澪つくし第151話のネタバレあらすじ!まともな醤油が作れない!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第151話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第150話「戦争のあおり」では、戦争のあおりを受けて、入兆も吉武一家も苦境に立たされるストーリーでした。

澪つくしの第151話「まともな醤油が作れない!」では、小麦と大豆が不足してまともな醤油が作れず、味見をした久兵衛が嘆くストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月23日(月)放送
第26週第151話タイトル『まともな醤油が作れない!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第151話のネタバレあらすじ

ここからは、9月23日に放送された朝ドラ「澪つくし」第151話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし151話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

久兵衛が職人たちを集め、激を飛ばす。

一致団結して、あらゆる困難にもつきすすめ

 

 

 

英一郎は、どうしているかという。

英一郎は帰ってくるという。

かをるに覚悟しとけという。

梅木がいったときはがんばれという

 

 

 

今日もまた職人に召集令状が届く。

 

この場でふさわしくないというが、武田が名誉の戦死をとげたという。

アミは泣き崩れた。

 

 

 

惣吉はどうしているのかという。

南方にいったっきりなんでしょ?

心のどこかで惣吉の安否をきにしている。

 

 

質より量だという

男子より女子を雇いたいという。

隠居の身だから好きにしろという。

 

清次も材料がないから樽がつくれない

昭和樽だという?

 

よそに頼むしかない。

仕事は仕事だといい、るいと清次が喧嘩する。

 

うちだってひどい醤油を作っているという。

味見する久兵衛。

 

 

久兵衛が涙を流す。

ご先祖様になんとお詫びしたらいいかと涙を流す

ここまでが、9月23日に放送された朝ドラ「澪つくし」第151話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第152話のあらすじを知りたい方は、第152話『醤油工場へ派遣』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第151話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第151話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし151話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第151話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

151話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。