朝ドラ『エール』の主題歌はGReeeeNの「星影のエール」福島との意外な繋がりとは?

2020年の3月30日から始まる朝ドラ「エール」の主題歌は、GReeeeNの「星影のエール」に決定しました!

朝ドラ「エール」のために書き下ろした主題歌でもあります。

GReeeeNのメッセージから、朝ドラ「エール」の窪田正孝演じる主人公「古山裕一」が生まれ育った福島との意外な繋がりを紐解きます

朝ドラ「エール」とは

ドラマタイトルエール
放送開始日2020年3月30日(月)
放送時間朝8時ほか
朝ドラ「エール」の再放送情報
キャスト窪田正孝、二階堂ふみ、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、光石研、薬師丸ひろ子、森七菜、松井玲奈
主題歌GReeeeN「星影のエール」
原作(原案)作曲家「古関裕而」をモデルとしたオリジナル作品
脚本嶋田うれ葉、清水友佳子、番組スタッフの執筆
朝ドラ「エール」脚本家交代のハプニングあり
放送局NHK総合、BSプレミアム、BS4K

朝ドラ「エール」あらすじ

2020年の3月30日から始まる朝ドラ「エール」は、複数のプロ野球球団の歌などを作り上げた作曲家「古関裕而」と古関裕而の妻であり歌手としても活躍した「古関金子(旧姓、内山金子)」の2人をモデルにして描かれた作品です

作中では、窪田正孝演じる「古山裕一」と二階堂ふみ演じる「関内音」の物語として話が進んでいきます。

古山裕一は呉服店の長男として誕生

舞台になっている時代は昭和で、主人公の古山裕一は、老舗の呉服店の長男として誕生したのですが、目覚ましく音楽に関する才能が花開いていきます。

妻・関内音と文通を介して恋に落ちる

同じく音楽に関する才能がある上に、大勢の人々を魅了する歌声の持ち主である関内音とは、文通を介して少しずつ愛を育んでいくものの、戦前・戦中・戦後と、次々と訪れる社会の変化に2人が育んできた愛も影響を受けてしまいます

音楽を作り続ける

そのように目まぐるしく変化していく情勢に直面しても、古山裕一が止めなかったのは「音楽を作り続けるという事」であり、同様に妻・関内音も歌を歌うという事は止めませんでした。

日本の歴史上の中でも取り分けて変化が大きかった時代に作り続けられた音楽作品は、今日においても人々の記憶の中に残っており誰もが馴染み深さを感じる作品として認識をしています。

朝ドラ「エール」では、名曲が生み出された全容が古山裕一を演じる窪田正孝さんによってはっきりと演じられていて、迫力がある演技力により当時の世界観に存分に浸る事ができます。

そんな作品の印象や世界観の表現に大きく関係する朝ドラ「エール」の主題歌を、幅広い年代の方々から支持を受けている男性4人組のアーティスト「GReeeeN」により手がけられています。

主題歌を歌うGReeeeNの想い

朝ドラ「エール」の主題歌「星影のエール」を歌うGReeeeNの想い

朝ドラ「エール」の主題歌は、GReeeeNの「星影のエール」に決定しましたが、朝ドラ「エール」の舞台である福島県にはGReeeeNの皆さんも思い入れのある地です。

GReeeeNのメンバーの出会いが福島県

数多くのアーティストが活躍している中で白羽の矢を立てられた理由は、4人のメンバーが出会いを果たしたのは福島県である上に、人生や音楽史を大きく変えるきっかけになった結成に際しても福島県であったためです

人生を照らしあえる星影

福島県で結成し地元を中心に活動をしていた頃には、エールにて主役になっていた男性が手がけた作品によって多くの勇気を得ていた事に加え、直接的に心の支えや憧れになっていたからこそ、次は自分達が勇気を欲している方を支えてあげたいともお話しています。

そして、テーマ曲を手がける上では主人公を演じる俳優や主人公の妻役を演じる女性の事、男性と女性が仲睦まじく夫婦関係を営んでいる様子を連想しながら作っていったというエピソードもあります。

2011年に発生した東日本大震災

朝ドラ「エール」における主役の作曲家「古山裕一」は、福島県出身でありますし、同じく楽曲を手がける者としては憧れの存在という事もあるため、今回の起用に際しては非常に感激している上に身が引き締まる思いとコメントを残しています。

また、既にデビューから長い年月が経過している中、今日においてアーティスト活動を行う上で強く意識しているのが2011年に発生した東日本大震災です。

朝ドラ「エール」が放送されるのは、震災が発生してから9年目の2020年で、翌年の2021年には10年目を迎えるという事もあり、福島県で結成した彼らは次は自分達が福島県に対して恩返しをする番であるとも語っています

さらに、ドラマを通して主題歌「星影のエール」をを耳にした方には、家族や兄弟、友人知人など大切な方々を思い浮かべながら、じっくりと聴いてほしいという想いも口にしています。

GReeeeNのプロフィール

朝ドラ「エール」の主題歌を手がけたGReeeeNは、HIDE、navi、92、SOHの男性4人組のアーティストで、福島県の郡山市にて結成されました。

「キセキ」をはじめ、数多くのヒット曲を生み出しているGReeeeNですが、デビューと同時に大きな注目を集めた理由は、歌声や歌詞が魅力的である事はもちろんのこと、4人全員が本名や顔を公表していないことにあります

本名や顔を公表せずにアーティスト活動を行う事は今日においても一貫して継続されており、大勢のファンの前でライブ活動を行う時には映像を用いて4人のシルエットを映し出すという演出技法が採用されています。

さらに4人は全員歯科医師免許を取得している事に加えて、現在は全国各地の歯科医にて歯科医師として活動を行いつつ時折4人で集まりアーティスト活動も継続中です。

このように名前や年齢、顔を公表していない上に現役の歯科医師として活躍している特徴も大いに話題になり唯一無二のアーティストになっています。