澪つくし第155話のネタバレあらすじ!幸せとは?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第155話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第154話「艦載機に狙われる!?」では、かをるが艦載機に狙われているところを、偶然惣吉がやってきて助けるストーリーでした。

澪つくしの第155話「幸せとは?」では、洞窟でかをると惣吉がこれまでのことを話し、幸せと何なのか自問自答するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月27日(金)放送
第26週第155話タイトル『幸せとは?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第155話のネタバレあらすじ

ここからは、9月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第155話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし155話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

当分ここにいるしかないという。

気分が悪いという。

船のエンジン

サイパンにいってもうだめかと思っていたという。

胸のつかえがすっととれたという。

後ろめたかったという

自分のためだという。

これからはどこにいっても危ない。

 

梅木から連絡は?というがないという。

かをるは帰るという。

もしも爆弾を受けて死んだら誤解されるという。

それなら俺が出て行くという。

いかないでという。

どこへにもいかないでという。

 

その頃、防空壕にいる久兵衛たち。

 

 

 

 

人の運命はどうなるか分からないという。

これまでのことを話す。

まさか生きて帰るとは思わなかったという。

かをるは動揺したという。

一時は死のうと思ったという。

妻は再婚していたという。

割り切れなかったという。

妻を取り返すのは当然だと思ったが、妻に幸せを壊さないでいわれた我が

 

惣吉が幸せじゃないと自分は幸せじゃない気がする。

 

 

二人が別れる

たんたんとした別れをした。

いずれにしてももう会うことはあるまいと思った。

 

空襲

空襲で焼け野原。

銚子高等学校も焼かれたという。

ここまでが、9月27日に放送された朝ドラ「澪つくし」第155話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第156話のあらすじを知りたい方は、第156話『空襲』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第155話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第155話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし155話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第155話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

155話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。