澪つくし第132話のネタバレあらすじ!惣吉の生還

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第132話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第131話「4年ぶりの再会」では、東京に向かったかをるが、惣吉と4年ぶりに再会するストーリーでした。

澪つくしの第132話「惣吉の生還」では、惣吉の記憶が戻り、外川に生還するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月31日(土)放送
第22週第132話タイトル『惣吉の生還』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第132話のネタバレあらすじ

ここからは、8月31日に放送された朝ドラ「澪つくし」第132話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし132話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉の記憶が戻る
  • 吉武家の皆が喜ぶ
  • かをるが流産したことを知る
  • 梅木が相手が何もいってこない限り、静観すると伝える

吉武家

惣吉が記憶を取り戻した頃、吉武家では、漁師が船に乗っている幽霊の惣吉を見たと、とねに訴えていた。

半信半疑の吉武とね(草笛光子)だったが、惣吉の幽霊だったら会って見たいと浜に向かう。

再会

とねが浜にやってくると、すでに善吉たちが集まっていた。

吉武善吉(安藤一夫)は惣吉のもとへ駆け寄り、抱きしめる。

とねは信じられないような顔で、呆然と立っていた。

惣吉が近寄ってくると、目に涙を浮かべ、強く息子を抱きしめる。

梅木かをる(沢口靖子)は、梅木に惣吉の気持ちが戻ったと話す。

再婚していることは?と聞くと、それも伝えたが黙っていたと答えた。

吉武家

記憶の戻ったの吉武惣吉(川野太郎)は、連れ添ってきた特高刑事にこれまでの経緯を話す。

話の流れでかをるの話題が、再婚したと改めて知らされる。

子供はどうしたのかと聞くと、言いづらそうにとねが流産したことを伝えた。

坂東家

坂東家では、惣吉が記憶を取り戻したことを報告していた。

英一郎は喜ぶが、坂東るい(加賀まりこ)は今後のことが気がかりでしょうがない。

梅木健作(柴田恭兵)は、吉武家が何か言ってこない限り、静観しているつもりだと話した。

ここまでが、8月31日に放送された朝ドラ「澪つくし」第132話のあらすじのネタバレです。

静観するっていってましたが、すぐにやってくるんですよね、、、

澪つくし第133話のあらすじを知りたい方は、第133話『社長代理に昇進』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第132話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第132話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

とねの喜び

とねさんかなり喜んでいましたね。

そりゃ死んだと思っていた息子が生きて帰ってきたんですもの。

こんなうれしいことはありません!

ただ、やはり喜んでばかりではいかないのが朝ドラ「澪つくし」

とねたちが喜んでいる中、かをるは梅木のもとへ向かい、すっかり梅木の奥さんとして振舞っていました。

それを惣吉が見ているシーンはなかったですが、ちょっと目に入ってたんじゃないでしょうか?

それを考えると、惣吉も母親と再会した喜びよりもショックのほうが大きかったんじゃないかと思います。

どちらかといえば、突然すぎて理解できていなかったような感じですが、ショックはいかほどか、、、

壮絶

遭難したあとのことを話し始める惣吉。

スケールがでかすぎて、ちょっと現実的にはありえない感じですが、これでOK出したのが逆にすごい。

言葉を話せない惣吉は、アメリカへの密航者と思われて、ミンダナオ島の収容所。

そこでは、強制労働をさせらて過ごしていたってそんなことってあります?

さらにそこから生還してきたというのが、また不思議なお話で、日本に戻ってからも思想教育を受けたのかと尋問されたり、やばやばでしょ。

銚子と東京しか舞台がなかったのに、いっきに世界に手を広げた感じでへんな感じになりましたw

子供

子供のことを思い出した惣吉。

とねが話を濁しましたが、結局流産したことを知りましたね。

もしも、子供が産まれていたとなると、運命も違っていたかもしれません。

かをるの性格上、子供を立派な跡継ぎにするといって入兆に戻ってきていなかったような気がするんですよね。

子供が産まれていたら、とねも黙っていなかったでしょうし、あの流産が大きな人生の分岐点だったんじゃないかと思います。

もろもろの事情を把握した惣吉ですが、気持ちはあのときのまま。

「俺の女房は、この世に一人しかいない。」

この言葉がすべてを物語っていますよね。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第132話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

132話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。