と共に東京へ向かう

帰省

ある日、小浜律子(桜田淳子)が入兆に戻ってきた。

坂東久兵衛(津川雅彦)が何の用事で帰ってきたのかと聞くと、今日はかをるに用があってきたと話す。

二人っきりになると、律子は、銀座で吉武惣吉(川野太郎)を見たことを伝える。

梅木かをる(沢口靖子)はその言葉に固まるが、律子は、刑事がついていたこと、その男は記憶喪失者だということを説明した。

信じられないかをるだったが、律子は、あれは惣吉だと断言できると答えた。

そして、もしものときのために、心の準備をしておいたほうがいいと伝える。

惣吉

その後、惣吉の話を久兵衛たちにもする。

かをるは、もしも惣吉だったら記憶を戻したほうがいいと話し、東京にいかせてほしいと訴えた。

坂東るい(加賀まりこ)が、記憶が戻った後のことを心配するが、惣吉とは過去のことだから、自分のことは心配しないでほしいという。

すると、それを聞いていた梅木健作(柴田恭兵)が東京に一緒についていくと話す。

久兵衛は、二人の気持ちを尊重し、そんなに言うなら何もいうまいと、東京にいくことを認めた。

夫婦の会話

その夜、梅木は、本当は自信がないと今の気持ちを吐露する。

どんなことがあっても離れたくないとかをるに伝えると、かをるも私もだと答えた。

翌朝、二人は、律子と共に東京に向かった。

ここまでが、8月29日に放送された朝ドラ「澪つくし」第130話のあらすじのネタバレです。

東京にいくことになりましたが、本物だったんですよね、、、

澪つくし第131話のあらすじを知りたい方は、第131話『4年ぶりの再会』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第130話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第130話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

律子戻ってくる!

惣吉の話が最初にあるのかと思いきや、いきなり律子が入兆に戻ってくる!

律子が入兆に戻るときは何かと問題が起きますが、今回は思いもよらない展開に久兵衛もあんぐりでしたね。

正直、こんなにも早くかをるに知らせるとは思いませんでした。

英一郎に相談という流れもあったかもしれませんが、お姉様直球すぎますw

どんな気持ち!?

そして、ついにかをるに惣吉の生存を告げた律子。

驚くのは当然として、かをるはどんな気持ちだったんでしょうか?

愛した夫が生きていたのはうれしいことだとは思いますが、かをるはすでに再婚し、子供までいる身。

自分の感情だけで物事を進めるのはよくないと、誰もが思う展開ですが、もしものときのために、心の準備をしておいたほうがいいというのは、何の心の準備なのか真意がちょっと知りたかったです。

律子のこれまでの言動からすれば、惣吉はすでに過去の人で、未来を見据えた準備をしてねってことかもしれませんが、惣吉がどう思うかも重要ですよね。

皆に報告

そのことについては、久兵衛たちに話をしたときに話題になりました。

久兵衛はもうすでに吉武家とは何のつながりもないと語尾を強めていましたが、そんな簡単な話ではないと釘をさするい。

記憶が戻った後の話が一番重要だということは、誰もが想像するところですが、まさかかをるの口から過去のことと出たのはちょっと意外でした。

おそらく記憶が戻った後の惣吉の気持ちを全然考えていないですよね。

記憶を取り戻して外川に戻すべきだっていってましたけど、記憶が戻った後、妻が他の男と結婚して子供までいたと知れば、どれほどの絶望でしょうか?

言うのは正論かもしれませんが、惣吉のためというより、自分がそうしたいという気持ちが強いような気がします。

まぁ、ドラマ的にはこの先ドロドロな感じになるのが目に見えていますので、ワクワク感が半端ないですがw

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第130話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

130話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。