澪つくし第154話のネタバレあらすじ!艦載機に狙われる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第154話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第153話「鰯で醤油作り!?」では、かをるが鰯を発酵させて醤油の代用品を作ってみようと画策するストーリーでした。

澪つくしの第154話「艦載機に狙われる!?」では、かをるが艦載機に狙われているところを、偶然惣吉がやってきて助けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月26日(木)放送
第26週第154話タイトル『艦載機に狙われる!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第154話のネタバレあらすじ

ここからは、9月26日に放送された朝ドラ「澪つくし」第154話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし154話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

女学校報告隊

女学校報告隊が入兆にやってきた。

みなに手伝いをさせる。

 

カキ氷を食べている久兵衛。

来年は創業300年になるという。

盛大に記念式典をやらないといけないなと話す。

るいが涙を流し、このご時勢だから派手なことはできないという。

英一郎が帰ってきたら12代目ついでもらうんでしょという。

英一郎は帰ってこないという。

昨夜、血みどろになって枕元にたったという。

逆夢だという。

久兵衛は痴呆になっていた。

 

 

祈り

子供たちを連れて神社にやってきた。

玉があたらないよう願った。

神の手にすがる思いで祈った。

アミはあきらめているという。

かをるは二人とも生きてかえると信じているという。

武田が死んでから戦争がきらいだという。

そこへ職人たちがやってきて、社長の祈りに来たという。

 

 

明日から働くかなくていいという。

材料がないという。

 

 

大和魂という。

ひどいという。

体当たりということは、自分から死にに行くということだ。

家族はどうなるという。

英一郎がそうなってもいいのかというと、久兵衛は立派に果たして濃いというといい。

 

本土爆撃

ついに本土爆撃で銚子にやってきた。

かをるは打たれそうになると、助けられた。

すると惣吉に助けられた。

今度は沖縄だろうと話す。

高神のお母さんに

惣吉にたす

 

惣吉に偶然助けられたかをるは安堵する。

お役目が住んだのか聞くと、今度は沖縄にいくという。

かをるはとっさにだきついた。

ここまでが、9月26日に放送された朝ドラ「澪つくし」第154話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第155話のあらすじを知りたい方は、第155話『幸せとは?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第154話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第154話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし154話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第154話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

154話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。