澪つくし第156話のネタバレあらすじ!空襲

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第156話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第155話「幸せとは?」では、洞窟でかをると惣吉がこれまでのことを話し、幸せと何なのか自問自答するストーリーでした。

澪つくしの第156話「空襲」では、空襲で入兆の工場が攻撃を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月28日(土)放送
第26週第156話タイトル『空襲』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第156話のネタバレあらすじ

ここからは、9月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第156話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし156話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

吉武家

吉武家では、惣吉がまた沖縄にいくという。

吉武一家がアメリカにやられてたまるかという。

惣吉はとうとう再婚しないという。

かをるとは2月にあったという。

洞窟に閉じ込められて色々はなしたという。

そして思い残すことはないといい沖縄に行った。

 

 

畑仕事をしていた。

そこへ清次がやってきた。

そこへかをるがやってきて、紀之が特攻隊として戦死したと伝えた。

 

真鍋家

葬式にかをるがいった。

線香をあげにきた。

ハマはくやしいという。

真鍋もちくしょーという

 

 

子供たちにどうすればいいか教える。

その夜また空襲傾向がでた。

皆で防空壕に入る。

 

創業300年の記念式典をしたいという。

英一郎が

 

あきひこを12代目をつがせないといけないと話す。

一緒になってよかったと聞くと逆にどうなのかと聞く。

 

 

かをるは梅木は生き延びているだろうかと思った。

 

 

空襲

入兆の工場が燃える。

入兆が思わず飛び出す。

それにあわせてるいも飛び出し、爆撃をうける

倒れこんだ。

ここまでが、9月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第156話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第157話のあらすじを知りたい方は、第157話『久兵衛とるいが共に死す!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第156話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第156話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし156話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第156話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

156話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。