澪つくし第154話のネタバレあらすじ!艦載機に狙われる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第154話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第153話「鰯で醤油作り!?」では、かをるが鰯を発酵させて醤油の代用品を作ってみようと画策するストーリーでした。

澪つくしの第154話「艦載機に狙われる!?」では、かをるが艦載機に狙われているところを、偶然惣吉がやってきて助けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月26日(木)放送
第26週第154話タイトル『艦載機に狙われる!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第154話のネタバレあらすじ

ここからは、9月26日に放送された朝ドラ「澪つくし」第154話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし154話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 久兵衛が入兆の記念式典の話をする
  • 痴呆で呆けている久兵衛にるいが涙する
  • かをるたちは神社に足を運び、無事を願った
  • 食料をわけにでかけている途中で狙撃させる
  • たまたま助けてくれた男性が惣吉だと気づく
  • 今度は沖縄にいくと話す

記念式典

カキ氷を食べている坂東久兵衛(津川雅彦)

来年は創業300年で、盛大に記念式典をやらないといけないなと話す。

坂東るい(加賀まりこ)は、このご時勢だから派手なことはできないといい、英一郎が帰ってきたら12代目を継いでもらう話しを口にする。

すると久兵衛は、昨夜、血みどろになった坂東英一郎(鷲生功)が枕元に立っていたと答えた。

るいは必死でそれは逆夢だと否定した。

その後も淡々と話す久兵衛にるいが涙する。

久兵衛は、痴呆になってて、おかしなことを口にするようになっていたのだ。

祈り

梅木かをる(沢口靖子)は、子供たちを連れて神社にやってきた。

梅木に玉が当たらないようにと願った。

すると、そこへ職人たちもやってきて、梅木たちのために一緒に祈る。

本土爆撃

ついに本土爆撃で銚子にも忍び寄る。

かをるは、ぎんに食料を分けてもらうためリヤカーを引いていると、突然空から狙撃される。

頭をかかえてその場で動けずにいると、一人の男が抱きかかえ、防空壕に逃げ延びた。

お礼をいい顔を上げると、そこにいたのは吉武惣吉(川野太郎)だった。

惣吉が生きていて安堵するかをる。

惣吉は、さっき戻ったばかりだが、今度は沖縄にいくと話した。

ここまでが、9月26日に放送された朝ドラ「澪つくし」第154話のあらすじのネタバレです。

防空壕に逃げ延びましたが、かをるが一緒にいたらまずいと出ようとするんですよね、、、

澪つくし第155話のあらすじを知りたい方は、第155話『幸せとは?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第154話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第154話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ついにボケた

まさかの久兵衛が痴呆症!?

そんな急に老けますか?

確かにちょっと白髪が増えてきたので年取った感はありますが、そういう意味ではるいもかなりおばあちゃんでしたよね。

来年は入兆が創業してから300年の年で、盛大に記念式典をやらないといけないと話していましたが、英一郎が枕元に立っていたって不吉な予感しかしないじゃないですか。

こんなストレートのフラグ立てるのかとちょっと疑問に思いましたが、どちらに転んでもおかしくな状況なので、結果を待つしかないですね。

ただ、ボケた夫を見て涙するるいを見ていると、こっちまで悲しくなっちゃいます、、、

祈り届くか?

醤油作りも頓挫して、先が見えない中、子供たちをつれてお祈りにいったかをる。

梅木に玉が当たらないようにと願っていましたが、梅木に千人針をやったシーンってありましたっけ?

英一郎には渡していましたが、そんな時間なかったかもしれませんね。

ただ無事に戻ってきますようにではなく玉が当たらないようにと願ったあたりが、ちょっと気になるところ。

そして、そこへ職人たちもやってきて同じようにお祈りしました。

この願いが届くのか、この先はちょっとしんどい話になりそうです。

本土爆撃

それもそのはず、ついに本土爆撃!

これはもうすぐ終戦ですが、銚子も空襲があったようで、ここで誰かが亡くなるかもしれません。

そんなことを思っていると、まさかの惣吉が登場!!!!

こんなことってありますか?

フィリピンにいってたのかと思いきや、銚子にいて、さらにかをるを助けるってそうそうこんな偶然ないですよw

まさかの惣吉による大逆転劇が起こるんじゃないかとちょっとテンションがあがった朝ドラ「澪つくし」154話でした。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第154話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

154話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。