澪つくし第152話のネタバレあらすじ!醤油工場へ派遣

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第152話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第151話「まともな醤油が作れない!」では、小麦と大豆が不足してまともな醤油が作れず、味見をした久兵衛が嘆くストーリーでした。

澪つくしの第152話「醤油工場へ派遣」では、陸軍の軍属として梅木がフィリピンにある醤油工場へ派遣されることなるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月24日(火)放送
第26週第152話タイトル『醤油工場へ派遣』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第152話のネタバレあらすじ

ここからは、9月24日に放送された朝ドラ「澪つくし」第152話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし152話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

入兆

戦局が不利になっていく

そこへハマがやってきた。

久兵衛に相談しにきた。

真鍋が留置所に入れられているという。

警察が闇業者だといって摘発されたという。

主人は悪い人間と違うという。

警察

久兵衛は警察にいった。

息子は軍人だという。

釈放するとはせん。

二人の結婚の身元保証人だという。

服が上等だというと闇で買ったのかという。

味噌も砂糖もたらん。

真鍋は庶民を助けたという。

毎日晩酌しているという。

どこで補強しているのかという。

署長を脅迫した。

罰が悪いとおもった署長は、真鍋を釈放した。

入兆

真鍋は人助けをしているつもりだという。

紀之もでかくなっていた。

飛行機を操縦したという。

油断するなと久兵衛がいう。

 

醤油工場に派遣

梅木が帰ってきた。

話があるという。

くるべきときがきたという。

フィリピンにいくことになったという。

召集令状かというと陸軍について醤油工場でつくることになった。

銃をもって戦うわけではないという。

おそらく生きては帰れないというと、約束が違うという。

もし死んだら舌を噛み切ってしぬという。

子供たちはどうするという。

 

翌朝

久兵衛に報告すると、がんばれと励ます。

かをると子供たちをよろしくという。

するとアミとえいじがやってきて、一緒におともさせてほしいという。

 

その夜梅木は、髪を切り、あとは頼むという。

分身だ。

おれに会いたければ、おれだと思え。

 

お前のそばに帰ってくると話す。

ここまでが、9月24日に放送された朝ドラ「澪つくし」第152話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第153話のあらすじを知りたい方は、第153話『鰯で醤油作り!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第152話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第152話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし152話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第152話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

152話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。