芋たこなんきん第102話のネタバレあらすじ!取り逃がす

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」18週目第102話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第101話「手首をけが」では、隆が野球チームのレギュラー選抜を前に手首をけがしてしまうストーリーでした。

芋たこなんきんの第102話「取り逃がす」では、天満北商店街の面々が、町子の名をかたる女性をつかまえようとするが、取り逃がしてしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年2月2日(金)放送
第17週サブタイトル『いつか光が……』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、2月2日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん102話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

天満北商店街のメンバーは、真知子と名乗る女性を捕まえようとスナックで待機するが、捕まえることができない。

その時、絹子が倒れ、診療所に運ばれてくる。

ここまでが、2月2日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第102話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『一喝』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

信じた!

念願の強化選手として、ついに鮫島が選ばれた。

最初からプランBで行くと言っていたのに、百音から感覚を聞かされたとき、本当は嬉しかったってどういうこと?

データ以外のものを見て喜んでいた割には、随分と動揺していましたね。

結局、結果オーライで、何をこじつけてもOKだったんだろうけど、短気なわりに全然喜んでいるように見えなかったんだけど…

新事業について

今日、ようやく宗介が何をこそこそやっていたのかが判明しました

まさか副業を考えていたとは!

宗介さんは芝居茶屋一本では物足りないと思ったのでしょう。

ちょっとした小遣い稼ぎのために新しいビジネスを検討していたことが発覚しましたが、どちらかというと、みつと福助の恋の伏線だったのでしょうかね。

両家を険悪なムードにするための伏線だったのでしょうが、そもそも善子ちゃんが縁談を持ち出した経緯からして、ちょっと強引な感じが否めませんね。

夫の二人は仲良しですが、しずと菊は犬猿の仲です。

結局、この物語の使命はしずと菊を説得することであり、一平の話は母親の無償の愛と結びついており、そのパターンなのだろう。

ちょっと突飛な気もするが、個人的には笑いがどの程度盛り込まれるのかが気になるところだ。

朝ドラ「おっさんずラブ」の視聴率が主演以来芳しくなく、現在16%台と報道されていました。

個人的には面白いところが好きなのですが、大阪で制作される朝ドラは関東ではあまり評判が良くないからでしょうか。

詳しいデータを見たわけではないので、詳しいことはわかりませんが、個人的には応援しています!頑張ってほしいです。

パペット指導

パペットマペット?と思ったのは私だけでしょうかw

パペット講師の名前を山田はるかさんで調べてみると、Eテレの子供向け番組で活躍するパペットマニピュレーターのようです。

左側にはお天気キャスターの講師として山上あかりの名前があったが、もし山上さんがパペット講師だったら、世間はちょっと騒いだだろうね。

対応力

その情報、必要ですか?テレビを批判しても、上司には笑顔で挨拶する。

完璧なふり幅で、マリアンナさん、最高です。

そういうのを八方美人って言うのかもしれないけど、そんなに嫌な気持ちにならないんだよね。

根はいい人なんだろうなと感じるからかもしれませんが、今週はまさにマリアンナさん一色のストーリ

石森章太郎氏

あれから1年?

今日は石森章太郎さんの雨の絵の話をしましたが、あの展覧会から1年経ったということでしょうか?

そんなに長くは感じないけど、よく考えたら気象予報士試験って年2回じゃなかったっけ?

ということは、3回受験したことになるので、1年経ったことになりますよね?

近寄らないで!

小暮君、あの人に近づいてはいけません!」。

あの男は良識のかけらもない男だ。

“これは あなたのものですか?” 自分の娘にそんな嫌なことを平気で言うような男なんだ!

下品で見るに堪えない…

照英さん、本当にさっさと帰ってくださいよ

待ち合わせの女たち

いつも待っている女、ミーちゃん。

今日も喫茶店で待っていましたが、今一番気になるのは、彼女の願いが叶うかどうかです。

まるでいつも待っているかのように。

あと1時間やることがない」というカミさんのフラグ的な言葉が死亡フラグにならないか、とてもハラハラした。

心の中では「もうフラグ立ってるやん!」と思ってました。と叫んでいましたw

モネの頑張りでこのフラグが折れるのか、それとも朝ドラのはしごでりょうちんの船に乗り込んで浅尾が救いの手を差し伸べるのか。

朝ドラ「マー姉ちゃん」を見ていない人はこのコメントもわからないと思いますが、浅尾はすごい人ですw

個人的な歴史

そして、ここからが私の人生の本番!

千代に身の上話をさせたら、不幸な生い立ちの人なら誰でも「マジかよ!」と言うだろう。と思うはずだ。

クズみたいな父親の話を聞いて、きっと智春も驚いたことだろう。

父親に見放されたと思っていたに違いない。

千代は捨てられただけでなく売られたわけですから、外から見てどちらが不幸なエピソードかといえば、間違いなく千代の方でしょう。

一平の話は、千代ほどではないが、女を作って出て行った母親の話も、かなり個人的な話である。

一平と二人で生きていく話を改めて聞いてみると、とてもシリアスな話なんだなあと思いました。

ゲスい」部分の99%は照男の話だと思いますけどね。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第18週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。