澪つくし第130話のネタバレあらすじ!惣吉が生きていた!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第130話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第129話「惣吉に似た男」では、律子が惣吉に似た男を発見し、警察に声をかけられるストーリーでした。

澪つくしの第130話「惣吉が生きていた!?」では、律子が入兆に戻ってきて、惣吉が生きていたことをかをるに伝えるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月29日(木)放送
第22週第130話タイトル『惣吉が生きていた!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第130話のネタバレあらすじ

ここからは、8月29日に放送された朝ドラ「澪つくし」第130話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし130話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

帰省

ある日、律子が入兆に戻ってきた。

かをるは、律子に話があるという。

幽霊をみたという。

律子は、惣吉を見たという。

刑事がついていたという。

その男は、記憶喪失者だという。

正直に話して欲しいという。

すべてはぐらかす。

記憶を失って困っているという。

フィリピンから強制送還されたという。

住所と名前をかけといわれる。

すると惣吉が、私は誰なのかと声をかけた。

しかし、律子はあれは惣吉だと断言できるという。

心の準備をしておいたほうがいいという。

惣吉の話

その話を久兵衛たちに話をする。

かをるが東京にいかせてほしいという。

もしも惣吉だったら記憶を戻したほうがいいという。

自分のことは心配するなという。

過去のことだという。

梅木も一緒についていくという。

吉武の身柄を引き取って、外川に戻すという。

そんなに言うなら、何もいうまいという。

夫婦の会話

変なことを考えるなという。

似合いの夫婦だったという。

本当は自信がないという。

時間がかかったのは確かだが、ふっきれたという。

どんなことがあっても離れたくないというと私もだと答えた。

誓うかという誓いますと答えた。

東京

翌朝律子と共に東京に向かった。

 

 

その話を聞いたかをるは

ここまでが、8月29日に放送された朝ドラ「澪つくし」第130話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第131話のあらすじを知りたい方は、第131話『4年ぶりの再会』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第130話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第130話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし130話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第130話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

130話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。