澪つくし第156話のネタバレあらすじ!空襲

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」26週目第156話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第155話「幸せとは?」では、洞窟でかをると惣吉がこれまでのことを話し、幸せと何なのか自問自答するストーリーでした。

澪つくしの第156話「空襲」では、空襲で入兆の工場が攻撃を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月28日(土)放送
第26週第156話タイトル『空襲』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第156話のネタバレあらすじ

ここからは、9月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第156話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし156話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉が沖縄にいく
  • ハマの息子・紀之が戦死する
  • 空襲警報が鳴り、防空壕に逃げる
  • 入兆が攻撃され、燃え上がる
  • 久兵衛とるいが外に出て倒れる

吉武家

吉武家では、吉武惣吉(川野太郎)がまた沖縄にいくと話していた。

吉武善吉(安藤一夫)は、とねを引き受けたと答え、惣吉の無事を祈る。

吉武とね(草笛光子)は、かをるに伝えることがあったら伝えておくと聞くと、防空壕で閉じ込められたときに会った話をした。

そして、思い残すことはないと行って、沖縄へ向かった。

紀之の戦死

ハマの息子・紀之が特攻隊として戦死したことを知った梅木かをる(沢口靖子)は、真鍋家を訪れた。

葬式にかをるがいった。

線香をあげると、真鍋ハマ(根岸季衣)は悔しいと涙する。

空襲警報

夜、空襲警報が鳴り響く。

かをるたちはすぐに防空壕に逃げ込んだ。

坂東久兵衛(津川雅彦)は、また創業300年の記念式典をしたいと口にする。

そして、かをるに長男の昭彦を立派に育てて入兆を継がせなければいけないと訴えた。

かをるもまた、そのためには長生きして欲しいとお願いする。

空襲

空襲は激しさを増し、ついには、入兆の工場が攻撃された。

工場が燃えているのをみて、思わず外に出る久兵衛。

すると、そのとき焼夷弾が地面に突き刺さり、衝撃で久兵衛が飛ばされた。

倒れた久兵衛をみて、思わず坂東るい(加賀まりこ)も外に出るが、同じく爆撃の衝撃で倒れ込んだ。

かをるは助けに行こうとしたが、馬場ツエ(鷲尾真知子)がそれを必死に止める。

ここまでが、9月28日に放送された朝ドラ「澪つくし」第156話のあらすじのネタバレです。

二人とも倒れてしまいましたが、救助された後に命を落とすんですよね、、、

澪つくし第157話のあらすじを知りたい方は、第157話『久兵衛とるいが共に死す!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第156話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第156話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

今度はやばいかも

かをると別れ、吉武家に戻った惣吉は、今度は沖縄にいくと話していました。

沖縄といえば、歴史を見ても激戦地で、本当に今度は帰ってこれるのだろうかと心配になりますよね。

梅木と惣吉、両名が戦場に向かったということは、どちらかが死にどちらかが帰ってくる可能性が一番高いですよね。

来週で終わる予定なので、これで二人とも帰ってきて、またかをるを取り合いになる流れになったら尺がまったく足りません。

惣吉が死んだパターンなら、梅木とともに惣吉の墓参りで、彼のためにも一生懸命生きようみたいな感じで終わりそうな予感です。

そもそも朝ドラ「澪つくし」は、ロミオとジュリエットをモデルにしており、最後にロミオが死んで終わりですので、そのストーリーにあった流れになります。

もう一つは、梅木が死んだパターン。

梅木が死んだとなれば、かをるを束縛するものがなくなるので、惣吉からラブコールを受ければ、再婚という流れになる可能性も高いです。

最後に二人はまた幸せを掴めるのかがポイントですね。

ただ、もう一つの最悪なパターンもあります。

それは惣吉も梅木が死んだパターン。

これは、悲しみにくれるかをるが、二人の死を乗り越えて生きていくという流れで終わるストーリです。

こうなったら、もう涙涙ものですが、個人的には、これには絶対なってほしくない感じです。

紀之の戦死

そんなことを考えていた矢先に、ハマの息子・紀之が戦死したことが伝えられました。

しかも、特攻隊で戦死したって、ハマの悲しみはいかほどが、、、

そろそろ戦争も終わりそうな感じですが、英一郎、梅木、惣吉が無事帰ってくることを祈ります。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第26週目第156話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第26週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第26週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第26週目のネタバレあらすじ

156話放送の澪つくし第26週のあらすじは、まともな醤油も作れない中、かをるが奮闘するが、空襲で入兆が被害を受けるストーリーとなっています

第26週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第26週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。