澪つくし第153話のネタバレあらすじ!鰯で醤油作り!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第153話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第152話「醤油工場へ派遣」では、陸軍の軍属として梅木がフィリピンにある醤油工場へ派遣されることなるストーリーでした。

澪つくしの第153話「鰯で醤油作り!?」では、かをるが鰯を発酵させて醤油の代用品を作ってみようと画策するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月25日(水)放送
第26週第153話タイトル『鰯で醤油作り!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第153話のネタバレあらすじ

ここからは、9月25日に放送された朝ドラ「澪つくし」第153話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし153話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 梅木と栄二を見送る
  • 鰯で醤油作りができないか考え付く
  • 吉武家を訪れ、鰯を分けてもらえないかお願いする
  • 漁師たちがいなくて取れないと答える
  • あるだけの鰯をもらう
  • 鰯で醤油が作れることが分かったが、どうすることもできなかった

ついに梅木と栄二が出発する日がやってきた。

かをるたちは、二人を駅で見送る。

梅木と梅木かをる(沢口靖子)は見つめ合い、ただ頷くだけで、言葉は交わさなかった。

醤油作り

梅木健作(柴田恭兵)が戦地にいった後も、醤油作りに悪戦苦闘する入兆。

職人たちもどうにもならないと嘆くが、かをるは投げ出してはだめだと励ます。

原料になるものがないか考えていると、小麦がない頃はどうやって醤油を作っていたのか疑問を口にした。

そして、昔は醤(ひしお)があったことを思い出す。

吉武家

かをるは吉武家を訪れた。

かをるは、醤(ひしお)の話をし、鰯を発酵させて醤油を作ってみたいと相談した。

しかし、吉武とね(草笛光子)は鰯を取る漁師たちがいなくて、まったく取れないと答える。

それでも、あるだけの鰯をかをるに手渡した。

入兆

吉武善吉(安藤一夫)が鰯を入兆まで運ぶのを手伝ってくれた。

もらった鰯を保管していると職人たちがその鰯に群がってきた。

結局鰯の一部は、職人たちの胃袋におさまる。

それから鰯を使った醤油を作れることがわかったが、肝心の鰯が手に入らずどうすることもできなかった。

ここまでが、9月25日に放送された朝ドラ「澪つくし」第153話のあらすじのネタバレです。

結局鰯で醤油作りを続けられませんでしたが、戦況がかなり悪化するんですよね、、、

澪つくし第154話のあらすじを知りたい方は、第154話『艦載機に狙われる!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第153話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第153話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

栄二がカギか

梅木が陸軍に付いて醤油工場で醤油を作ることになり、一緒にお供させてくださいと男気を見せた栄二。

久兵衛も栄二の志に、自分の目に狂いはなかったと涙しますが、栄二が梅木のことの顛末を伝えるメッセンジャーの可能性がでてきましたね。

もう特に出番がなくなったから、弥太郎みたいに外に出した線もありますが、前者のほうが涙涙の展開になるので、可能性としては高いんじゃないかと思っています。

別れ

そして、二人が出発する日。

駅で見送りましたが、二人は言葉を交わさなかったですね。

これが最後の別れとなるのか、涙の再会となるのか、ジェームス三木さんのみぞ知るってやつですw

醤油作り!

梅木なきあと、どういう話になるのかと思いきや醤油作りがメインに!!!

まさか終盤になって醤油作りに精を出す展開になるとはw

ただし、それもあっけなく挫折しましたね。

醤(ひしお)までたどり着いたのはナイスですが、魚をもらいに吉武家にいったものの、こっちはこっちで漁に出られず、八方塞な状態。

とねの好意であるだけの鰯を持って帰りましたが、それをみんなで食べるってどういう了見ですかw

外川でも魚が取れないとあらば、皆の食料になるやつをわざわざ醤油作りをしたいという気持ちを汲んで、あげたんですよ?

まぁ全部食べたわけじゃないでしょうが、結局鰯で作る醤油作りは頓挫して終わってしまいましたし、、、

これで醤油作りの話は終わりなのか、それとも明日は新たな手法を思いつき醤油作りに励むのか、最初の5分くらいで分かりそうですw

戦況もかなり悪化していますので、今週末あるいは来週には戦争終わりそうな感じですね。

個人的には律子さんが最後どうなるのかが一番気になります。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第153話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

153話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。